石鍋健太(クラリスブックス)

古書店員(東京・下北沢クラリスブックス)と雑誌記者を兼業。別アカウント(松本トリ)で長篇小説連載中(https://note.mu/torimatsumoto

電子書籍『完璧な旅人 ほか一篇』販売

初めて電子書籍をつくり、KDP(Kindleダイレクトパブリッシング)を利用してAmazonに出してみた。内容は下記の通りで短篇小説2本収録、売値は100円。

 第四十二回新潮新人賞最終選考敗退作『観察』(2010年)と、第四十五回新潮新人賞最終選考敗退作『メアリー』(2013年)。文芸誌面をわずかにかすって消えたこれらの作品を何らかの形で永らえさせたい、と数年間思いつめた著者がそれぞれをリライ

もっとみる

なかなかブログ再開できず。アクセス数をチェックしてみたら『ジュラシックワールド』新作公開の影響か、ネドリーについて書いたやつがけっこう読まれてた。
↓『ミーコと物語』終盤なので、これが終わったら再開しよう……
https://note.mu/torimatsumoto/n/n53ff9a53c898

更新ストップからもうすぐ1年。「いつも楽しみにしてたのに」と言ってくれる人がいたので、なるべく近日中にブログ再開したいと思います。昨年7月からはじめた長篇小説『ミーコと物語』の方は、着々と進行中→https://note.mu/torimatsumoto/n/n382721979fe9

noteで長篇小説を連載してみようと思い立ち、筆名考えて別アカウントつくりました。よかったら覗いてみてください。連載は7月1日からはじめます。 https://note.mu/torimatsumoto/n/n1fb45655eff2

『うんこかん字ドリル』をめぐって

学校で話題になったらしく、娘から『うんこかん字ドリル』を買ってほしいとせがまれた。『うんこかん字ドリル』とは、数カ月前に発売されるや爆発的に売れた「全例文に『うんこ』を使った、まったく新しい漢字ドリル」で、「子どもが夢中になって勉強する!新学習指導要領対応」とのこと。

 買わないぞ! だって、あれがうんこのたのしさのすべてだと思い込んでしまったら、子どもがかわいそうじゃないか。最初から「うんこ」

もっとみる

清新であること、残酷であること、美しくあること――「あなたの人生の物語」

【マガジン「読み返したくなる短篇」バックナンバー】

 ほんの1カ月前まで、最近ほとんど小説読んでないなと思ってたけど、ここ3週間くらいで長い間積読になってたぶ厚い本(どちらも500頁超えでSF)を2冊、ペロッと読んだ。ひとつは「あなたの人生の物語」を含むテッド・チャンの同名短編集で、もうひとつは飛浩隆の『グラン・ヴァカンス』。いずれもとてつもなくよくて、後者の巻末ノートの一節が胸に響いた。

もっとみる