「バス」

最近、田舎でバスに乗った。市街地から過疎地への路線。
週末の20時頃。JRの駅で電車から降りてから20分ほど待った。最終便だった。電車もバスも1時間に一本。それなら時間を合わせたらいいのに。
乗客は私だけだった。都会では乗車時に払うことが多いが、田舎では降りるときに払うことが多い。距離で料金が違うからだろうか。
バスは時間通りに運行していく。途中、時間調整のために私鉄の駅で少しの間止まっている時間

もっとみる

そう、そして今日は満月です

こんばんは。
今日は満月でしたね。
月の満ち欠けは自然界と密接に関わっています。

満月に近づくとき、水は月の引力によって引き上げられ、あらゆる生体エネルギーは活性化するそうです。

なのでこの時期に種撒きを行うと、成長スピードが早まるのだそう。

東京時代に通っていた自然農法スクールでも、満月を迎える前に野菜の種まきを行いました。

さて、こちら、私の村周辺では先週から一気に田んぼに水が張られ、

もっとみる

親米保守という病

普通の国での2大対立軸は?

グローバリゼーション

ローカリゼーション
です。

アメリカを代表する、グローバリゼーション(改革と文化侵略)の波が、ローカルな文化を大切にする世界に襲いかかってくるイメージ

経済成長優先、自由競争主義、原発、王室否定、親米がセットで、

自然保護、農業保護、国歌斉唱、国旗掲揚、自主自立、民族自決、王室崇拝、民族意識高揚、反米がセットです。これが普通の国の民族派

もっとみる
ありがとうございます
3

パズルのようにカスタマイズするUI翻訳

翻訳をチェックして、プロダクトの日本語UIとして世に出す仕事をしています。プロセス上、自分がチェックした内容ついて、変更前と変更後の日本語、変更した場合はその理由を記録に残しています。月ごとにその評価が数値化されて、翻訳ベンダーから共有されます。ときどき、「この変更はトランスクリエーション」というフィードバックがあります。ああ、そうですか。。

翻訳 vs トランスクリエーション

私自身、トラン

もっとみる

郡上踊りあれこれ

小さい頃から郡上踊りしか知らなかった私は、

日本の盆踊り=ブルースだと思っていました。

でも!今年初めて白鳥踊りに行ってその思い込みは吹き飛ばされました。

近いのに全然違う。

郡上踊りがブルースなら、白鳥踊りはクラブ。

冬にパワーを貯めた老若男女の表現の場。

私は歴史も歌の内容も知らないので

勿論個人の感想です。

でも、とにかく八幡は切なさがあって。

ヤッチク踊りながら、

もっとみる

田舎への移住【岐阜県郡上市、石徹白】

私は岐阜県郡上市の中でも本当に山奥に住んでいます。

それはそれは豊かな水と自然の美しい所です。

移住者も増えて来たり、

移住者促進のイベントも盛んに行われていて

秘境ですが、先鋭的な取り組みがされていることに私はわくわくしています。

私は10年東京に住んだ後

一応2016年の秋から郡上市に移住したことにしているけど

移住という感覚はほとんどありません。

それは父の実家で、

おじい

もっとみる

日本語スタイルガイドはいらない!?

フリーランス翻訳者から、また企業内のローカライズ担当に戻ることになり、今後いろいろとやらなければならない「スタイルガイド」について書きます。ここで言う、スタイルガイドとは、日本語を書くときの表記規則のことです。

ローカライズにおいては、多くの企業が独自の日本語スタイルガイドを用意しています。企業ごとに大きく異なる点のひとつに、カタカナ複合語(複数の英単語をカタカナ読みする場合)の表記方法がありま

もっとみる

翻訳会社に気づいてほしいこと(3)

読んだ人を動かす文を想像する

B2Cで翻訳する英語の文章には、それぞれに書かれた目的があります。いわゆる、ビジネス側の都合です。ビジネスなので、単なる「読み物」として楽しんでもらうための文章は皆無だと思います。たとえば、新規登録してもらう、新しい機能を知ってもらう、とにかく使ってもらう、シェアしてもらう、動画を見てもらう、広告を見てもらう、購入してもらう、などなど。

これを知ることで、翻訳する

もっとみる

翻訳会社に気づいてほしいこと(2)

前回のブログで「All we need is きちんとした日本語」と言ったわりには、どうすればいいのか書かなかったので、つい先日、某ローカライズ企業の方に伝えたことを思い出して書きます。

きちんとした日本語を書くにはどうすればいい?(校正、校正、校正)

・日本語を校正する
英語は見なくていいです。日本語だけ読んで、不自然だったらなおします。もちろん、この工程の前に、英語と日本語を突き合わせてチ

もっとみる