引っ越しとセルフリノベーション・番外編〜仕事効率化のためのホワイトボード

こんにちは♬
午後の紅茶の新しいパッケージ、ご存知ですか?

トランペット〜〜!
これは買いです(笑)
多分また買います(笑)

さて、引っ越しとセルフリノベーションのシリーズ、次回で最終回と思ったらまだまだやることありました(笑)
今回は番外編で「仕事部屋の仕事効率化」リノベーションです。

仕事部屋はとにかく机を置いて仕事できる環境にして、色々とするのは後回しにしておりました。
以前の仕事部屋

もっとみる

〜セルフビルドによる、お店の作り方〜 エピソード 1

実際のお店作りの詳細に入る前に、凄く重要である「物件との出会い」について、今回はまとめてみる。

お店、どこに出そうか

「えっと、まず、新潟のどのエリアに出店したら良いのだろうか、というトコロから相談したいのだけど…」中山くんは新潟市内出身といえど、高校を卒業してから長らく関東に身を置いていたため、今の新潟の状況や飲食業会、人の流れといった「新潟という地域」についての情報が乏しかったのである。

もっとみる

引っ越しとセルフリノベーション⑦

こんにちは♬
今朝犬が網戸の下の方をやたらチョイチョイしてるなあと思って見たら、ムカデが〜〜〜!
すぐさま網戸を開けて外側に追い出し、うちに1つしかない殺虫剤(あまり殺虫剤好きじゃなくて置いてないのです。めったに使わない網戸キンチョール)をシューーーっとかけて弱ったところをハエたたきで仕留めました。。。
10数年田舎暮らししてたらずいぶん自分も虫に強くなったなと思いました(笑)
しかし犬が噛まれな

もっとみる

歌島DIY日記#55「コンポストバイオトイレの経過報告!」

さて、みなさま、元気にお過ごしでしょうか?

歌島に拠点を移してから、ちょうど1ヶ月が経ちました。このDIY日記も引っ越してから、まったく更新されていないので、もうDIYも終わったのかと思われているかもしれませんが、結構マイナーチェンジを繰り返して、住み出してからもいろいろと変化しています。(だけど、細々した作業が多いので、割愛してます)

今回は、以前からいくらか反響を頂いておりました、コンポス

もっとみる

〜セルフビルドによる、お店の作り方〜 エピソード 0

プロローグ

2019年5月8日。耳慣れない年号に変わった大型連休も終わり、ようやく春の暖かさを感じ始めた新潟市。

関屋駅前に「nabaita(ナバイタ)」というイタリア料理店がひっそりとオープンした。

引き戸を開けて店内へ入ると、向かって右側が厨房、左側が客席。上を見上げると古い梁がむき出しの、開放感のある吹抜けが出迎えてくれる。客席の更に奥には、入り口側よりも80センチほど高くなったスペー

もっとみる

目的は、家を手に入れることではなかった

今から半年ほど前、家を買った。九州の田舎町にある古い家で、解体予定のものを格安で手に入れたのだ。

「家を買いたい」ということについて、これまで色々書いてきたけど、僕は「住むための家」というよりも、「手を入れるための家」が欲しかった。なんでそんなことを思ったのか、その理由を今日は書いてみたいと思う。

ひとは幸せに暮らすために生きている

多くのひとが感じたと思うが、東日本大震災、そして熊本地震を

もっとみる

もしかしたらそれ、必要ないかも?

今日、朝から部屋の模様替えをしてみた。

もう入居して8年近くになるが、ほとんど大きなレイアウト変更もせずに暮らしていた。もちろん、自分で家具配置から設計しフルリノベーションして住んでいる家なので、特に不満は無かったというのもある。

ただ、いくら自分で設計した住まいでも、100%完璧というものはない。

実際に長く暮らしていると、やはりモノは増えるし、環境も変わる(うちの場合、犬を飼い始めた。)

もっとみる

歌島DIY日記#54「愛猫にゃいとDIYの日々。」

みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。歌島に引っ越して3日目になりました。あのぬるぬるとした日常が戻ってきた感じがして、大変心地よいです。

さて、今日は塗り残したルームBの押し入れと、少しひび割れがしているルームCの壁を一面漆喰で塗りたいと思います。実は、床貼ってからの漆喰は結構神経使うのでヤです。

いつも見慣れたこの漆喰塗りの作業も、これで見納めです(予定)。

壁塗りながら、ふと「何枚壁塗った

もっとみる

歌島DIY日記#53「引っ越したよー。」

いつも歌島DIY日記をご覧になって下さっているみなさまにご報告があります。

公言通り昨日15日より、歌島に無事引っ越しましたー!わーい♬

本当にみなさんのご声援・ご支援・お手伝いあってのものです。つくづくわたしたち愛されてるんだなぁと実感する毎日です。ここから、また「藝術と生活 itonami」というアートプロジェクトを発信していくので、これからもどうぞよろしくお願いします。

さて、先日に引

もっとみる