アルプスの少女ハイジ

「ハイジ」っぽい「なつぞら」劇中アニメとあの頃のテレビ風景。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」が佳境を迎えている。今週は、東洋動画からマコプロダクションに移ったヒロイン・なつが、夫の坂場一久や昔なじみの同僚たちと新しいテレビアニメの製作に加わり、第1話が放映されるまでが描かれた。

「大草原の小さな家」をモチーフに描いた劇中アニメ「大草原の少女ソラ」は、「アルプスの少女ハイジ」がベースにあるのは異論のないところだろう。「ハイジ」の放送開始は1974年1月から

もっとみる

『なつぞら』特集と、『天気の子』『トイストーリー4』ネタバレ解説、ちょっと怖い“禁断の科学”の話

岡田斗司夫です。

 今日は、2019/08/04配信のニコ生・岡田斗司夫ゼミ「『なつぞら』特集と、『天気の子』『トイストーリー4』ネタバレ解説、ちょっと怖い“禁断の科学”の話」からテキスト全文をお届けします。

----

「悩みのるつぼ」卒業します!

【画像】スタジオから

 こんばんは、8月4日の岡田斗司夫ゼミですね。

 毎回、スーツを着てネクタイを締めてると暑いので、8月からしばらくは

もっとみる

patercycleとは?(名前編)

今回は今まで書いていなかった自己紹介の記事を書こうと思います。

名前の由来

patercycle(ペーターサイクル)とは、僕がソロで音楽活動する際の名前です。

本名で活動する方も当然いますが、やはり普段の自分と切り替えるために、名前を別に付けようと思いました。

まず「ペーター」ですが、これは僕が以前ドラムで「銭湯探検隊」というバンド(2003~2010年位に主に京都で活動してました)を組ん

もっとみる

ヨシコちゃんのこと

前回書いたヨシコちゃん。家族全員が高潮にのまれて死んだことも知らず、私の家で元気いっぱいだった。私は兄二人、姉一人いるが、全員、おとなしい、手のかからない子(後々母の言うには)だったので、母はヨシコちゃんに振り回されていたようだ。

まだ海水は引いていない。たった一枚無事だった畳をミカン箱をいくつか並べた上に置き、私とヨシコちゃんとネコのタマはその上に乗せられていた。

両親と兄姉は泥水の中を動き

もっとみる

なつぞら完全解説「宮崎駿とまゆゆダンスの理由〜二次元の演技とは?」

岡田斗司夫です。

 今日は、2019/08/04配信のニコ生・岡田斗司夫ゼミ「『なつぞら』特集と、『天気の子』『トイストーリー4』ネタバレ解説、ちょっと怖い“禁断の科学”の話」からハイライトをお届けします。

----

 ということで、じゃあ、行きましょうか。『なつぞら』ですね。

 先週の『なつぞら』は、本当にいろんなことがあったので、月曜から順番に語って行きます。

 7月29日の月曜日の

もっとみる

三種一寸極奥義 うつ28/100ヒント

賢くなりたい方、そして・・・精神と心の問題を何とかしたい方へ
今回は奥義です( ´ ▽ ` )ノ
例によって~めっさ簡単です!

心の問題は
脳神経の再構築でないと
解決しません。

1%が重要です。
今回は3%分です。

🌪️ 言語療法・奥義壱ノ型
「 弐字罵詈雑言禁 」

✿ふたもじばりぞうごんきん✿

馬鹿・クソ・アホ・毒親・クズ など
2文字で終わる悪口を封印下さい。

心に問題がある人

もっとみる
嬉しいです!あなたは外向的?それとも内向的ですか?( ´ ▽ ` )ノ
37

「立つ」- コンテンツ比喩辞典 #1

コンテンツ比喩とは、映画・TVドラマ・漫画・小説・歌などのコンテンツのワンシーンを日常の出来事の例えに使うことです。コンテンツ比喩辞典は、日常の出来事をイメージした動詞や名詞をインデックスとして、コンテンツのシーンやセリフを例文と共に説明したものとなります。

「立つ 」 

「立ったー立った!クララが立った!わーい!」

TVアニメーション「アルプスの少女ハイジ」第51話のワンシーン。
病弱で足

もっとみる

シュピリ/罪と罰㊦

シュピリ/罪と罰㊤からの続きです。

私はキリスト教に詳しくないが、奈ザレ(=ナザレのイエス)の想いはソコソコ感じて知っている積もりです。それで私はキリスト教を躾(しつけ)の思想と捉えているし、奈ザレを人格形成の思想家と捉える。躾の思想に染まると人は教養を重視するようだ。そして人格形成の思想に染まって人は対話を重視する。私はキリスト教と奈ザレに特定して述べているのでなく、教養と人格形成の比較の一例

もっとみる

縁(えん) & 主体

今私は「100分de名著アルプスの少女ハイジ講義4回目」を縁として全編を振返っているところ。松永美穂氏の名講義でそれまで感じなかった素敵な縁にいっぱい触れられて嬉しく想い、深く感謝しております。さて、物語を松永氏は「再出発する大人たち」と位置付けておいでに観える。そんなことは当然のあなたかも知れませんが、只ただ感動している私なのです。

再出発を再生と捉えてらっしゃる講師。私も「再生でなければ!」

もっとみる