フォーマットを確立する無料サービスの強さ

今ではあまり聞かなくなったかも知れませんが、
「ただより高いものはない」
という言葉があります。

無料で得られる商品やサービスには必ず裏があって損をするものだから無料だからといって飛びつくべきではない、という戒めの言葉でもあります。

しかし、ITが進歩した現在では、無料で得られるサービスが非常に多くなっています。

Google、Facebookなどが提供しているウェブサービスはその最たるもの

もっとみる

ひまつぶ誌 Vol.08

今週の一言 

久しぶりのZeppTokyoでHYDEさんのライブに来ている。彼は常に今がかっこよく激しい人だ。僕も今までで1番暴れたし叫んだ。彼はつい最近までアメリカツアーをしていて秋にもまたあるらしい。彼を見ていると立ち止まるという概念が無くなるな。年齢は関係ないそう思わせるライブだった。来週はZeppDiverCityで別の人のライブだ。この人もまた走りを止めないと感じる人だ。非常に楽しみで

もっとみる

RushGamingから学ぶフリーミアム

トレードオフと無料

「無料の昼食といったものはどこにもない!」“There is no such thing as a free lunch!”これはトレードオフという概念を意味する言葉の一つである。自分の好きな何かを得るためには、別の何かを手放さなければいけないという意味である。
 これはモノやサービスなどの資源は無限ではない(=資源の希少性)。人は予算や資源の範囲内で取引をする。取引の際、人

もっとみる

クイズ:寿司屋は何で利益を出しているでしょう?

損して得を取れという言葉がありますが、web広告を見ていると最近はそれがよく目につくようになりました。

例えば、スマホアプリなんかもそうですよね。

誰でも無料で遊べるんだけど、よりお金を払えばより有利に進めることができる。お金を払えば広告を消すことができるなんてのも、完全に損して得を取れのスタイルです。

こういうのってフリーミアムとも言われていますよね。

1ヶ月の無料お試しとか、完全無料で

もっとみる
次回は「作業がグングンはかどる仕事術」について書きます♪
5

インターネットテレビ局「AbemaTV」を調べてみる(前編)

こんにちは。matsumotoo(@matsumotoo988)です。

今回は先日累計4,000万ダウンロード(スマホAPP)、週間アクティブユーザー数1,000万突破した「AbemaTV」について観察していこうと思います。まず前編では全体的にみていき、後編では気になったところを深掘りしていきたいと思います。

なぜAbemaTVが気になったのか?

ダウンロード数4,000万すごい!ただ赤字も

もっとみる

サブスクは有りだけど『お金払ってることを忘れさせる』のは逆効果。

月額200円とか300円のサブスクリプションって微妙な金額だ。
そして危ない金額!でもある。

昔、i-modeでボロ儲け(失礼…)したdocomoさんが結果的にやってた(狙ってたわけじゃないけど)手法。顧客はアプリとかサービスを契約したこと(毎月の携帯利用料から引き落とされてること)を忘れてしまうのだwww

AmazonやZOZOの定期便ならモノが届くのでそんなことはないのだが、目に見えないサ

もっとみる

ひまつぶ誌 Vol.03

今週の一言 

今は横浜赤レンガ倉庫で開催されている音楽フェス『グリーンルームフェスティバル』に来ている。複数のステージがあるのは通常のフェスと同じだがここはいくつかのステージは無料で観られるようになっている。都市型フェスなのでついで客も抱えるのが良い。他のフェスも取り入れると良いだろう。当券があったらもっと集客できそうだが敷地が小さいのが難点かな。来週も画期的なフェスに行くので楽しみだ。

今週

もっとみる

『Googleが無くなる!』はかなり正しい…三年以内かな?

ジョージ・ギルダー氏の著作、『グーグルが消える日』が話題だ。
僕もサクっと読んでみた。自分が元々イメージしていたオンライン社会への疑念や今後の未来論と被るところが多く、僕にしてみると久々に全部読んだ。

確かに論点が拡がり過ぎて、結論がでてないところはある。
しかし、これを齢80歳!のエコノミストが書いてしまうところに、
まだまだ米国の面白さがあると思う。

とは言え、難解である。
著者のジョージ

もっとみる

Day22.流行りは共感・シェア?!

世の中にたくさんあるビジネスモデル。
ちょっとまとめてみました。
こんなのあったら便利だろうなって思いつく様なサービスは
世界の誰かが既にビジネスとしてスタートさせてる。
早い者勝ち、やったもん勝ちなのかもしれない!
それにしても、面白いビジネスがたくさんあるね。

✅D2C(Direct to Consumer)

・店舗あるが、販売はしない。(SPAと一番違うところ)
・試着などした上で最後は

もっとみる

共有・共感がビジネス成功チャンスだ!

書名:知識ゼロでも今すぐ使える!
著者:平野敦士カール
出版社:宝島社
発行日:2019年2月8日
読了日:2019年5月16日
ページ数:223ページ

様々なビジネスモデルが80社以上、見開き、簡潔に書かれていて
すごくわかりやすいです!ざっと、色々なビジネスモデルを知るのに最適。
深くはないけれども、浅く広く知る事ができます。

良く考えてみると様々なモデルがある。
これからはさらに革新的な

もっとみる