贅沢は必要になったときにすればいい

贅沢自慢の投稿

フェイスブックやツイッターなどのSNSを見ていると、
よく「ヨーロッパに行きました!」
「こんな高級ホテルに泊まりました!」
「こんな高級ブランドを買っちゃいました!」
「こんな有名人から教えを受けました!」
などといった投稿を目にする。

そういった投稿には、賛否両論あると思う。
まあ見栄を張ったような投稿は、
あまり美しくないのは確かだ。
かといって、それに対して妬む心を抱い

もっとみる

どんなものに投資するべきか#11

生きづらさを何年も抱えている方、
夫婦問題や親子問題を何年も抱えている方、
恋愛等で悩まれている方、
のブログやTwitterを読むことがあります。
ある一人の方のものを過去まで遡って読むことがあります。
皆さんがどんな悩みをお持ちなのかを知りたくてたまに読んでみることがあります。

その中で、
「海外旅行に行ってきました」
「株をやっています」
「新しいバッグを買いました」
「住宅ローンを繰り上

もっとみる

チョコを、我慢するより工夫して食べる。

あ、お金の使い方が間違っているなと最近自分に対して思った。

私が頂いているお給料、アプリに登録して、
使った分を毎回入力しているのだけれど、
最終週に入る頃には、残金が心許ない数字になっている。

貯金は別でもちろんしているけれど、

その中でやりくりをすると決めたのだから、
その中でやりくりするべきだった。

この数ヶ月を振り返ってみて、心許なくなっているのは半分以上。

私の日々の過ごし方が

もっとみる

お金と向き合う。借金とか低賃金とか、言い訳とか。

お金がない理由が、今まで言い訳にしかなっていなかったと思う。

私は恥ずかしながら、毎月給料日の直前には貯金も銀行の残高も底をついてしまうタイプだ。

今月に至っては休職のため給料は出ない。給付金の申請はするが、本来の給料よりさらに低くなる。そして、休職中の税金関係の振り込みが待っている。通院だってある。というわけでここのところ、ずっとお金のやりくりに悩んでいるわけである。

そもそも、なんでそん

もっとみる

スペシャル対談音声 第4弾 拓さん×南昌幸~お金の使い方の本質~

皆さんこんにちは!!

拓さんです。

さて、本質を語るスペシャル対談音声

第1弾【影響力、拡散力をつける方法と本質】

第2弾【収益化する時の考え方】

第3弾【自分の作品を作り方、売れる商品の作り方と本質】

とリリースさせていただきシリーズも今回で第4弾になります。

それも、この音声を楽しみにして下さる皆様の存在があるからです。

本当に感謝申し上げます。

今回は【お金】について本質を

もっとみる

うつヌケしたいなら、健康と自己実現にお金を使え!

今回は、「うつヌケしたいなら健康と自己実現にお金を使え!」という事を書きたいと思います。

まず、うつになる人とうつヌケする人のお金の違いを解説します。

うつになる人は、お金が入ると真っ先に自分の食べたいものや服飾、旅行などに使ってしまい、健康が後回しになります。

対して、うつヌケする人というのは、お金が入ると真っ先に健康と自己実現のためにお金を使います。服飾や旅行、自分の食べたいものは、残っ

もっとみる

生き方のモデルを変える。

あなたが「これからの人生」を

大きく変えようと思えば、

時間の使い方、

意識の使い方、

お金の使い方、

労力(行動)の使い方、

命の使い方を、

変えることです。

その中でも、「生きること」に、

最も時間を使っている【労働】に関して、

意識を持って、変えていく

必要があります。

もし、小学校の授業に「命」という科目があれば、

命をどのように使うのか?

その「命の扱い方」を

もっとみる

買い物依存にならないための方法

とある番組で
買い物依存症になってしまった
人が 何人も出てましたが

最近はそうゆう人が
増えていて
特に女性が多いと。

まぁ 最近は ワンタップで購入出来たり
後払い出来たりと

買い物依存症になる
環境が整っていますから

そうなるのも 無理はない。

では 買い物依存症に
ならないためには
どうしたら いいのか

それは ルールを決めるか

価値観をかえるか

デビットカードを使うか

もっとみる

『あり金は全部使え』は、日本人のお金や時間の使い方に改めて警報を鳴らしている

堀江貴文『あり金は全部使え』読了。

普段のホリエモンをウォッチしていたら目新しいことを説いているわけでもなく、ただただ普段から彼が言っていることをまとめた本に過ぎません。

しかし書籍を読むことで、改めてそのマインドが刷り込まれるし(宗教ではない、復習だ)、解像度も上がりました。

ということで、日本人のお金や時間の使い方に一石を投じている本書について、振り返りたいと思います。

『アリとキリギ

もっとみる