フルハウス

育休とNETFLIXと私

夫が支払ってくれているおかげで、私は育児の合間にNETFLIXで映画やドラマやアニメを存分に楽しんでいる。娘が寝ている間だけだけれども。フルで働いてた頃には想像できなかった自由と束縛の形。不思議なものである。
 名作といわれている往年の洋画とか。途中の話を見逃したテレビドラマとか。小中学生の頃、地方に住んでいたがゆえに見られなかったテレ東アニメとか。高くて借りられなかったOVAとか(買うという発想

もっとみる

自分がつかまる杭を打ちたい。
思いと共に暗い地元の夜の灯にと、鎌倉から南相馬市に移住した柳美里氏は「本屋フルハウス」を設立した(先日の『あさイチ』)。「人と人、本と本をつなぐ場所」と定め、80の質問を行い適した本を選んで届ける選書サービスも開始。新たな書店の可能性を創出した。

外国語学習は最高の娯楽

久しぶりの更新。

「令和元年は英語を楽しむ!」と決めて、一ヶ月半くらい。ちゃんと続いている。
(noteの更新が滞っているのはそのためである。。)

英語の歌を聞き、登録したNetflixでフルハウスを見て、好きな回は何回も見返してシャドーイング。大好きなアーティストのインタビューをYouTubeで見る。
仕事以外の時間はこんなことばかりしている。楽しい。

海外ドラマは同じ言い回しを何回もする

もっとみる

柳美里さんという「人」の力、それを間近でまざまざと感じ続けた1年半

「なんで麻衣ちゃんは、そんなに柳美里さんに入れ込んでいるの?」
とは、度々聞かれるのです。
ほぼボランティアで、片道60キロ以上をかけて、本屋フルハウスのイベントや青春五月党の公演、クラウドファンディングのサポートと、東奔西走しているからですね。

芥川賞作家・劇作家である柳美里さんが、東日本大震災後に移住した南相馬市の自宅を改装して開いた本屋を私が手伝うことになった理由は、以下のマガジン航の

もっとみる

小説の話。

小学生の頃から、よく小説を読んでいた。と言っても、星の王子さまとか、トム・ソーヤーの冒険とか、そういうのではなくて。漫画化やアニメ化されそうなファンタジー系の小説。文庫本。

 主に図書館で借りて読んでいたのだけれど、好きな作家さんの好きなシリーズは、手元に置きたくて、母からのお小遣いは、大体小説に消えていたと思う。

 カバーの表紙に描かれたキャラクターを想像しながら、文章を読むと、その人たちが

もっとみる

令和になったことだしそろそろ食洗機に罪悪感もつのやめませんか?

こんにちは。ふなやまです。

突然ですが皆さんのお宅には食洗機、ございますか?

我が家は昨年食洗機を購入しました。

それまでは「なくてもいいじゃん」精神で耐え忍んでいたのですが、夫が週の半分いない生活に変わり、パートで燃え尽きた日にありがちな
「子供の寝かしつけで寝落ちして迎えた朝のカオスシンク」の絶望感に耐えられなくなったからです。
(それまでは遅くに帰宅した夫が洗ってくれていた

もっとみる

フルハウスに学ぶ「みんなで育児」

こんにちは。
育児のはじめてを応援するウェブサイト「ママのはじめて」のnoteです。
noteでは本サイトで人気の高い記事や最新の育児プロダクト紹介を更新していきます。

初投稿は初出し2016年ながら未だ人気の高い記事のリライト。
「ママのはじめて」がどんな世界を望み目指しているかを最も表している記事だと思っています。

「フルハウス」って不思議なドラマですよね!?

伝説のファミリードラマ「フ

もっとみる

モリエリさんのチャンスの掴み方とは

3月22日20時になんばである方と待ち合わせをした。

 今回の対談相手はいつも会うたびにベレー帽を被っている印象でチャームポイントみたいなものだろうか。ベレー帽を被る人をあまり見かけない私にとって割と目に留まりやすい存在だった。

 その方が今回の対談相手のモリエリさんである。

・モリエリさんのツイッターはこちらから

 本業はスタイリストでたくさんの方のファッションをコーディネートし、その都

もっとみる

「フルハウス」って、もはや教科書

フルハウスは有名なアメリカのドラマシリーズで、笑いあり涙ありのドタバタファミリーストーリーです。

毎回笑えて感動する話ばかりですが、私が特に大好きなのはシーズン4の8話「ダイエット作戦」というエピソードで、
タナー家の長女DJ(ドナ・ジョーの略、写真右)が、親友のキミー(写真左)のプールパーティーに誘われ、自分の体型に自信の無いDJが、水着を着こなすためにダイエットを決意するというお話です。

もっとみる

靴ひも

海外ドラマを観ている時、小さい女の子が靴ひもを上手に結べずに苛立っていました。あまりにできないので、靴ひものない靴を一生はくと言っておかんむりです。

この様子を観ていて、自分も最初は大変だったと思い出していました。自分が靴ひもを結べるようになった時、大人になったような気がしました。マジックテープのついた靴は、小さな子供がはくものだと友達に言われたような気がします。

おぼろげな記憶の中でこれだけ

もっとみる