あなたを苦手だと思ってました

いつも頭上から狙っている。
いつ、どこに爆弾を投下しようか、と。

そんなふうに我々を狙っているとしか思えないのだ。

そう、白い、あの爆弾を。



大学時代、電線に止まっていた彼らから放たれた爆弾が、
おしゃれな友人のゆるふわカールの髪の毛に落下したことがある。
不快な音を立てて、友人の頭に着地した。
友人と私は並んで歩いて帰宅していたから、友人との距離、30センチといったところか。
たまた

もっとみる

饒舌な野鳥さん

非常に饒舌な鳥さんが居たので
撮ってみました。
残念ながら姿はわかりません。
#野鳥 #さえずり #名前は不明 #日記 #ガビチョウ

ガビチョウと教えていただきました。
調べて、声を確認して納得です。

【spin a yarn】
昔、雨はよく歌っていたの。今は、叫ぶばかりのことが多いけれど。ハミングするような歌声の時には、鳥たちが濡れるのも構わず戯れていた。さえずりを雨から習っていたとも聞くけれど、それは定かではないわ。でも、そうね、鳥の歌声も少し変わってしまったかもしれない。

サンキュー。酸いイチゴが、たちまち甘くなりますように。
7

スズメ、電柱で子育て中

仕事場のベランダの前、5m位のところに電柱が立っていて、春になると、スズメが腕金(アームの部分)の中で子育てをします。毎年楽しみにしているのですが、今年もまた、親子で「チュンチュン」と鳴き交わす声が聞こえてきました。親スズメは、腕金の中を覗き込んだり、餌集めに飛び回ったりして、とても忙しそうです。

皆さん、よい週末を。

四十雀のさえずり

毎年、春になると、ベランダの向うから、「ツピツピ」という可愛らしい鳴き声が聞こえてきます。それが、四十雀のさえずりだということを、今年になって初めて知りました。この動画は少し前に、「ちょうど今頃、かくらさんの『ふたり展 四十雀』、開催中だなぁ」と思いながら撮った「ツピツピ」です。

ふたり展 四十雀(かくらさんのnote)
https://note.mu/kakura/n/nc002140e3de
もっとみる

喜びの香り

顔のない人たち

小鳥のさえずり

さあ歌おう 名もなき歌を

すれ違いの人たち

子猫の鳴き声

さあ歌おう 名もなき歌を

憎しみ合う人たち

ロバの足音

さあ歌おう 名もなき歌を

初めての恋

まぶしい太陽

さあ歌おう 喜びの歌を

ははのきもちなどわかるものかとはんせいき
はんせいしきりのよわのるんびに

母の気持ちなど分かるものかと半世紀
反省しきりの夜半のルンビニ

//和歌の形になってませんが、ご愛嬌。
//こちらの写真は粉ミルク抜きでコリアンダーの実とクミン、刻み生姜が散らしてあるバージョンです。