リハ業界のパラダイムシフト(3)定義の変更と活動と参加とOTのだらしなさ

リハビリテーション業界のパラダイムシフト(1)時代遅れのセラピスト

リハ業界のパラダイムシフト(2)病院リハビリ時代の終焉

に引き続き第3弾です。上記のコラムと合わせと読みいただけると嬉しいです。

OTの定義が変わります

そうして作業療法士が取り組むべき課題も変化してきています。

しかしながら従来通りのリハビリテーションのイメージから抜け出せていない作業療法士が多くいます。

理学療法士は理学療法を実践し、作業療法士は作業療法を実践し、言語聴覚士は言語聴覚療法を実践する。

けっして、リハビリテーションを実践するわけではない。リハビリテーションはもっと広い概念だと考えていて、リハビリテーションはだれが実践してもいいんだ。

だけど世の中には、理学療法っぽいことをしている作業療法士や作業療法っぽいことをしている理学療法士がいる。

わたしは作業療法士なのでそのあたりのことをすっきりさせたい。

生活期のリハビリを地域で実践していると、利用者さんのリハビリテーションにおいて、専門家としてかかわっているのが作業療法士の私だけである場合がある。そんな時は作業療法士としてのかかわりの中で歩行や基本的動作にアプローチすることはある。あくまでも作業療法を実践する。

同じように地域で理学療法士だけが関わっているケースで、ADLや活動と参加にアプローチすることはあるでしょう。あくまでも理学療法というアプローチの中でね。

そのことを批判するつもりはありません。

だけど作業療法士としての役割について書いてみる。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える(やまだstyle vol.10)」に含まれています。

マガジンは3000円で販売しています。このマガジンは平成30年9月まで継続し20本以上のコラムを掲載予定です。単品購入よりもマガジンを購入される方がお得です。
マガジ掲載コラムはこちらで確認していただけます。

https://note.mu/yamada_ot/m/ma3fc5020f609

=====ここから続き========

生活行為向上マネジメント

日本作業療法士協会が近年最も力を入れている研修会が、

生活行為向上マネジメントだ。

この続きをみるには

この続き:2,221文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジン内のコラムは単品で300円でも販売しますが、掲載コラムは20本以上の予定なのでマガジン購入の方がかなりお得です。2016年~2018年に2000円のマガジンを同じようなスタイルで販売しましたが、どちらも100名以上の方の購入がありましたので、すこし価格をアップしましたが期待は裏切りませんよ!マガジン読者限定のFacebookグループにご参加いただけます。

2018年4月現在訪問看護、通所介護、児童デイサービス、地域ケア会議、保健センターなどで非常勤掛け持ちをしているフリー作業療法士が、生...

または、記事単体で購入する

リハ業界のパラダイムシフト(3)定義の変更と活動と参加とOTのだらしなさ

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます

生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

2018年4月現在訪問看護、通所介護、児童デイサービス、地域ケア会議、保健センターなどで非常勤掛け持ちをしているフリー作業療法士が、生活期セラピストの目線で病院リハビリテーションと地域リハビリテーションを「つなぐ」「変える」ためにコラムを書くマガジンです。リハビリテーション...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。