復活、ワルチーズ…!

散々心配を掛け倒した、我が家の白い犬。
手術後2週間経って、やっと体調を崩す前と同じくらい食べるようになってホッとひと息ついている。

が、元気になった途端に遊んで構ってと数々のイタズラも同時に復活して。「そうよ、そう、この子はこういう子だったわ…!」と思わず叫んだ。

ちょっと椅子を引いたまま机から離れたら…戻ると、床に引き裂かれたティッシュが落ちている。

(まさに今もこれを書きかけでお茶

もっとみる

【つぶやき】イタズラってそんなにダメ?

【つぶやき】
なぜ、幼児期のイタズラが
多いだけで、
将来を心配するの?

どうして将来が
決まってしまうような
評価するの?

人に迷惑をかけることや
危険なことは都度伝えればいい。
きちんと叱り、伝えればいい。

☆彡---★---★---★---☆彡

子どものいたずらが多いと
そのいたずらが、
何か犯罪でも犯すような勢いで
心配で子どもを叱ったり、怒ったり
していませんか?

好奇心旺盛な

もっとみる

便所の落書きに都会を見た

明大駿河台校舎は、その頃オンボロで、便所は小汚く落書きだらけだった。
学生になって間もなくのある日、個室に書いてある文字に目が止まった。女子フォロワーが減るから、そのまま記載することが出来ないが、要は電話番号と名前が書いてあって、電話をすればすぐなんかできる。という定番のヤツだ。

田舎から出てきたばかりの僕でも、流石に真に受けたりはしないが、暇だし、まだ友人もいないから電話で友達になれるかもしれ

もっとみる

ヒナがこどものころのおはなし

ごはんの時間になると
キャーッと鳴いてテンションあがる。

ほんとうに、文字通り「キャーッ」って鳴くんです。
「キャン」でも「キャー」でもありません。「キャーッ」です。
一文字足りとも狂わない動物の「キャーッ」ははじめてでした。あと「ポギャアポギャア」って鳴いたこともあります。

どこからかさつまいもをくわえて持ってきて、ソファであそぶ。

ゴキジェットをくわえてサッサッサッと歩いてたので
「そん

もっとみる

働く人たちの茶目っ気

日夜、仕事に命を張っている仕事人の方たちが

お茶目なイタズラ心を炸裂させてます(*^^*)

お仕事の休憩時にぜひ、ご覧くださいませぇ~。

もっとみる

「ある星団のおはなし」(4)

第四章

・イタズラな星・この星の住民はとても子どもっぽい。大人になったとしてもイタズラをする。しかしなぜだかとてつもなく頭が良い。

ある男の子は、12歳で飛行船の作り方を完成させた。

そして20歳の女性は、不治の病の病気を治す薬を完成させた。

8歳の男の子がちょうど ”今” からくりを作った。

「人の強い気持ち(願い)」が集まったときに動きだし願いを叶える装置だ。

ふわふわと小さな雲の

もっとみる