【即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)】日本国よ永遠に!

【即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)】日本国よ永遠に!
即位の礼の中心となる、即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式です。
日本国民としては大変嬉しい日であり天皇陛下を中心に「シラス」国であることを願う日でもあると思います。
それは 神武天皇の建国以来 2679年ご先祖様たちがこの日本という国を私たちに残すために時には命を懸け 絶え間ない努力し続けました。そしてこれからも子孫のため

もっとみる

【知っておきたい日本の歴史(命)】ー万世一系と言われる天皇の血筋の危機!

【知っておきたい日本の歴史(命)】ー万世一系と言われる天皇の血筋の危機!
皆様 道鏡という僧により,万世一系と言われる天皇の血筋が途絶えてしまう危機があったのはご存知でしょうか?
738年、「聖武天皇(しょうむてんのう)」は娘の「阿倍内親王(あべのないしんのう)」に皇位を譲ることにし、阿倍内親王は日本史上初の女性皇太子となります。阿倍内親王21歳の頃の話です。
749年、盧舎那大仏(るしゃなだいぶ

もっとみる

稚心を去れ!橋本左内

橋本左内(1834〜1859)は、幕末に活躍した志士です。

有名なのが「啓発録」という本で、現在でも残ってます。
驚くべきことは、啓発録は橋本左内がなんと15歳のときに書かれたものなんです。

内容は、彼自身の志を記したものです。
有名なのは「稚心を去れ!」という言葉です。
稚心とは幼心、つまり幼稚な心、こどもっぽさ、それを取り去りなさいということです。

本格的に勉強をする年齢、今なら13

もっとみる
ありがとう。今日のあなたの運勢は大吉です。
13

『The Man Behind The Music vol.1』

音楽誌Jazz Japanで昨年短期間連載をしていた事があるのですが、我ながらなかなか気に入った内容のものだったので新たに少しアレンジを加えてUPしていこうかなと思います。

ふと自分が影響を受けて来た音楽家を思い浮かべると『表立って目立ちはしないが、その音楽性が目立ちすぎているアレンジャー、プロデューサー、レーベルオーナー』が多い事に気がつきました。この連載ではそんな『The Man Behin

もっとみる
とても良いと感じたらシェアしていただけると嬉しいです( ´ ▽ ` )
2

【投資家・資産家達の名言】

投資家たちのこころに残る名言をメモしました。

初心を思い出すときにでも心に書き留めています。

ウォーレン・バフェット
・ルール1絶対に損をするな
・ルール2絶対にルール1を忘れるな。
・人々は憶測を好み、賭けを好む。
・私は株式市場からお金を稼ぐつもりはない。明日から市場が閉鎖し、5年後まで開かないという前提で買っている。
・波が去った後にだけ、誰が裸で泳いでいたのかが分かるのだよ。
・誰かが

もっとみる

【江戸時代の台風(「颶風(ぐふう)」)と台風対策~勝海舟の『氷川清話(ひかわせいわ)』より】見えてくるのはいかに徳川時代の防災に対する心構えと対応が素晴らしかったか見えてきます。

【江戸時代の台風(「颶風(ぐふう)」)と台風対策~勝海舟の『氷川清話(ひかわせいわ)』より】見えてくるのはいかに徳川時代の防災に対する心構えと対応が素晴らしかったか見えてきます。
皆さま 台風19号が上陸してきます。何事もなく無事通過することを願うばかりです。さて久しぶりに自宅にいます。
じゃあ江戸時代は?少し調べてみました。
■江戸時代に関東地方を襲った「安政3年(1856年)の台風」江戸が壊 

もっとみる

"stay hungry, stay foolish". と "Think different".

アップルの元CEOで、今は亡きスティーブ・ジョブズの言葉で
"stay hungry, stay foolish".
という言葉があります。

直訳すると、hungryは「飢えろ」、foolishは「バカでいろ」となりますが、ジョブズの言葉での意味は、hungryは「渇望せよ」、foolishは「常識に牙を抜かれるな」となります。

日本人の場合で足りないのは、「集団意識」や「集団圧力」によって個

もっとみる

小栗翁が天から会いに来ていただきました^_^

小栗翁が天から会いに来て頂きました!”ほんの一瞬 天窓が開きました!ほんの一瞬です♪

慶応4年(1868)閏4月6日朝、小栗上野介翁は家臣三名と共に群馬県の水沼(倉渕村)の烏川河原に引き出され、そして明治新政府軍により無実の罪をもって一方的に処断され、むなしく烏川の露と消えていきました。「武士の一分」を貫き真の武士として42歳の人生でした。なんと無念だったのだろう・・

私の一番好きな小栗公の言

もっとみる

偉人の名言から教わる恐怖に打ち勝つ方法

こんにちわ、鹿です(´ω`)

今日は私の大好きな名言についてのお話です。

この名言を唱えたのは、現在も“歴史上で最も偉大なイギリス人”と尊敬されるウィストン・チャーチル。

なんか聞いたことあるなって人は、鉄のカーテン演説を思い浮かべたんじゃないでしょうか。彼は優れた政治家であり、軍人であり、作家でした。詳しく知りたい方はこちらをどうぞ→https://www.y-history.net/ap

もっとみる