スピリチュアリティ

こんばんは

.
究極の愛は、自分自身を知って、愛し、リスペクトすることです。「どんな自分も」です。
最初はまず、自分のためにゆっくりと時間をとって、自分に向き合うことから始まります。相手にして欲しいこと、してあげたいことは、まず自分にしてあげることです。
そして、傷ついて疲れたハートを、固くなって防衛の壁を張り巡らしたハートを癒していくことが、豊かな彩りを人生にもたらすんです。
(タリカ @d_tarika

もっとみる

タオのセクシャルプラクティスへ

オーガズムって、膣や子宮の感覚だけのことではなくて、
「歓び・悦び」の瞬間のこと。
気持ちのいいマッサージを受けている時の至福感、
暑い夏の夜に飲むビールの喉越しの味、涼やかな風と穏やかな
日差しの午後の午睡、友達の小さな優しさが身にしみた瞬間、
ダンスの中に没頭して我を忘れた瞬間、
肩の力がふわっと抜けていって、体の中に握りしめていた
日頃の緊張感やストレスも、ふわっと軽くなる瞬間、
私たちはオ

もっとみる

第七回目:定期購読マガジン『内発的な御神体起動』

定期購読マガジン『棚からぼた餅』

一回目は<神社や龍神のお話>
二回目は<ご質問の回答>
三回目は<信じるということ>
四回目は<自己表現力>
五回目は<継続すること>
六回目は<実験結果シェア>

本日、第七回目をお届けします。こちらのマガジンの概要は以下参照。↓↓

このマガジンは"棚からぼた餅"的な運気やラッキーを呼び込む【KEY】を発見してもらうべく、精神性・潜在意識・お金・仕事・恋愛・

もっとみる
わたしも"大スキ♡"
5

自己超越の本質

〜幾重にも連なる峰の奥ゆかし そのまた奥にぞ光ありける〜

はじめに

私達が生きているこの世の中を、とてつもなく奇妙だと思ったことが全ての始まりでした。

これまで十数カ国に訪れ、その内三ヶ国に暮らし、どれだけ大層な文明を目の当たりにして人間の計り知れない創造力を実感しても、精妙を極めた自然のそれには遠く及ばないという確信に至り、豊かな生活をしていれば忘れがちですが、文明を築いている我々自身も自

もっとみる

教養ってなんですか?

あの原爆以来、日本人はすっかり宗教恐怖症になってしまって、宗教的なことは深刻なPTSDで、アンタッチャブルな領域となっている。

まず日本人は、英語を話せないことがひどいハンデとなって、世界に生の感覚のまま触れることができない。かつて日本人のガールフレンドとじっくり付き合ったことのあるスイスの友人は、日本人が英語が話せないのは「国策」であると言い切る。外の世界や、真実を知らなければ、支配するのは簡

もっとみる

令和のスピリチュアリティ

ゆり葉さん主催のマガジン「令和のスピリチュアリティ」の共同運営をさせていただくことになりました。

自分一人では成し得ないものだから、みなさまの優良な記事が束ねられています。すでに数名のクリエイターさんの素敵な記事が集められています☆

霊性・精神性・生きる意味や目的・愛について・生きる痛みを緩和する知恵・真の豊かさ・・・

というニュアンスのもの。

よかったらぜひフォローして、人生のヒントにし

もっとみる
出会いに感謝ー☆
35

ツインレイ①出会い編

パートナーと言える異性と出会ってはや4年半。

まだ4年半か。
感覚と「リアルな時間」との大差に言葉を失くすわ。。。もう10年以上経ってる気がするのに。

カラダがある。
って、ほんと遅いよね。

で、
いまさらだけど。
わたしと、その彼との関係性について、なんだか改めて「なんなんだろう」と思ったので調べてみた。

『ツインレイ』について。

わたしは元々、スピリチュアルには特別な興味がなかった人

もっとみる
また読みにきてください(*^^*)
4

いのちは光

あしたには家へ帰ろうと思っています。

この本は、助産師さんが書いた、自然分娩をテーマとした内容ですが、独身で子供を産まずに子宮を摘出した、わたしにも、世の男性にも、必要なことが書かれています。

神仕組み  という言葉が登場します。陣痛が微弱で長引くことにも、予定日どおりに産まれて来ないことにも、ちゃんと意味があるのだとしたら、陣痛促進剤って?  いとも簡単に行われる帝王切開って??

もちろん

もっとみる
あなたに天使の祝福がありますように。LOVE!!!
13

ただ立つ、ただ歩く

あっというまに9月。

ずっと有酸素運動の趣味を持たなかった(登山を除く)自分がダンスを始め、その全身運動っぷりに全身で驚いている。

初回は、こんなとこに筋肉があったの?!と、筋肉痛になって気づく。次に、ハムストリングスて聞いたことあったけどこいつか!と知る。3回目、腹を引き込み骨盤を立てて腿の力で立つ形が分かる(ヨガのTTでも何度も手を添えられたが、一度も腹落ちしていなかった)。そして4回目、

もっとみる
感謝です!
10

「うつヌケ」のヒント:自分だけの「心と魂の永久機関」を見つけること

いつぞや「鬱だ氏のう」ってこういう状態なんだってことをつらつら述べたことがありましたが、Twitterでもっと端的にまとめてくださっている方がいらっしゃいました。

その他にも、人それぞれの「鬱だ氏のう」状態があると思うのですが、共通するのは「自分がフルパワー出せたときの状態を知っていて、それができないことへの悔しさや悲しさが潜んでいる」ことではないかと推察します。

しかし、その「フルパワー出せ

もっとみる