高齢者の孤独問題~A Dog's Purpose~

ちょっとそこまで買い物へいっても、すれ違う人はだれもいない

ただ車が通りすぎる

一両、二両しかない車両。終点で降りたのは私だけ。

こんな田舎で育った私は、東京で生活していても、「東京に旅行に来てる」という気分が抜けない。

どこかに行きたくても車じゃないと移動できない。

こんなんだから年寄りの孤独死も否めないなあと思いました。

しかし、東京住まいの私の親戚のおばあちゃん。都会にいながら、

もっとみる

なぜ人間はアホなのか

先ずはこの記事をお読みください。ネコやイヌのほうが、宇宙の真理を分かっているのです。
 人間には意識という余計なものがあるので、時間の概念があります。だから未来を案じ不安になるのです。そして過去を悔いるのです。
 ネコやイヌには無意識しかありませんから、時間の概念がなく、未来を考えません。ご飯にありつけなくても「飢え死にする。どうしよう?」なんて不安になりません。「昨日もっと食べておけば良かった」

もっとみる

飼い主のストレスや不安定な性格は飼い犬のストレスを高めてしまうかも

「あの人と一緒にいると,こっちも楽しくなってくるんだよね」といったように,楽しい人と一緒にいると,なぜかこちらも楽しい気分になることってないでしょうか。明るい人の周りに人が集まるというのも,そういう「なんだか楽しそう」という感情の伝達のようなことがあるのかもしれません。

もちろん,それが成り立つなら落ち込んだ気分や悲しい気分も伝達されるのか,という話になりますけれども。

人間以外では

人間同

もっとみる

【本棚から一冊】バスラーの白い空から

『バスラーの白い空から』
著:佐野英二郎
出版:青土社(2004年)

この年になれば、どんな人の人生も光りだけで成り立っているのではないことを、知っている。どちらかといえば、別れ、喪失、失意など影の部分が多くて、それに苦しみ、悲しみ、もがき、あるいはなすすべもない瞬間があるけれども、でもだからこそ安らぎを抱え込んで生きていける。本書はそんなことを感じさせてくれる。

*   *   *

大手商

もっとみる
ありがとうございます。花言葉:晴れやかな魅力(ラナンキュラス)
16

★★happyになるまでは 目次★★

1話4ページのお気楽マンガで、へたれ男性が主人公です。

1話  2話  3話  4話  5話 

6話  

< 漫画一覧 >

兄弟?姉妹? 地域ネコの穏やかなある日

わたしの地区は地域ネコが何とか生きていける最後の砦だと思う。元々は市街地のそのまた外側の農村植樹地帯だ。区画整理でどんどん都市化が進んでいるが、まだ空地がある。大きな農家は農業をやめても大きな土地がある。

野良ネコ、外ネコ、地域ネコが生きて行ける隙間が残っているのだ。都市部や新規開発された団地ではネコ飼育禁止もあるという。

イヌは野良も外も地域もない。飼い主が判然としないイヌは生存さえ許されな

もっとみる