サラリーマン投資家必見!1週間ほったらかし投資で楽々儲ける!「トランプ式投資術・極」20190828

「トランプ式投資術・極」は、「日中相場を見ることができないサラリーマン投資家でもできる株式投資」をコンセプトに考案した、ほぼ1週間完結の短期ほったらかし投資法です!

証券アナリストの大野芳政が独自の基準で短期上昇株を発掘!
一定のルールに従い、機械的に売買することで安定的なリターンを目指します!

・日中は相場をみていられない

・頻繁に注文を出している暇はない

・銘柄選びに時間をかけられない

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
2

データアナリストという言葉が嫌い

自分のためにも経験して考えたことをしっかり書き残しておこうと思い、やっと重い腰を上げて初投稿です

タイトルだけみると過激な表現かなとも思いつつ書いてみます。

私は2012年から、現職の世間でいう「データアナリスト」と言われるのをやっています。ちなみにドメインはソーシャルゲームです。

その前は、SEを5年弱、その後インターネット旅行事業会社でプリセールスとBIとexcel使って分析的なことをや

もっとみる

住み分け機能はマウサーを排除するか

こんにちは、もちのびのびです。

今回は次回作Modern Warfareについてのお話です。

今作から実装される新機能としてマウス、キーボードの直差しによる操作がサポートされるというものがあります。

これはPS4本体のUSBポートに直差しでマウスとキーボードによる操作が可能になるという機能ですが、Infinity Ward(これよりIWと表記)はこれをプラットフォームで分けると明言しています

もっとみる

CoDにおけるゲームエンジンの話

こんばんは、もちのびのびです。

今日はCoDエンジンについてのお話を自分が理解している範囲で書いていこうと思います。

まず初めに我々はCoDには3種類のエンジンが使用されている事を理解しなければなりません。

コアなCoDファンにはお馴染みとは思いますが、CoDには3つのスタジオがそれぞれ作品を3年のサイクルで生み出しています。

現在は以前にあったスレッジハンマーというスタジオが解体され、I

もっとみる

筆者の自己紹介

初めまして。もちのびのびと申します。

CoDを普通の人より理解しているつもりなので色んな人の助けになればと思い、執筆していきます。

まずプレイ歴ですが、MW1から現在に至るまでほとんどの作品をやってきました。

CyACなどに出入りし始めたのはBO1からです。

BO1では友人に誘われたりして内戦やプラベに行っていただけですが、BO1で、いわゆる国内での公式(完全な公式とは言えませんが)大会が

もっとみる

アナリスト直伝!「株価レーティングで1億円儲ける」秘密の投資法!20190716

株式市場では国内外の証券会社やシンクタンク各社から毎日、多数のアナリストレポートがリリースされています。もともと、大口の売買注文を出す機関投資家向けに書かれていましたが、最近では一般の個人投資家にも提供されており、目にする機会も多いのではないでしょうか。

 個別株のレポートでは、証券アナリストがファンダメンタル分析を基づいて個別株の企業価値を算出し、現在の株価に対する「割安・割高」から「買い(強

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

アナリストのつぶやき〜某年金基金

ちょっとしたことがあり、某年金基金の採用情報を知ることがありました。そう皆さんご存知の世界最大の年金基金です。様々な職種を募集しているのですが、驚くことに去年とか一昨年から募集が続いているものもあります。その筋の人に聞くと、その年金基金はホームページでしか募集をしないのですが、理由は転職エージェントを使うとフィーを取られるからだそうで。私の知る限り、この世界でのスペシャリストの採用って殆どがエージ

もっとみる

1週間ほったらかし投資で安定的に儲かる!「トランプ式投資術・極」20190703

「トランプ式投資術・極」は、ほぼ1週間完結の短期ほったらかし投資法!

証券アナリストの大野芳政が独自の基準で短期上昇株を発掘!一定のルールに従い、機械的に売買することで安定的なリターンを目指します!

・日中は相場をみていられない

・頻繁に注文を出している暇はない

・銘柄選びに時間をかけられない

・経営に集中したいが資産運用もしたい

・副業として安定的な収入が欲しい

・売り買いのタイミ

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
2

為替アナリストの予想はなぜ当たらないのか

先日の記事では傾聴するべき経済アナリストを挙げましたが、彼らの予想は当たるとは限りません。というより外れる場合がほとんどです。為替に関して言えば、期間をどれほどに取るかにもよりますが、ドル円が上がるか下がるかの2択(横ばいも入れれば3択ですが)で当てずっぽうでも50%の確率で当たるものですが、それでもなかなかどんぴしゃで当たる例は少ないかと思います。

ファイナンスの理論で効率的市場仮説というもの

もっとみる

アナリスト直伝!「株価レーティングで1億円儲ける」秘密の投資法!20190624

株式市場では国内外の証券会社やシンクタンク各社から毎日、多数のアナリストレポートがリリースされています。もともと、大口の売買注文を出す機関投資家向けに書かれていましたが、最近では一般の個人投資家にも提供されており、目にする機会も多いのではないでしょうか。

 個別株のレポートでは、証券アナリストがファンダメンタル分析を基づいて個別株の企業価値を算出し、現在の株価に対する「割安・割高」から「買い(強

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
1