呼吸をするように忘れていくぜ

今日は4つ忘れ物をした。

明日大切な仕事があるのだが、そのための荷物を家から持ってくるのを壮絶に忘れた。ほんとこまったやつだ。

これはほんとめっちゃ焦って、我が家の人にもいろいろと手間をかけてしまったのだが、もうどうしようもないので、とりあえず東京で現地調達できないかと思ってお願いをしたらすぐに助けてくれる人が見つかって、夜に取りにいくことが出来て、明日の仕事は事無きを得そうである。ヒヤヒヤ。

もっとみる

機材note:Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS Ai-S

コシナのフォクトレンダーブランドのマニュアル単焦点レンズ、NOKTON 58mm F1.4 SL IIS Ai-Sで撮影した写真を載せていきます。
(2019年7月15日更新)

(写真は随時追加していきます)

COSINA
Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS Ai-S
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/sl

もっとみる

他人の恥をそそげる人を一発で信用する

関西、とくに大阪にはボケとツッコミの文化がある。

生まれも育ちも大阪の自分は、これ間違いないと思ってる。地元での会話もそうといえばそうだけど、テレビはトーク番組ばかり。とくに土日は朝から夜までどこかしらかの地元局でお笑い芸人やタレントが喋る。子どもの時分には、吉本新喜劇のような演芸スタイルでないとなかなか楽しめかったりしていたが、大人になるにつれてテレビ話芸が惚れ惚れするほどおもしろい。

そん

もっとみる

関西魂

その日も、娘と公園のブランコで遊んでいた。
早めに保育園へお迎えに行けると決まって公園へ立ち寄り、ブランコで遊ぶ。
ブランコは、娘が一番大好きな遊具だ。
私もたまに一緒にやってみるが、三半規管が衰えたのか、すぐに気持ち悪くなってしまう。子供の頃は、娘と同じくブランコが一番好きだったのに、歳には逆らえない。そんなわけで私は専ら、娘の背中を押してやるのが役目だ。

娘が乗ったブランコを高く持ち上げて手

もっとみる

告別式【静寂の空間で、きしゃぽっぽー】

祖母が亡くなりまして、昨日告別式でした。

祖母はおおらかな人で、いたずらをしても怒らないし、いつも明るく、おもしろおかしく笑っている。そんな人でした。

物悲しいBGMがかかる中、棺の中で安らかな表情で目を瞑るおばあちゃん。

告別式がはじまる。

2人ずつ前に出て

参列者に一礼
祖母に一礼
お焼香
合掌
祖母に一礼
参列者に一礼

そんな流れが繰り返される

シーンとしていて物悲しい雰囲気だ

もっとみる

今回は、変化とは今まであったものを失うのではなく、新しく何かを得る事 
ということをお伝えいたします。
3分51秒の音声です。音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

**文章はここからです***
おはようございます。山田ゆりです。
今回は、変化とは今まであったものを失うのではなく、新しく何かを得る事
ということをお伝えいたします。

私はアルツハイマー型認知症の母の介護を10年間いたしました。

もっとみる

ボケ倒したい。

人間の8割はボケらしい。

これは脳の器質的変化の話ではなく、お笑いにおける「ボケ・ツッコミ」の話である。
世の中の人というものは、得てしてボケたがる傾向にある。ボケることによってツッコミを待ち、笑いを待つ。ボケるのは心地がよいのだ。スベったときの被害も、ツッコミに比べると軽傷で済む。ツッコミで事故ってるのが一番しんどい気がする。その点ボケは安全だ。いくら自分が滑りに滑っても、周りに優秀なツッコミ

もっとみる

ボケの供養

この世には、悲しくもツッコまれなかったボケがたくさんある。

先日、友人達と話していて、「テニス」の話題になった。
どうやら友人Aと友人Bは、両者とも高校生の頃にテニス部に所属していたらしい。
その話題を受けて、友人Aが友人Bに最後にひとこと。

「お互い元テニス部というコトで、これからもトークのスマッシュを打ち合っていこう。」

その場は、「上手いこと言ってんじゃないよ」的な空気でひと笑いが起こ

もっとみる

電車の使い分け

奥さんが四国出身ということもあり、私が若い頃初めて高知県へ旅行に行った時の話です。

駅があり、改札があり、きっぷを買って入場する。その先でのる乗り物はもちろん電車である。
「良い雰囲気の電車だね」なんて二人きりの車内でロマンチックなアバンチュールを満喫している私に当時の妻はこう言った。
「でんしゃ? これはきしゃと呼ぶんじゃ」

東京生まれの東京育ち、中央線が世界の中心であるかのように育った私に

もっとみる

分業社会が脳に与える弊害②

みなさんこんにちは!

たぬさんです。

このnoteでは脳科学に基づいて

・自分を成長させる
・人間関係の悩みを解決する

方法などをお伝えしています。

------------------------------------------

前回の記事の中では

分業化して脳の特定の分野しか

使わなくなるコトで

若くても脳がボケる可能性があることを

お伝えしました。

では、それを防ぐ

もっとみる