アメリカ、IMGテニスアカデミー

世界一とも言われているアメリカのIMGアカデミー。実際長期で滞在したからこそ分かることについて話したいと思います。数週間のキャンパーとして、そして2013-2014の一年間のフルタイマーとしての経験から学んだことやIMGのいいところ悪いところ、行ったことない人にもわかるよう説明していきたいと思います。

生活とスケジュール

僕は2013年の夏1ヶ月のサマーキャンプに参加してそれからフルタイマーに

もっとみる

WDW(ディズニーワールド)#2 マジックバンドの凄さ

ディズニーワールドではマジックバンドという魔法のバンドでアレコレできます。

このマジックバンドという存在が

WDWがTDLと全く違う!

と感じる大きな要素となりました。

このバンドは自分のクレジットカードを登録でき、携帯のアプリと連動していています。

その結果、何ができるかというと、

簡単な時系列で説明します。

ホテルでのチェックイン時 このバンドをもらいます。
色は事前にカスタマイ

もっとみる

17歳でテニスの道を選んだ背景 (2) イギリス留学からテニスの道へ

無謀ともいえる過酷な道を選んだ僕のストーリ、前回の続きです。

中学生に上がり、親の夢でもあった留学を決意しました。
アメリカではなく、ヨーロッパの英語圏の学校に行くことにしました。
日本に、ヨーロッパのいくつかの学校の校長が直接きて、説明会や生徒を集めたりする機会があり、自分は外せない予定があって出席することはできませんでしたが、親が代行で自分の成績表を持って参加してくれました。
スイスの学校

もっとみる

フロリダ旅行記:移動・宿泊編

先日の長期ゴールデンウィーク、
私はフロリダへ行ってきました!

学生時代に半年くらいフロリダのディズニーで働いてたし卒業旅行もフロリダだったので5年ぶりくらいのフロリダ、

超、超、アップデートされてた…!

最後に行ったの本当に2013年だよね?って確認したくらい変わってたー!
(のちのちWiki読んだら2016年に各所大型アップデートがあったって書いてあった)

ということでダラダラと旅行記

もっとみる

プロテニス選手になるまでの過酷な道のり

こんにちは!17歳で本格的にテニスを始め、現在23歳の僕が、どのようにして「プロテニスプレーヤーになる」という決断をするに至ったかを、幼少期きからさかのぼり簡潔に説明します。

自分を知ってもらうためにアピール要素も含んだ書き方をしました。ご了承ください:)

(一番下までスクロールしていただくと簡潔にまとめてあります)

1996年3月11日、双子の長男として生まれました。弟も現在、僕と一緒に同

もっとみる
スキ有難うございます!よろしければシェアもお願いします!:)
14

フロリダでの空き時間

【アメリカ滞在&LIVEツアー2019】

4/13(土)の昼間にタンパでライブをした後、
その日の夜のライブの場所までは2時間ほどと近かったこともあり
しばらくタンパにてのんびりと過ごしていました。

まずはFive Eightのメンバーがタンパに来たら必ず行くという
キューバ料理のお店へ連れてってもらいました。

お店は超満員! 人気店のようです。
リーズナブルでボリューミー。
そして日本人も

もっとみる

4/13 LIVE in フロリダ州 Gainesville

【アメリカ滞在&LIVEツアー2019】

4/13(土)の夜はフロリダ週ゲインズビルの High Dive でライブでした。

この日は、昼間のタンパでのライブに引き続き2ライブ目!
High Diveへの出演は昨年の11月以来の2回目です。

スタッフの方々も覚えててくださって、
到着して 搬入して 物販コーナーにGoodsを広げるなり
New Tシャツを買いに来てくださいました。
感謝です!

もっとみる

4/12 LIVE in フロリダ州 St.Petersburg

【アメリカ滞在&LIVEツアー2019】

4/12(金)はフロリダ州セント・ピーターズバーグのThe Bendsでライブでした。

前日のジョージア州オーガスタでのライブに引き続き、
Five Eightとのツアー2日目です。

前夜はモーテルに到着したのが遅かったために、
就寝したのは朝4時過ぎてたにもかかわらず、
朝食サービスがあるというので8時過ぎに起きて行ってみました!

その時の模様を

もっとみる

「ノブくーん、スペイン語のゲストのアシストをお願いできる?」「OK、やってみる」

僕は「言語」と「シェア」で人生を切り開いてきた。(3)

僕にとっての4つ目の言語スペイン語を勉強し始めたのは、
2013年、僕が21歳の時だった。

念願の米国フロリダのテーマパークで年間就労を始め、
段々と日頃の仕事に慣れた時だった。
アメリカ人のゲストだけではなく、南米からゲストもパークには来るので、
迅速、かつ、丁寧に接客をしたいと、スペイン語の勉強を始めた。

スペイン語は語源がラテン語

もっとみる