ぐらしあす

うつ病と診断され早14年。神経症から始まりうつ病へと移行していく、ぐらしあすの「こころの声」を中心に、また、あくまで主観で、時折思いついたことや、旅行記も徒然に書いていこうと思います。ポエムと仮説以外は大抵ノンフィクションです。よろしくおねがいします。

ぐらしあすの「手書きカルテの表紙のアルファベット」について

過去記事にあるように、ぐらしあすの前主治医は電子カルテを使っていたので、何が書いてあるのかは不明の状態であった。 最近では電子カルテが主流になってきているが、こ...

ぐらしあすの「今仕事しながら書いています」

毎日17時になったらお客さんが帰ってき始めて、今もぐらしあすの目の前を通り過ぎていきます。 今、こうしてパソコンを打ちながら、顔を上げにくいのです。 インフルエ...

ぐらしあすの「白黒模様の鯉」

「躁状態のない双極性障害です」と前主治医 言いえて妙 横でようようと泳ぐ紅白模様の鯉 水面すれすれまでいくが 水面から空気の世界に飛び出せない 獲物には時折あり...

ぐらしあすの「ダブルワーク」

某スーパーの閉店までの4時間、週に3回のアルバイト始めます。 ちょうどバイトをしようかどうか迷っていたのです。 ダブルワークをしても、週に1日は完全にオフの日を作...

ぐらしあすの「自分を守らないということ」

ぐらしあすの対人関係苦手さは、「常に自分を守る」という昔からの癖が原因だと思います。 自分を守る(心理面も行動面も)ということはとても重要なことです。 ただ守り...

ぐらしあすの「支援をしてくれる相談員に望むこと」

まずは、ぐらしあすという人間の中に「障害の部分がある」と考えて欲しい。 人と人が出会い、支援が継続してわけだから、ぐらしあすの「人となり」を徐々に理解していって...