やりがいのある仕事

地域の編集長

ホロ社のミッションであるつながりつなぐその先は何か・・・

それはホロ社に関わる全ての人の「生きがい、やりがい、働きがい」を満たしていくことにつながります。

今期の闘魂塾が開始されましたが、中には戸惑うスタッフもいたりします・・・

日頃日常的に「自分の甲斐」を意識しているわけでもないでしょうから、突如それを言われても・・・

となるのはわからないこともありません。

しかし、意識していなくても

もっとみる

自分の価値っていくら?

例えば、道端で 

「自分を売ってください」

と言われたら 何を売りますか??

「私、免許持ってるので運転手できます!」

「私、整備士なので車 直せます!」

「私、美容師なので髪切れます!」

「私、イラスト書くの得意です!」

自分の価値なんて いくらでもありますよね^^

自分の得意とする分野に 履歴書送ったり

面接を受けたりして その企業、組織に

属する人が 大半かと思います。

もっとみる

仕事とは。

人を喜ばせる喜び
笑顔にする喜び
安心を与える喜び

人の喜びを想像できる能力
与えたい、という本能的な欲求は、
生きている以上だれもが持っている。

昨日は、無心にやっていることが生きるうえで強いと
書いたけど、
人は同時に、それによって人を喜ばせることに、
本能的に喜びを感じるものだと思う。

楽しいに勝る「生きがい」はない|akira asano/ライター、ライフコーチ|note(ノート)h

もっとみる

Q:子どもが産まれてから仕事にやりがいがなくなりました…

Q:産後、時短で仕事を復帰しましたが、できる仕事の幅がせまくなり、やりがいを感じなくなりました。

かといって、子育てと両立しながらできることも少ないし、夢や目標もなく。

ただお金のために退屈な仕事を続けています。どうすればやりがいが持てますか?

もっとみる

「やさしい巨人」

今期も中盤にかかってきましたが、闘魂塾が先月からスタートしました。

先月のレポートではそのエッセンスになる「ビジョン・ミッション・バリューズ」といった会社の根幹になる部分を改めて加筆修正し書き綴りました。

企業の最も大所にあるのはビジョン・・・ホロ社がどんな業種、業態で何を目指そうとしていること以上に、この世の中で何を実現したいのか?

ということであります。

それが「生きがい・やりがい・働

もっとみる

「やりがい」って、ひとつじゃないから。転職します。

転職しようかな、と思った。

きっかけは昨日家に届いた封書。焼けるような暑さの中手に取ると、会社からのものだった。それまで全く気にならなかった動悸が一気にぶり返した。自分自身に驚いた。私は一度送り人の書かれた面を裏にして机に置き、息を整える。

すーはー。うん。大丈夫、大丈夫。

覚悟を決めて、おそるおそる中を封を切る。

中身はなんて事の無い事務書類だった。休職中の給与は出ない旨、傷病手当金支給

もっとみる

【令和最新版】従業員の労働生産性が高い優良製造メーカーまとめ35(製造業)

こんにちは。Ridです。

今回は、就活生や転職者の方に向けて、優良メーカー(製造業)を35社ご紹介していきます。もしかしたら大手ばっかりの可能性もあります。笑

なんで35社なのかと言うと、分量を計算したところ、大体35社で1万字になるからです。(それ以上は書くのがしんどいです・・・)

数が多いので、今回は1つだけ定量的な足切りラインを設けます。

それは、2018年度の「営業利益÷従業員数=

もっとみる

失ったと思っていたが、そもそも僕の目が輝いたことはなかった

今日も沢山働いた。
 
 10:10に出勤して、22:50に退勤した。ほぼ13時間労働だ。しかも、明確な休憩時間は無く、昼飯を食いながら調べ物をし、軽食を食べながら資料を作った。煙草を吸っていた時間と、食事を買いに行っていた時間と、船を漕いでいた時間を足して一時間程度だろう。
 
 祝日なのによくやっていると思う。今日の分の休日がいつになったら振り替えられるのかはわからない。きっと辞める時だろう。

もっとみる
ありがとうございます。あなたの日々が輝きますように。
2

双極性障害でも仕事はできるのか?

双極性障害とは、イケイケ躁状態とドン底鬱状態を繰り返す病気なのですが、私はこの双極性障害を患っています。

鬱時期を耐え抜けた理由

鬱時期には仕事や家事や育児が思う通りに進められない事が多々ありました。
というか、私自身の日常生活が危ぶまれるレベルです。

そんな時に支えてくれたのは家族や友人。

夫は仕事だけでなく家事育児も担当してくれて、私の休養の時間を作ってくれたし、私の仕事に対しても柔軟

もっとみる

仕事をやっていくために大切なこと

先日のnoteで、「仕事に優劣はない」ということを書いたが、だからこそ、仕事をやっていくには「やる理由」が重要な役割を果たすと思っている。そして、そこに「好き」を見いだせるか。

現状維新デザイン研究所が掲げるビジョンとして「 ハタラク=タノシイ を日本の常識に」とある。

私は、ここにある意味を見いだしている。
働くことは楽しく素晴らしいことであると自分が実感すること。他人の評価で決めないこと。

もっとみる