日本の保険会社って...- 高い保険料は払うだけ無駄?

今日は個人的な話で少しマーケットからそれますがご容赦を...。

 自慢ではないが(笑)、「損切丸」は車の運転が下手である。先日、左折時に左側のガードレールに引っかけてしまい、自損事故で左側のドア2枚にキズとへこみをつけてしまった。修理費が数十万円かかることが判明し随分落ち込んだが、その修理費を上回る車両保険をかけていたので大丈夫だろう、と思っていた。「こんな時のための保険だから」

 しかし不安

もっとみる

楽しく目標を達成する方法

私も今まで会社員の時、プライベートで

沢山の目標を立てて、

達成できない自分を責めたり、

達成できたことに喜んだり、

色々な経験をしてきました。

良く考えると

物凄く厳しい目標でも達成できていたり、

簡単な目標でも達成できなかったこともあります。

例えば、会社員の時。

売上目標を立てます。

これって大体は会社の目標から逆算して

個人の目標が割り当てられるのですが、

これがか

もっとみる

現実 誠実 不誠実

なんか

なんか 真面目にやっていて馬鹿をみる。損をする世界ってやっぱりまだあるんだな。

国際社会とかいってるけど、企業の中の社員は全員 日本人だったりするわけで、やっぱり日本固有のブラックさが残り続けているわけで

社会人経験も10年以上となれば20代の世間しらずな頃と違って

本音と建て前、思惑とかわかってきちゃってむなしい。

利益とか目標とか大事なことだけど

その前に仕事の目的とか仕事

もっとみる

プロから学ぶ目標達成術

アメリカでモチベーション理論の
第一人者である米コロンビア大学の
社会心理学者のハルバーソンさんが教える

『モチベーションのプロが目標をできるかぎり達成に近づけるための習慣』

では習慣を9つに分類しています。

1.目標に具体性を与える
2.目標達成への行動計画をつくる
3.目標までの距離を意識する
4.現実的楽観主義者になる
5.「成長すること」に集中する
6.「やり抜く力」を持つ
7.筋肉

もっとみる

「自由帳を始める」という選択が、安らぎを僕に与えてくれた。(1)


最近、良い意味で人生が変わったことがあるとすれば、
noteを始めたことで、無意識にも、

日記と自由帳を書くことができるようになったこと。



日記が日々の「あれをした、これをした」という行動の記憶だとしたら、
自由帳は僕自身の中で溢れ出すアイデアに関するメモを残すこと。



自由帳という名前の通り、使い方は自由そのもので、

To Doリストを1日のはじめに書いてみたり、
読んだ本

もっとみる

誰だ!欲求を満たしてるのは?

社会では他人の欲求を満たしてお金を頂く。
という考えを私としては正としているんですが。

世の中、自分の欲求も満たしつつお金を頂けるような事もあって。顧客は何処へ??って現象が不思議やなぁって思うんですよね。

ライブハウス事情で良く話題になるノルマ制について

たまにツイッターとかでも話題になるのが、ライブのノルマ制が有りか無しか。という議論。

問題点や課題として議論しているところが、ノルマの

もっとみる

【税金】元国税調査官との対談!税務調査の実態や調査が入った場合の対処法など余す事なく聞いちゃいます!不動産投資を含め商売をやるなら税金対策の知識は必須です!Part4

元国税調査官との対談動画のPart4です!この動画では現役公認会計士で税理士の市ノ澤翔が実務で気になっている点や、みんなが気になる税務調査の実態、節税と脱税の境目、税務調査官の見るポイントや調査先の選び方、マルサってどうなのと言った事や、業種による違いや調査の際に注意すべき点なども根掘り葉掘り質問します!
イータ君は税務調査コンサルタントとして企業に入って税務調査対応なども行なっておりますので、興
もっとみる

朝日新聞の「かんぽの不正」報道がキレキレの件

▼朝日新聞の「けいざい+」は、経済の問題を何回かに分けて連載する読み応えのあるコーナーで、3回連載の「かんぽの不正」はキレキレだった。(柴田秀並、新宅あゆみ記者)

▼2019年7月27日付の「下」によると、郵便局の悪質な局員たちは、だまして契約をとりやすい「一人暮らしの高齢者」のことを

「ゆるキャラ」「半ぼけ」「甘い客」

などと呼んでいたそうだ。

▼7月25日付の「上」では、6月24日付の

もっとみる

「民営化」の成れの果てがわかりやすい件 「かんぽ生命」の不正契約

▼「かんぽ生命」が、質量ともにとんでもない不正契約の山を築いていた件で、2019年7月12日付の毎日新聞社説が簡潔にまとめていた。

〈かんぽ生命の不正契約 全ての保険調査が必要だ〉

〈「郵便局なら安心」と考えた顧客は裏切られた思いだろう。日本郵政傘下のかんぽ生命保険と日本郵便が顧客に不利益を与えた不正契約が9万件超にのぼることが判明した。

 保険の乗り換え時に保険料を二重取りしたり、経済合理

もっとみる

かんぽ生命問題にひそむ闇

こんばんは。

会計事務所で働いていますおどりーまんです。

先日、電車の中で美人なお姉さんがいて僕は眠かったこともあり無意識のうちにガン見し続けてしまったのですが、

そのあと思いっきり目が合ってしまい背筋が凍りました。

美しいものにひかれてしまうのはなんなんでしょうね。生命の神秘。

それではスタートです。

かんぽ生命問題ってなんだ?

かんぽ生命の不正販売がニュースになっていましたが、何

もっとみる