一木けい

1979年福岡県生まれ。東京都立大学卒。2016年、「西国疾走少女」で第15回「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞。2018年、受賞作を含む単行本『1ミリの後悔もない、はずもない』(新潮社刊)でデビュー。現在、バンコク在住。*イラストはウェブでの試し読み版限定

最上もが「つらすぎて人に薦められない」作家との対談でぶっちゃける 最上もが×一木けい

椎名林檎さんの推薦文で話題の小説『1ミリの後悔もない、はずがない』を読んで号泣したという最上もがさんと著者の一木けいさんが、小説をきっかけに思い出した恋愛について、記憶を消したいほどの出来事について、幸せを感じられない生きづらさについてなどについて語った対談の後篇をBook Bangで公開中です。

最上もが「あの頃の記憶はできれば全部飛んで欲しい」 最上もが×一木けい対談

椎名林檎さんの推薦文と共に注目を集めている小説『1ミリの後悔もない、はずがない』を読んで号泣したという最上もがさんと著者の一木けいさんが、つらすぎる恋愛について、ボロボロ泣いたという小説のラストについて、幸せを感じられない生きづらさについて、記憶を消したいほどの出来事についてで語り合いました。 Book Bangにて無料掲載中です。

西国疾走少女 1

イカの胴体に手を突っ込んで軟骨をひっぱり出した。粘着質な音が響いたわりに水分は流れてこない。残っている内臓をこそげ出そうと、もう一度手を差し入れた。あれ、と思う。ざらりと手に吸い付いてくる感触。軟骨は取り除いたはずなのに、そこにもうひとつ硬い何かがある。強くつかんで、一瞬ためらった。不安の波が押し寄せる。いったい何が出てくるのだろう。

 ひと息に引いてみる。

 ずるりと引きずり出したものには、

もっとみる

西国疾走少女 2

2

 中二の三学期は、幕開けからして気の滅入るものだった。始業式に桐原は欠席で、さらに、家に帰るとポストに茶封筒が入っていた。差出人は聞いたこともない地名の役所。いやな予感がする。みぞれ混じりの雨が運動靴の先端を濡らしていた。

「ただいま」

 声をかけると、せんべい布団の中で漫画を読んでいた妹の梢(こずえ)は目だけこちらに向けて「うん」と言った。毛布と敷布団の隙間から、こもったような甘酸っぱ

もっとみる

西国疾走少女 3

3

 試験前にはすこし遠回りして帰った。中三に上がって急に数学が難しくなった。公式の導き方がよく理解できないと話すと、桐原はガードレールに腰掛けて、ノートに記しながら説明してくれた。薄い、整った筆跡で。ブレザーの袖口から見える桐原の手首は、外側の骨がぼこっと出ていた。破って渡してくれたそれを、わたしは筆箱に大切にしまった。

 桐原が立ち上がると、わたしに当たる太陽の光がすくなくなる。

「背の

もっとみる