青木健

音楽家。さくらしめじ「ひだりむね」等の作詞曲・編曲、「まいにちドイツ語」(NHKラジオ第2)音楽、キユーピーラジオCM音楽、映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」ギター指導&音楽、「オガッタ!?」(仙台放送)OPテーマ作曲、など。http://aokiken.com

音楽の"進歩"とは?

"名盤"、と呼ばれているアルバムが世の中にはたくさんありますが、そのほとんどをまだ聴けていなくて。最近、Yo La Tengoの「I Can Hear The Heart Beating As One」を初めて聴いた。20年以上も前にリリースされたとは思えない質感。この20年間、音楽は果たしてどの部分において進歩してきたの?ってくらい。その感想は、我々音楽家を少し凹ませる。この「Autumn Sw もっとみる

年齢は関係ない?

何を始めるにも年齢は関係ない。

と、巷ではよく聞きます。

人生、前向きに生きなければ、生きた方が人間社会では楽しいし、その意味ではこの言葉はポジティブな言葉だと思います。でも、実際は年齢は関係あるんじゃないかなと思うことは多々あります。

僕はピアノが上手くありません。職業柄、ピアノをMIDI録音することが良くあるんですが、基本的には演奏した内容を小説単位というよりも音符単位でMIDI修正しま

もっとみる

独りでめちゃくちゃ美味しいものを食べている時程、孤独を感じる。

結局生き様が全て?ほんとに?

結局、その人の生き様が面白いか面白くないか、そこに尽きる。

という話を色々な方面から聞く。作品を評価するときとか、特に。

自分自身もそこはとてもとても強烈に同感なんだけど、肝心な己の生き様が、作曲家というクリエイティブな職種を選択している割には子どもの頃から生温過ぎてて面白くないなと分かっている(妻公認)し、だからその人間性に関する話は自身にとっては厳しい現実だ。悲しくもなる。ふと、その話を思

もっとみる

ダイナミクスレンジとCD在庫の関係性。

普段、僕は名刺を持っていないので、名刺代わりとして最近は自主制作したCDをお渡しすることが多いです。正直、名刺は作るべきだと思っていますが、諸事情あって名刺作りは今滞ってしまっています。その代わりに現状CDをお渡ししているという形になります。

これまでに自主制作したCDは2枚あり、1stは「Aoki Ken」、2ndは「ONKEI(オンケイ)」というタイトルを付けています。どちらも"SSW"とし

もっとみる

いいものは買った方が良い。

ここ数年使用していたオーディオ・インターフェースが壊れてしまい、新しいインターフェースが急遽必要になった。

お金もないので、とりあえず安いインターフェースで代替えをと当初考えたのだけれど、どうせ買うならってことで、高いけどずっと欲しかったRMEの製品を購入した。ローン組んで。

正解だった。

壊れたインターフェースも10万円台の製品だったので、そこまで劇的に音質も変わらないかと予想していたのだ

もっとみる