【宅建試験対策】宅建業法_媒介契約書、35条・37条書面

こんばんは。台風の為、今日は終日引きこもりだった麦茶です。
近所のスーパー・コンビニ等が一斉に閉店することって本当にあるんですね。。
極力大きな被害を出さず過ぎ去ってほしいものです。

さて、例によってしばらくは宅建試験に関する記事を中心に投稿させていただきたいと思います。
※前回記事です↓

前回予告でお伝えした通り、媒介契約書の数値等に関する虫食いと、35条・37条書面の比較表を掲載させていた

もっとみる

実際に会った人ではお客様の前ではとてもニコニコしていますが、銀行にとても高圧的だったり、裏でお客さんの悪口を言っている人など、

後は知識や経験が無いだけでなく、やる気も無さそうな人、、、

そんな人に一生で一番大きな買い物を紹介されたく無いですよね?

住宅ローンの審査などをしていてお客様や仲介業者と話す機会が多々あるのですが、

その中で感じたことは家を買うときの業者選びがとても大事だなと思いました、

親切な業者さんもいますが中にはこんな人から家を紹介されたく無いと思う業者さんもたくさん見てきました。

東急リバブルが仲介手数料返還訴訟で敗訴

東急リバブルが仲介手数料を取り過ぎていると借主から訴えられた裁判で、東京地裁(大嶋洋志裁判長)は2019年8月7日付で借主の請求を認めた。借主は東急リバブルの仲介で賃貸住宅を借りた際に家賃1カ月分の仲介手数料を支払った。その後、借主は原則は賃料0.5カ月分と主張して、手数料の一部返還を求めた。

居住用建物の賃貸仲介の手数料は依頼者の承諾があれば、賃料1ヶ月分を受け取ることができるが、貸主と借主の

もっとみる

不動産仲介会社が空き家の仲介に積極的になるために

本日9月2日まで日経で、空き家問題についての連続コラムが掲載されていた。コラム中にも指摘があるが、空き家が空き家として放置されるのは、不動産仲介会社の消極姿勢もあるだろう。典型的には、空き家は価格が安く、価格を基礎に仲介手数料が決められるので、仲介会社の収入は少ない。また、空き家が地方にあっても、相続により取得した所有者は都市に住んでおり、しかも相続人の数だけ所有者が分散されていたりする。そのため

もっとみる
4

【不動産売却】依頼される仲介業者の立場で想像してみる大切さ

一般媒介ではお金がかけられない

不動産を売却するには、仲介業者に依頼するでしょう。

その仲介業者と締結する契約を「媒介契約」といいます。

媒介契約には次の三つがあります。

一般媒介契約:複数の不動産仲介業者へ依頼ができること。売主自身が自分で買い手を探すこともできる。

専任媒介契約:一社の不動産仲介業者へ依頼すること。売主自身が自分で買い手を探すこともできる。

専属専任媒介契約:一社の

もっとみる
頑張って書いた甲斐がありました!
3

【マンション売却】買取再販業者に売却するメリットとは?!

買取再販業者へ売却するメリット

買取再販業者とは、自ら中古マンションを購入し、リフォームやリノベーションを済ませて売りに出す不動産業者のこと。

マンションを売る場合、買取再販業者に買ってもらうときは、次の理由が多いです。

・すぐに売却したい
・すぐに現金化したい
・リスクなく売却したい
・現状のまま売却したい

個人に買ってもらう場合は、融資を受ける方がほとんどなので、それまで1ヵ月~2ヵ月

もっとみる
記事のご要望もお待ちしております!
1

【マンション売却】それぞれの仲介業者の違い

【売却】仲介業者の違いを一覧表にしてみた

大手の不動産仲介業者、地元の不動産仲介業者、そして私の会社の違いを一覧表にしてみました。

一般の人でこれを理解している方はおりません。

ちょっとでも覚えておくと今後の不動産取引で非常に役立つと思います。

私が売却時にやる5つのこと

①ネットへ掲載

不動産ポータルサイト(SUUMOやHOME’S等)へ売却物件を掲載します。大手の仲介業者もやります

もっとみる
ありがとうございます!
1

【不動産売却】仲介手数料無料の仲介業者は危険!

仲介手数料を貰わないで成り立っている仕組みとは?

不動産を売却しようとネットを見ると、「仲介手数料無料」と謳っている不動産仲介業者があります。

不思議だと思ったことはありませんか?

どこから収益を上げているのだろうか?

無料で会社を存続させることができるのだろうか?

その疑問に今回はちゃんと答えます。

結論から言いますと、その不動産仲介業者は「不動産を売りたい」という売主から仲介手数料

もっとみる
励みになります!
3

不動産売買の成否は何をどれだけやったかで決まる!

営業マンの行動量の実態!

結論から伝えますと、不動産売買の成否は依頼した営業マンの能力によって決まります。

営業マンが勤める不動産会社の知名度や認知度は、不動産売買に関しては関係ありません。

不動産業界に限ったことではありませんが、

目の前にある仕事で高い成果を出すには、考えられる方法をすべて徹底的に行うこと

です。

精神論ではなく、事実として伝えております。

結果を求めるとき、あな

もっとみる
シェアもお願いします!
5