翻訳者

もう「苦手なこと」を頑張るのはやめる

今週末は関東地方を中心にスーパー台風が吹き荒れました。電車も動かず、近隣の店舗も朝から全ておやすみ。全ての予定をキャンセルし、家族でニュースを見ながらひたすら家ごもりの一日となりました。

ぐんぐんと下がっていく気圧に、私は耐えきれないような頭痛と目眩とひどい眠気に襲われ、ぶっ倒れていました。その間、子どもたちはテレビとゲームと漫画とYouTube三昧。まあいつものことです。最近は私が常にスケジュ

もっとみる
I appreciate it!
31

プロジェクト成立の御礼

※本エントリーは、サウザンブックス社の『kids like US』翻訳出版プロジェクトの活動報告から転載しております。なお、プロジェクトは9月1日未明に目標金額に達成し、翻訳出版が決定いたしました。

--------------------------------------------------

発起人・林真紀よりプロジェクト成立のお礼メッセージです。

 3ヶ月の間、ご支援と応援、本当に

もっとみる
I appreciate it!
3

現在、「ハロワカ?」では、
【在宅】の【翻訳者・通訳者・チェッカー・翻訳校正者】の
求人情報を掲載している企業HPを✨140件以上✨ご紹介。

希少言語や翻訳会社"以外”の募集情報も掲載しています。

🔻募集企業を見つけるならこちら
http://www.harowaka.com/translator/interpreter

ありがとうございます☆

白いあぶく(エッセイ)_20190804小倉記念

冷房を切り窓を全開にすると、ムッとした熱気が顔をなでた。
スーパーやコンビニのレジ袋であふれかえった乱雑な部屋を掃除しはじめる。
まるで高度経済成長期の汚染された多摩川に浮かぶ白いあぶくのようだ。

<貯めるのは 二千万より レジ袋>

こういう思いで、俺の部屋はレジ袋がポコポコと増殖し続けていた。
掃除が苦手な俺は、今しかないと思い立った。きっかけとなったのは、楽天が片づけコンサルタントのこんま

もっとみる
谢谢! 次回をお楽しみに!
57

いつもと違う区画に立ってみたら    ~特許翻訳者が、映像字幕翻訳ワークショップを受けてみて~

「翻訳の仕事をしている」と言うと、本屋さんにドーンと平積みされているような書籍を翻訳している人、と思われることがある。

「どんな本を訳したん?本のタイトル教えて!本屋さんに行ったら見てみるわ。」と言われたこともある。

翻訳者 = 文芸翻訳家、の図式が世の中に浸透しているのだろう。

翻訳業界は、①文芸翻訳、②映像翻訳、③実務翻訳の3つに分けられる。『翻訳』という同じ名前の畑でも、それぞれの区画

もっとみる
スキだなんて、照れる・・・
19

です・ます調?だ・である調?

noteではです・ます調で丁寧にいこうとおもったものの、どうしても慣れないので断念。
よく考えれば、これまでの訳書も6冊中5冊がだ・である調だった。

先日、その6冊の訳書のうち1冊が増刷がかかる見込みがあるとのことで、今のうちから初版を見直しておいてくださいとのお達しがあった。
芸能人でも自分の出演番組や作品をオンエア・公開後見る人と見ない人がいると聞くので、出版翻訳者や著者、ライターにも、出来

もっとみる
6

辞書で寄り道回り道

翻訳者にとって、必須アイテムの1つである辞書。

「プロの翻訳者なら、単語は全部頭の中に入ってて、辞書は使わへんのやろ?」と誤解される。いやいや、何をおっしゃいますやら。「辞書は絶対に必要やし、よう使うでー」と答えると、「え?!そうなん?」と驚かれる。

そうやねん。

辞書がないと、翻訳者は仕事にはなりませぬ。漁師さんにとっての網のようなもの、と言えば分かってもらえるだろうか。無防備な素手では、

もっとみる
明日もピカピカの1日になりますように🍀
27

九份で一番お勧めの茶芸館

九份には伝統的な茶芸館(ちゃげいかん)が軒を連ねます。茶芸館というのは、台湾茶が飲めるお茶屋さんのことです。店員さんが台湾茶の入れ方を解説をしながら目の前で伝統的な作法に従いお茶を淹れてくれて、お客さんがゆっくりお茶を飲みながらくつろげる空間です。

さて、僕の大好きな九份にも茶芸館がたくさんあります。初めの頃は、ガイドブックに掲載されている有名店や通りすがりの茶芸館に行っていたのですが、ある日、

もっとみる
謝謝!フォローありがとうございます(╹◡╹)
11

カトリーヌ・ムリス作『わたしが「軽さ」を取り戻すまで』。訳者:大西愛子先生によるご紹介

今年(2019年)1月に刊行した、カトリーヌ・ムリス作『わたしが「軽さ」を取り戻すまで』。

 『毎日新聞』や『週刊新潮』などで書評が掲載されるなど、反響が広がっています。本作を訳された大西愛子先生より、ご紹介文をいただきました!詳しいお話は4月18日(木)開催のアンスティチュ・フランセ飯田橋メディアテークでのイベントでもお聞きできると思います(要予約・詳細は以下のリンクからお確かめください)。

もっとみる

外国語を学ぶということ

私は日本語、ドイツ語、フランス語、英語が一応話せる。

そして今、韓国語を勉強している。

外国語を学ぶ一番の良い方法は?とよく聞かれることがある。

しかし。

私はそれにうまい答えを見つけることができない。

なぜなら、英語は3才頃から英語の学校に日本語の学校に行っていたし、

日本の学校で英語を勉強したという記憶はほとんどない。

フランス語はカナダに住んでいた経験があるので、流暢とまでは行

もっとみる
ありがとうございます!
4