見出し画像

誰もが、いつも、自己ベスト。

「あのとき、ああしなければよかった」
「あのとき、こうすればよかった」
「どうして、あんなことしちゃったんだろう」
「やりなおせるものなら、やりなおしたい」

後悔すること、ありませんか?

----

ランチのメニューといったちいさなことから、
人生の岐路など、おおきなことまで
いろいろ後悔することがあるでしょう。

人生は、決断の繰り返しです。

今思えば、ほかの決断があったかもしれないと思えるけれど、
結局、そのときは、その決断しかできなかった。
言い換えれば、それがその時のベストの決断だったということ。

それを選び取ることが、自分や他人を
貶めたり、苦しめることになりかねない決断だったとしても
他人に後から批判されたとしても、
それは、やはりベストの決断だったのです。その時には。

つまり「後悔」とは、過去の自分に今の自分が、
批判したりコメントしているようなものです。

たいせつなのは、
その「後悔」がでてくる、
「今」のあなたのこころの状態が、どうなっているか
です。

---

その決断をした自分自身を、少しでも責めているのだったら
「そんな苦しい決断をして、つらかったね」と
どうぞ寄り添ってあげてください。

その決断をしたことで、今の苦しい状況が生まれているのであれば
目を向ける先を、過去の決断から今の自分の気持ちに移してあげましょう。
たとえば、誰かと喧嘩して会えなくなったのだったら、
「会えない」という今の状況に、どんな気持ちが伴っているか、
感じてあげましょう。

---

そんな風に、自分と寄り添うことができたら、こころも少し軽くなります。

そのまま日々を送っていってもいいし、
やりなおしができるものなら、新たなスタートをきってもいい。
その結果、後悔したら、またその気持ちをうけとめればいい。

私たちはいつも、その瞬間にできる最善を尽くし
そして、満足するときもあれば、後悔もする。
その繰り返しで、よいのですから。

---

余談ですが...
若い頃、人生の諸先輩方に、
「後悔しないような人生を送りなさい」と言われ。
「そりゃ無理っしょ?何やったって、後悔するときは後悔するよ?」
と、しらーっと思っておりました。

その方々が、おそらく言いたかったことは
「失敗を恐れるよりも、今、やりたいことをやりなさい」
だったのだろう...と気づいたのは、
その諸先輩方ぐらいの年齢になった頃でした。

あーもったいないことした! ← プチ後悔(笑)。

今日の一言

私たちは、いつどんなときでもベストを尽くして生きている。
自分でその自覚がなかったとしても。

今日も読んでくださってありがとうございます。
自分にやさしくお過ごしください。。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。 スキ、SNSシェア嬉しいです💕 だいたい(月)(水)(金)の夕方に更新してます。

深呼吸〜🍀 リラックス〜🍀
23

小貫 淳子 / こころを紐解くセラピスト

世の中のアレコレをココロのしくみという視点から解き明かしたり、自分らしさに立ち返るヒントなどを書いています。時々ボヤキあり。カメラ女子。シーズーラブの犬バカ。たいてい月水金 夕方ごろに投稿してます。 OAD心理セラピスト | junko-onuki.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。