LOMO LC-A

LOMOというトイカメラに出会ったのが趣味として写真を撮るようになったきっかけだったように思う。

当時大人気で手に入り辛くヤフオクを利用したのだけど、出品者(女性のかた)が温かみのある手書きの図解付き説明書と一緒に送ってくれて、とても感激したのを覚えている。多分その説明書はまだどこかに保管しているはず。

LOMOはゆるーく温かみのある写真が撮れるカメラで、独特の周辺減光がさらにいい味を出してく

もっとみる

あんときのデジカメ 讃岐の梅雨入り with GE E1480W

(はじめに)観測史上、最も遅い讃岐の梅雨入りとなりました。連日、曇天と雨天が続きますが、今回は、少しモノクロームな讃岐の梅雨入りを、エジソンが創業したGEのE1480Wでスケッチしてみました。

梅雨の湯豆腐

 今年の讃岐は、観測史上、もっとも遅い梅雨入りでした。6月なのに五月晴れが続き、梅雨らしくない光景に驚きましたが、いよいよ梅雨本番です。

 梅雨時の珍しい情景といえば、やはり「梅雨冷え」

もっとみる

フィルムカメラで撮った写真たち

何か記事のネタになるものはないかなーと写真フォルダを遡っていたら、フィルムカメラで撮った頃の写真を見つけました。

一時期使っていたロモグラフィーのトイカメラLOMO LC-A+。トイカメラとは思えないほど、しっかりしていて、簡単に鮮やかでスタイリッシュな写真が撮れると人気を博したカメラです。一時期はこれをぶらさげて歩いている人たちを街でよく見かけました。

値上がりしてる…半分くらいの金額で

もっとみる

フィルムカメラ。Diana F+で遊ぶ。

60年代前後にカルトな人気を誇ったカメラ?のリメイクでもあるというLomographyのDiana F+。
過去にはアンディー・ウォーホルやバスキアも愛用者だったとか。

フィルムが35mmでなく120mmのブローニー版ということで、フィルム代や現像の面で若干ハードルが上がる?のかもしれませんけども、フィルムがでかいのはある意味正義。うまく撮れたときはね。

このカメラ、いわゆるトイカメラというジ

もっとみる

【検証】3,000円のトイカメラでエモい写真は撮れるのか

トイカメラが欲しい。
そうだ、トイカメラを買おう。
だけど、あまりお金はかけたくない。

そんな折、ヴィレッジヴァンガードでドンピシャに可愛いカメラを見つけてしまった。
3,000円だし。いいかな。
それが、私とトイカメラの出逢いだった。

かわいい!!!

“Windowsアップデートしたらこのカメラで撮った写真を取り込むための付属ソフトが使えなくなってしまってね、かなしい。。。”Insta

もっとみる

スメハチ(トイカメラ)偏愛とデジタル魔改造への挑戦

チェキ(Instax)が再流行しているんだと。みんなで撮るの、たのしいねぇ。

アナログカメラといえば、10年ほど前までトイカメラを使っていた。この沼はこれまた、なかなかに、たのしい。このごろ、偏愛が再燃しつつあるので書いてみたい。

スメハチと出会う

このカメラ、Smena8M(通称スメハチ)はロシア製ロモグラフィーのおもちゃカメラ。いわゆるトイカメラなのにフルマニュアルの本格35mmフイルム

もっとみる

あの頃、トイカメラがそばにいた

2011年から13年くらいの時期だったと思う。よく雑貨屋さんでトイカメラを見かけた。

値段はだいたい2000円から3000円くらいで、使い物にならないようなものから案外本格的なものまで、いろんな種類があった。どれもその名の通りオモチャみたいなカラフルなデザインで、学生でも手が届く気軽さが好きだった。

その後iPhoneが登場して、カメラアプリが普及するとともに、気がつけばトイカメラは店頭から姿

もっとみる

ベトナム旅計画中

こんばんは、やましろよるです。
note少しずつ慣れてきました。

大型休暇、去年から計画していたベトナムへ発つべく、様々な準備ラッシュを楽しんでいる今日この頃。

大昔、まだ中学生の頃にツアーのような形でオーストラリアのホストファミリーのお家にショートステイし、勉強に通うといった留学体験のようなものに行かせて貰ったっきりの海外です。
自分でパスポートを申請し、航空券を手配し、ホテルを予約し……初

もっとみる