日記大全をどう活かすか

現在「日記大全」をアシタノレシピにて連載中です。

この連載をどう活用するかを少し考え中です。

これらの連載に加筆や修正を加えて、セルフパブリッシングとして出すのか。

あるいはもっとチャレンジしてみるか。

自分にとってのチャレンジ、それは商業出版への挑戦です。

セルフパブリッシングもいいのですが、他の人との共同作業で本を出すこともしてみたい。より質の高い本が出したい

もっとみる

2-2 書き方、読ませ方

読者は誰ですか?

 文章読本などの「書き方」の本は多数ありまして、名だたる文豪、研究者からいっぱい出ていますので、書き方についてはぜひそうしたものを参考にしていただきたいですね。
 電子書籍も本なのだと考えると、書き方はとても大切です。わかりやすく、個性的で、おもしろい書き方を工夫していくのは、書き手としては楽しい作業になりますので、ぜひ試行錯誤をしてみてください。
 ですが、あえて、編集者視点

もっとみる

諦めてほしくなかった

七村謙。という方をご存知でしょうか?

この方は自身で描いたSF小説を自身でプロデュースした作家様です。

出版業界に新たな風を取り込もうと行動に移した方です。

七村先生自身は、外資系経営コンサルティング業をされていたそうです。その経験が伺える内容にもなっていました。

わたしはこの方にどうしても会いたいと思いました。この物語を描いた時、構想した時、どんな楽しそうな顔をしていたのだろう。

きっ

もっとみる

手描きに味がある。セルフブランディングの参考にサラ・ミッダ画文集&近況報告★蓮の花 デザイン&アート 多摩市 | LOTUS Flower Design & Art-179

前回の動画アップから間が空いたので、この間の近況報告を中心にお話ししました。

セルフブランディング・セルフマーケティングのヒントになるかもと思って、ジュンク堂書店で購入したイギリスのイラストレーターSARA MIDDA(サラ・ミッダ)のイラストと手書きの日記文、写真が収められた「A BOWL OF OLIVES on Food and Memory」という画文集などについて語りました。

他にも

もっとみる

1-2 読み放題は救世主か?

売れる電子書籍をつくるコツ 第1号より

読み放題の性質「フローなコンテンツに向いている」

 サブスクリプションそのものは、音楽を中心に一般化しています。定額制で、払った期間は対象となるコンテンツを利用し放題になります。
 電子書籍では、「Kindle Unlimited」「dマガジン」「楽天マガジン」が知られています。「Kindle Unlimited」は書籍も雑誌もですが、「dマガジン」「楽

もっとみる

3-1「書いて・売る」は可能か?

売れる電子書籍をつくるコツ 第3号より

製造と販売を一人でやる

 セルフパブリッシングのことを少し考えてみましょう。
 シンガーソングライターは、珍しい存在ではありません。音楽は一人でも完成させることができ、演奏でき、流通も可能です。書籍も同様に、書いて、編集して、流通させることはできます。
 一方、メーカー直販はどうでしょう。製造業で、つくって、流通させることはなかなか難しいこととされていま

もっとみる

【お知らせ】新作スポーツエッセイ&ノンフィクション集「笑う敗者」を出版しました

こんにちは、僕です。和良拓馬です。

さて、突然ではございますが、このたび新しいスポーツエッセイ&ノンフィクション集である「笑う敗者」を発売開始させて頂く運びとなりました。まあ、1か月前(5月10日)に発売開始して今更ランディングページつくってるんかい! という皆様のツッコミに真摯に耳を傾けつつ、少しばかりおつきあい願います。

現在、Kindleや楽天kobo、BOOK☆WALKERなど主要な電

もっとみる
どうもです。サンウルブズで好きな選手はロビンソンです
10

0-0 「 本を出したい! じゃあ、どうする?」の構成について

お読みいただきありがとうございます。

 この「本を出したい! じゃあ、どうする?」について、その構成をご紹介します。

0-0ではじまる0章は、今回の書き下ろし部分です。

1-1ではじまる1章は、拙著『売れる電子書籍をつくるコツ 第1号』からそのほぼ全文を掲載しています。2013年頃の原稿と2017年の原稿からなります。

2-1ではじまる2章は、拙著『売れる電子書籍をつくるコツ 第2号』から

もっとみる

0-2 読者から考える出版方法

本を自分の資産として出版し、できればその売り上げやロイヤリティで現役引退後の収入源の一部にあててみてはどうか、と思ったとき、「そもそもどうやって本を出すのか?」の壁にぶつかるでしょう。

 まさにこのマガジンのタイトル「本を出したい! じゃあ、どうする?」ということです。

「読者」から考えてみてはいかがでしょうか、と提案します。

読者がいる場合

 読者がいるときは、その数で考えていきましょう

もっとみる

1-1 2016年の読み放題(Kindle Unlimited)

売れる電子書籍をつくるコツ 第1号 Vol.1 三版
はじめに

 こんにちは。舛本です。二版を出したのが二〇一三年五月。追加情報を入れていく予定で作ったこの電子書籍ですが、なかなか追加できずにおりました。あれから、五年近くが経ちました。いまは、二〇一七年十一月です。北朝鮮がICBMを飛ばし、日馬富士が引退する中でこれを書いています。
 アマゾンのKindle端末が最初に登場したのは二〇〇七年十一

もっとみる