すべて、仲間に託す。

3連休が終わりました。

あさってに大きな仕事を控えていて、その準備はほぼ終わっているものの、やり残していることがないか気になってそわそわしているこの3日間。大きな仕事やイベントの前は眠れなくなるタイプと以前にも書きました。

明日は準備ができる最後の日。今回は大きな役目を任されていて、7月からその準備に入りました。本格的に動き出したのは8月の後半から。約1ヶ月、この仕事のことばかり考えてきました

もっとみる

大切な人を喜ばせるために、何が出来ますか?

Q.大切な人を喜ばせるために、何が出来ますか?

Q.大切な人が悩んでいること、願っていることは何ですか?

Q.見返りと期待せずに、あなたができることは何ですか?

Q.その人が困っていることは何ですか?

Q.それを解決するために、あなたにできることはなんですか?

Q.どうすれば、もっとあなたらしく喜ばせることができますか?

 

 

Q.一番「大切な人」は誰ですか?

いつ死ぬかもわからないので、

お礼を伝えたい人にはお礼を伝える、
感謝を伝えたい人には感謝を伝える、
良いを伝えたい人には良いを伝える、

わずかながらですが、自分の小さな力が相手の助けになりますように。

良い人たちに幸ありますように。

スキ押すとか、神〜っ🤩 フォローもしてくれるとな🤪 神やん🤭
4

やるときは、やる。
…それは今ではないのか?

本気を出せば、できる。
…本気を出さない理由なんてあるか?

今できることを、本気を出して、今やればいい。
できないことを、無理してやれ、とは思わない。

できないことは、置いといて。
できることを本気を出して、やりたいようにやる。

“できること”と”できたこと”

割と混同しませんか。

知らず知らずに混同してしまって、本来的にはできたことでしかないのに、できることって言ってしまったり、その逆に、できることなのにできたことって言ってしまったり…

別にその時点では深く考えてなくて、相手もそれほど深く受け止めていないから、流れてしまうような言葉なのかもしれないけど、自分以外の人が”できる”と”できた”をきちんと認識して使い分けている人だった場合には損をしてしま

もっとみる

それぞれの気持ちがわかるからこそ、できること、というか。

私は物心ついたときから、いろいろなことを感じやすくて、傷つきやすく生きてきた気がします。

鈍感だったり、気が強い人を羨ましいと思ったことは数知れず。

けど、最近ふと、自分が人の感情に気付きやすくて、傷つきやすいからこそ、出来ていることがあるなあと気づいたんです。

すこし前に、私がいないときに、職場の人同士が言い合いになったことがあったらしいんですね。

そのときのことを、それぞれからこっそり

もっとみる

できることをしよう

ありがたいことに、私の言葉を好きと言ってくれる人がいる。

でも、しばらく書いていませんでした。

書くことは好きだけれど、
(せっかくブログを整えたのに…)
書きたい!という気持ちはどこかへ行ってしまっていました。

頭の中にあることがなかなかまとまらなくて、
少し書いてはぐちゃぐちゃにしてまるめて捨てたり。

PCから静かに出る「ウィーン」という音が気になって集中できなくなったり。

なんだか

もっとみる

できることはそんなにないけどあればする

あまり僕のことをよく知らないで、なんとなく色々とやってそうだと思っている人はすごい人だという大変な誤解をすることがあるけれど、ある程度の付き合いをしてくれれば、「ポンコツ」であることがすぐにわかってもらえることができて、さらに深く知っている人は「誰かが助けてあげている」ということも知ってくれて、実はあんまりできることがないってことが解ってくれるので、非常に限定的なできることだけを僕に任せてくれる。

もっとみる

専門スキルもキャリアもない②:何に取り組めばいいの?

取り組むことが見えない時
①目の前にある「できること」に取り組む
②「憤り」を感じたことをヒントに「できること」に取り組む
↑ざっくりこの2つのことをしていました。

先日、[専門スキルもキャリアもない。何ができるの?] https://note.mu/moecoworks/n/n4cbc50695b57 という記事で
「何をしてきたっけ?」を見つめ直してみることを書きました。

とはいえ、20代

もっとみる

寛容でいること

元ネタがよくわからないし、それを探したり追っかけるのも面倒だからやってはいない。子どもがいる親御さんに対する厳しい意見や、不寛容な言葉などを含んだツイートが流れていたんだと思う。Twitterのフォロワーさんのいいねのほとんどが、それに関するものでタイムラインが埋め尽くされていた。

色々読んでいくうちに、私も親御さんに対して色々誤解していたと反省した。

時々スーパーとかでギャン泣きしている子ど

もっとみる