麺の美学を考察してみた。

どんなに食欲がなくても、蕎麦なら食べられたりしませんか?
麺類は食が進みやすいのかもね。
麺はスープと一緒に流し込むように食べることができるのかな。
本当はちゃんと噛まないといけないんですけどね。

そこに麺の美学がある気がしてきたぞ。

僕はざるそばが大好きです。
そば湯も好きよ。

暑い夏に食べる担々麺も好きだし、
冷やし中華なんて日本が作った食文化でしょ。
中華麺がどれだけ日本の食事を支えて

もっとみる

夕刻のそば屋で死にたくなった話

日の傾いた時分、蕎麦屋で300円のかけそばをすすっていた時、突然と流れる演歌の渋い曲。曲名は知らない、歌手だけは知ってる。氷川きよしだ。

次の予定まで20分と時間のない中でツイッターをつらつらと見ながらズルズルとそばをすすり続ける。たまにワカメ、たまにネギ。味を変えつつ七味をかけつつ、何思うこともなく食べ進めて、早いところ集合場所のカフェに着かないといけなかった。

なおも氷川きよしの歌は流れ続

もっとみる

オートパーラーシオヤ

最後に訪れた日:2017年8月17日

同じ関東圏でも埼玉県や群馬県と違い千葉県の自動販売機レストランは二店舗しかありません。そのうちの1つ、千葉県成田市に位置するオートパーラーシオヤは周囲をゴルフ場に囲まれた横芝下総線沿いにあり特に暗い時間などは見落としてしまうような場所にあります。

店内には珍しいボンカレーライスの自販機などもありますがこちらは非稼働となっています。稼働しているのはうどん・そ

もっとみる

うどん県はすごそうだなぁなんて・・・

マスコミのポンコツ化が急加速していることで、『国民のポンコツ化がかなり深刻な問題』になっていると思っています。90年代でしたらまちがってもNHKから国民を守る党のような諸派が国政選挙で議席を獲得するようなことはありませんでした。

なんてなことを書こうと思っていたのですが、参院選につづいて柏市議選でも・・・もう、選挙なんて期待するほうがバカなのかな?なんて気分にまでなってしまい、私の心はアハハハハ

もっとみる

超短編『たとえばなし』

うどんってどう作っているのだろうか。それが気になって仕方がなくなってしまった僕は、ふと、香川県に出かけた。うどん好きでも旅行好きでもないのに。

その地で出会った人たちはとても親切だったというわけではない。普通にうどんを作って、普通に生計を立てて、普通にうどんを好んで食べていた。

僕は気になった。なんでうどんに飽きないのだろうと。だから、うどん作りを教えてくれていたおばちゃんに聞いてみた。

もっとみる

正直者が勝てる世界へ

当店は蕎麦粉8:小麦粉2の「二八蕎麦」を提供させて頂いてます。

多くの蕎麦屋さんは7:3または6:4、5:5、4:6など小麦粉の量を多くしているお店が殆どでです。

その理由は二つあり、一つはコスト面で小麦粉の方が安いから。

もう一つは技術的に小麦粉2割で繋げる技術を持ってる人が少ないから。

当店はそこはプライドを持って今まで営業した結果多くのお客様に来ていただけるようになりましたが、今後は

もっとみる

特許出願とこれからの動き

今月、当店「遊庵」が10年かけてたどり着いた

独自製法・独自製麺を特許出願致しました。

それを知ってくださってなのか

知っているわけではないのかはわかりませんが

土曜はこれまで平日に比べて混むこともなく

穏やかな営業だったのですが

土曜日もたくさんのお客様に来てくださるようになりました。

本当に感謝です。

そして私どもの目的は「特許出願」のあらず

今後は「新しい動き」に向けて

もっとみる

目の前でおじさんをみた話

先日、仕事帰りに最寄り駅の中にある、丼ぶり屋さんによるご飯を食べに行ったときの話。

そこはカウンター15席の小さなお店。

存在こそ知っていたものの、はじめて入った。最初はどうしてもうどんが食べたかったのだが、目当てのお店は20時で閉店していた。

なので、消去法で仕方なく入ることにした。

お店に入った直後、ちょっとした違和感を覚えた。カウンター15席しかないにも関わらず、スタッフさんが5人も

もっとみる