つぶやきポエム20

2019/09/10 19:17

今日も 愛を補充 愛を補充
あの子から あの人から

グラビアのアイドルも
コンビニのお姉さんも
受付のお嬢さんも
友達の妹さんも
誰かの奥さんも
すれ違った美人も

誰かに恋しているのかな
誰かに愛されているのかな

夜は違う顔見せているのかな

Honoka Shizuku.

#詩
#つぶやき
#言葉
#ポエム
#ひとりごと
#愛
#恋
#自由詩
#アイド

もっとみる

今日も 愛を補充 愛を補充
あの子から あの人から

グラビアのアイドルも
コンビニのお姉さんも
受付のお嬢さんも
友達の妹さんも
誰かの奥さんも
すれ違った美人も

誰かに恋しているのかな
誰かに愛されているのかな

夜は違う顔見せているのかな

Honoka Shizuku.

官能小説『明君のお母さんと僕』4 日記のつづき

5月14日 (月)

学校に行きたくない。しんどい。
昨日、僕の机に「この人はクラスで一番嫌われています」と鉛筆の字ですごく薄く書かれていた。すぐに消したけど。消している間も書いたヤツが陰で僕を見て笑っているように思えてならなかった。書いたヤツが誰か分からない。でも字の感じから女子だと思う。女子から嫌われていた? これが一番ショックだ。

5月15日 (火)

今日は無事だった。朝、教室に入るとき

もっとみる

何をやってるかより、誰がやってるか

例えば自分が通勤(通学)するコースに、コンビニが2軒あるとします。

■1軒は、いつも不機嫌そうな顔をしているオバチャンが店員をやっているお店。
■もう1軒は、愛嬌のある若くて可愛いお姉さんが店員をやっているお店。

2軒のお店の品揃えや、2人の仕事の腕に差はありません。
さて、あなた(特に男性)は、毎日コンビニに寄るとしたら、どちらのお店を贔屓にしたいですか?

‥我ながら、とても分かりやすい例

もっとみる

官能小説『明君のお母さんと僕』3 昆虫図鑑

3『昆虫図鑑』

「いらっしゃい。さあ、入って」
この光景にも少し慣れてきたけど、やっぱり明君のお母さんが玄関のドアを開けて出迎えてくれると、僕は最初恥ずかしくて、顔を下に向けてしまう。
それでも僕の足は開かれたドアに吸い込まれるように、前に進む。
「今日も暑いよね。冷たい麦茶、用意してあるからね」
僕が無口で不愛想なところがあっても明君のお母さんは、いつもと同じ優しい笑顔を崩さない。ただ、違うと

もっとみる

きれいなお姉さんは・・・

「きれいなお姉さんは好きですか?」

なんてコピーが昔一世風靡したことをあなたは覚えていますか?確か化粧品か美容マシーンのCMだったと思いますが。

このコピーに対し「いや・・・あんまし・・・」などと言う男は、おそらくゲイかよほど変わった趣味の持ち主でしょう。

もちろん私の答えはYesです。好きに決まっています。

そんな私のスマホに今日、嬉しいメッセージが届きました。それがこの記事を書いたキッ

もっとみる

伝えたいことを明確にするために準備に時間をかけることが、「強い絵」につながる

※この記事はブログ『ND!気まぐれ日記』記事のクロスポストです。

前回の記事で、「 7月は、6月の学びを生かして渾身の1枚を描きます。 」と宣言しました。

そして完成したのがこちらのイラスト。 「夏の暑さと湿度を感じられるようなイラスト」がコンセプトです。

宣言どおり、6月の神作品鑑賞から得た学びを総動員して制作しました。

なかでもとくに意識したのは、「伝えたいことを明確にする」「描く前に

もっとみる