バリアージ

舞踊家が能楽師に聞く能の本質:能とはあらゆる人を癒すもの

バリアージ舞踊団創設15周年記念公演「道」(2019年10月12-13日@さいたま芸術劇場→台風のため延期)の開催に向けて、バリアージ主宰の舞踊家Chie NoriedaとChieが師事する能楽師で観世流(梅若)シテ方の井上和幸氏が能について語り合いました。(企画・文章 山崎繭加)

削ぎ落とした先にある能

Chie Norieda:3歳から20代まではずっと西洋の舞踊(洋舞)を踊っていました。

もっとみる

医師と舞踊家が語る道、人の身体と心、死、西洋と東洋、アートと芸能、そしてこれからの世界(後編)

バリアージ舞踊団創設15周年記念公演「道」(2019年10月12-13日@さいたま芸術劇場)の開催に向けて、バリアージ主宰の舞踊家Chie Noriedaと東大病院医師の稲葉俊郎氏が「道」について、人の身体と心について、死について、アートと芸能について、そしてこれからの世界について語り合いました。(企画・文章 山崎繭加)

前編はこちらから

アートは人間の再教育

稲葉:子どもが2歳なのですが、

もっとみる

医師と舞踊家が語る道、人の身体と心、死、西洋と東洋、アートと芸能、そしてこれからの世界(前編)

バリアージ舞踊団創設15周年記念公演「道」(2019年10月12-13日@さいたま芸術劇場)の開催に向けて、バリアージ主宰の舞踊家Chie Noriedaと東大病院医師の稲葉俊郎氏が「道」について、人の身体と心について、死について、アートと芸能について、そしてこれからの世界について語り合いました。(企画・文章 山崎繭加)

西洋的価値観に対峙する「道」

稲葉俊郎氏:10月のバリアージ舞踊団15周

もっとみる
有難うございます!宜しければシェアもお願いします❤︎

足裏マッサージがいらなくなった?!

「絞るチャレンジ」3か月目も後半(筋肉つける努力を始めて5週間目)の驚きを語らせてほしい。

結局、3回目のファスティングはなしにして、週一ダンスと毎日の自宅でEMS(シックスパッド)&セルフ・リンパマッサージを続けている。食事はガッツリ食べながらも体重は維持している。

今週は連日企業研修の登壇の仕事が続いていた。だから、例によって腰が痛くなって足も浮腫んで、ただでさえはんぺん状のふくらはぎがゾ

もっとみる
感謝です!
8