【今更ながらに】noteはじめて余裕で半年以上経ったけどまだしてなかった【自己紹介Vol.1】

「好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ」とはよく言ったもので、改めて自己紹介とかしようと思うとクソほど難しいねって感じなんですが、noteのお題にあったのでとりあえず書いてみました。
 むろん、ニートのうちに自己紹介しておきたいとかそういう下心もとてもある。まあ脱ニートできるかわかんないけど。いや、もしかしたら数年間はできるかもしれないけど、最終的な着地点がニートでないとも限らないので。

もっとみる

新しい音楽の学校:『新しい裏方』の仕事 nsom #2

先日から聴講生としてジェイ・コウガミさん、柳樂光隆さん、岡田一男さん、若林恵さんがボードメンバーを務める「新しい音楽の学校」に参加している。音楽業界で働く人々やそれを支える人々を中心に最新の動向を見ながら「課題」を見つけ、「解決策」を考え、時代に沿う「新しい音楽ビジネス」や都市経済のありかた、エコシステムを考えていこうというのが講義の全体の趣旨である。

今回はジェイ・コウガミさんの第1回「『新し

もっとみる

第27号『スパイダーダーマン ファーフロムホームの話をしよう』

エンドゲームより8ヶ月後の世界を描いた今作。感覚的にはフェーズ4へ移るまでの幕間の3.5といった感じでしょうか。消えた人達は戻ってきた、その代償として失ったものも余りに多い。数年たっても消えない爪痕は、時にピーターの心を苛み、影を落とします。なら映画は暗い話なの?と問われれば断じてノープログレム!とりあえず予告だけでも見てほしい。そして本編見た人はそのまま読んでもらえれば嬉しいです。

思春期真っ

もっとみる

アベンジャーズな日々

本日も更新しまっす!

2ヶ月程前、映画館でアベンジャーズ・エンドゲームを観ました。

が、マーベル作品は1本も観た事無く、10年続いたシリーズの最終回を先に観るという始末ww

しかし、予想以上に面白さもあり、感動もあり、これは全部観るべきだと2ヶ月程かけてシリーズを全部観ました。

そして、つい最近2回目のエンドゲームを観てきましたw

アクションシーンが苦手な人でも、ストーリーのスケールの大

もっとみる

映画『ブラックパンサー』から学ぶ、日本人が目指すべき英語

あなたは『ブラックパンサー』という映画をご存知ですか?

ブラックパンサーは2018年に公開されたいわゆる

マーベル系ヒーローものの映画です。

私はこの映画から、英語学習者に伝えたいメッセージがあるので記事にしました。

この映画は、私たち日本人の英語に対するステレオタイプを壊し

新たな視点をもたらしてくれるだろうと思います。

日本人の英語学習者の成長を妨げるのが

いわゆる『アメリカ英語

もっとみる

混迷の時代、僕たちは映画に「希望」を託した

【『グリーンブック』/ピーター・ファレリー監督】

「多様性」が尊ばれる時代。

黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の心の交流を描いた『グリーンブック』は、本年度アカデミー賞において、見事に作品賞を受賞した。

しかしもちろん、今回のノミネート作品の中で、差別や偏見をテーマとした映画は、今作だけではなかった。

たとえば、"漆黒のヒーロー"の活躍を描いた『ブラックパンサー』

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
18

Avengers End Game 初日に見てきた!!!

ネタバレと表記していたら
感想喋ってもいいかなって思ったけど
監督の強い思いがあることを知ったので消しちゃった!

劇場で体験しよう!!!!!
間違いねえ!!!!!!!!
スゲーエンタテイメントじゃ!!!!!

とりあえずもうずっと好きなので これでいったん、と思うとマジでツライ!
なんか見終わった後より しばらくたった今のが ロスってる.....

めちゃくちゃ楽しかったし笑って泣いて最高だった

もっとみる

ブラックパンサー

ようやく見ました!

マーベル作品のうちの1つ

ブラックパンサー

アフリカの国の王様がブラックパンサーになって
活躍する話っていうのは聞いていました。

みてみると、部族ごとの衣装や煌びやかな装飾品などに目を奪われて
正直ストーリーはあまり入ってこなかったっていう。

ただ、ワカンダという国が世界中でこういう立ち位置なんだなというのは伝わって

今後アベンジャーズの戦いの中でも必須になっていく

もっとみる

ブラック・クランズマン

アフリカ系黒人とユダヤ系の刑事がKKK(クー・クラックス・クラン 白人至上主義団体)に潜入捜査を行うというマンガの様な実話をほんとにマンガの様に描いたスパイク・リー監督のブラック・コメディ「ブラック・クランズマン」の感想です。

一昨年公開されたジョーダン・ピール監督(今回の「ブラック・クランズマン」では製作で参加してますね。)の「ゲット・アウト」、差別される側の恐怖をホラーとして描いた傑作で、コ

もっとみる

マーベル怒りのフォトンブラスト

先日、『キャプテン・マーベル』を観てきました。ツイッターでは沢山の絶賛の声が上がり、『エンドゲーム』の前座ということで絶対面白いんだろうなと期待して映画館に足を運んだんですが、

・・・なんというか、すげー微妙。

僕は一昨年の夏の『スパイダーマン ホームカミング』から『アントマンアンドワスプ』までMCU作品は全部観たんですが、その中でもブッチ切りに微妙でした。
いや面白かったんですよ?キャプテン

もっとみる