ネイチャートレイルで野生のカカオに出会う

久しぶりに山に入った。

3月にスフレに登って以来の山だから半年ぶり。

普段の週末は家でごろごろするか、海でぽけぇーとするかの2択だからたまにはこういうのも良い。いやとても良い。

今回行ったのはVermont Nature Trailというちょっとした自然公園のようなところで、だいたい1時間ほどで周れてしまう小さなところ。

入り口。

夜中に結構な量の雨が降っていたからどうかと思ったんだけど

もっとみる
うっひょー、ありがとうございます!
11

ユーレイルパスで2ヶ月のヨーロッパ鉄道の旅〜どれだけ元をとれるのか〜リュブリャナ編:超オススメ!プレジャマ城とポストイナ鍾乳洞の半日ツアー!湖に浮かぶ教会ブレッド湖への行き方と初めての夜行バス(リュブリャナ〜モスタル)

10/15 18:33 リュブリャナに到着。駅から宿までは徒歩10分ほどでした。

google mapを見ながら宿の方へと歩いていくと…工事現場へ突入。

え!?宿はこの辺のはずなんだけど…。大丈夫かしら?住所は合っているはずなのに、なかなか宿が見つからず、とりあえず同じ住所の建物に入ってみました。

そこは名前の違うゲストハウスで、お兄さんが出て来てくれました。予約情報を見せると、確かに住所は

もっとみる

[世界一周] モンベル 山岳テント ステラリッジテントを使用した感想

[モンベル]山岳テント ステラリッジテント

世界一周は, アフリカ縦断, ヨーロッパ周遊, 南米周遊とお世話になったモンベル社の山岳テント[ステラリッジテント2型]. 山岳の厳しい環境にも耐えれるよう様々な工夫がされていて, 長年多くの登山家やアウトドア愛好家から支持され続けているアイテムになります

ステラリッジテントを評価する

ステラリッジテントは山岳用テントということを前提として評価をし

もっとみる

今日やることを明日に持ち越し

毎日効率的に仕事を進めるために、朝机に向かうと本日のやることリストを書き出す。To do listってやつ。で、その日も終わらせたい仕事を書き込んで、さあやるか!って思ったら、次男の保育園のママ友からラインが入った。「ちょっと息抜きにトレックングでもどう?コーヒー持ってさ。」

で、私の書いたリストを眺めて、、、今日の締め切りはないし、リフレッシュも必要かな?と午後の次男の予防接種を主人に頼み、即

もっとみる

アメリカで出会った100の光景 No.36(大自然の絶景)過酷のち絶景 ヨセミテ滝のトレッキング

ヨセミテ国立公園も今年は雨が多かったそうだ。夏場にはすっかり枯れているはずのヨセミテ滝が8月にもまだ迫力の姿をとどめていた。

「せっかくだから、明日上ってみよう。」

夫の言葉に、「うん、いいよ」と軽く答えてしまったわたし。このときにはこのトレッキングがわたし史上一番つらいものになるとは思うよしもなく。

トレッキングのときには早起きが基本だ。早い時間から歩き始めると、気温も日差しもキツくないし

もっとみる
うれしい~
1

trekking memo:編笠山

1泊2日がおすすめ。編笠山には青年小屋という山小屋があり、「遠い飲み屋」という愛称があります。ここから歩いて15分ぐらいの場所には湧水が沸いていて、私が今までに飲んだ湧水の中で一番美味しいです。湧水の名前は「乙女の水」といいます。とっても柔らかく、まさに乙女な感じ。

編笠山から青年小屋に向かう道は、大きな岩がゴツゴツあります。岩と岩の間には深い溝があり、「落ちたら大惨事になるな・・・」と感じるた

もっとみる
ありがとうございます!
1

6日目:屋久島(2019/9/12)

屋久島の空にも星がたくさん見えた。午前3時に起きた僕たちは、4時発のバスに乗る前、少し早く宿を出発して屋久島の星空を見上げた。
 人工衛星は見えなかった。10年近く前、屋久島に行きたいと思ったのは、当時いいな〜と思ってた大学の先輩女子から「人工衛星だって見えるんだよ屋久島の夜空は」と聞いたからだった(今これ書いてて思い出した)。ちなみに「いいなと思ってる人」とは「好きという感情は同時点において原則

もっとみる

六甲山を登る

神戸を見守る六甲山。
涼しくなりかけた9月の中旬の早朝家を出た。
今回のルートは王子動物園の裏から。
途中で湧き水を汲み、久々の登山で体力はすでに限界だ。

ペットボトルに水を汲では飲み、汲んでは飲んだ。
何度か後ろから来るおじさんたちに追い越されなら、ひたすら登る。見上げると山が切れ空が見える。

上まであと少しだ!とどれだけ思ったのだろう。
それでもたどり着いた先は登ったものしか見られない景

もっとみる