#タクシードライバーは見た「中国人観光客の暗号」

中国人観光客のお客様は、団体で乗ってくるとマシンガンのようにトークが炸裂する。
その様は、中国語を一切聞き取れない僕にとって暗号のよう。

「ウォ、ブシ、ファン、カイ、ツァイ、ハ、チャオピ」
「フォイ、イィー、ウェイ、ハイ、メイ」
「ウォデ、イン、ジン、ブ、ラ、マ」
「タ、ブ、フゥイ、フゥ、ラン」

これらが飛び交うと、もう何が何だか分からない。
中国語を聞き取れる人が聞いたら会話が成立しているの

もっとみる
今この瞬間から、あなたはタクシーが大好きになる。
5

中国人観光客が多すぎる😩

今日の午前中は東山ツアー。知恩院、円山公園、ねねの道のあたり、ざっと1,000人くらいとすれ違って93%くらいが中国人観光客。多すぎです。

右を見ても左を見ても中国人観光客。角を曲がっても違うグループの中国人観光客があふれでてくる。各所でゲストに説明をするのだけど、声がかき消されるほどの大声の会話。神社仏閣、人が住んでいるエリアですからね💢

私は今日フランスからのゲストを案内していたのだけど

もっとみる

中国最大手旅行SNS「馬蜂窩(マーフォンウォー)」を使ってみた!

今年の10月も一人で沖縄に行って海の見えるコンドミニアム泊まって、
お庭で一人BBQして、読書して、走って、ぼーっとしようかなと。
「こんなことを考えてるねん、ええやろ!」って得意げに女性に言ったら
さらっと「えーめっちゃきもい」と言われた大森です。

さて、今回は中国最大手の旅行SNSメディア「馬蜂窩」について書きます。
「馬蜂窩」は、中国語で马蜂窝、英語でmafengwoです。
ここでは「馬蜂

もっとみる
まいどおおきに〜これからもよろしくお願いします!!
6

2019年クルーズ船予定表

はい。Maple Leafです。
梅雨も明け6月も本日で終わり、明日7月から本格的に夏が始まります。旅行客も増えますので、宮古島のクルーズ船がどの日程で入ってくるのか確認した方がいいと思います。

確認方法は宮古島市HPにあります。変更があれば随時更新されますので、こまめにチェックする事をお勧めします。

宮古島市HPトップ>市の組織>市長部局>建設部>港湾課>2019年クルーズ船予定表 
この順

もっとみる

注意しても話を聞かない結果

はい。Maple Leafです。
今週の宮古島は月、火、水、土、日と週5でクルーズ船が入港しますが、本日入港の観光客の一人が前浜ビーチの船を出す側で足を滑らせ、とっさに手をついて踏ん張った結果、手首を骨折し救急車を呼ぶ羽目になりました。

私達家族が宮古島に帰ってきて今月の29日でちょうど3か月になりますが、この3か月で救急車に運ばれる観光客は3人目です。毎回ガイドの度に注意していますが、必ずビー

もっとみる

中国人富裕層がクルーズ船に乗る理由

はい。Maple Leafです。
今回は宮古島に入港するクルーズ船事情を引き続き紹介したいと思います。
前回の記事は以下をチェック

現在、毎週水曜日に入港するワールドドリーム号では乗客数3000人〜3500人で、この中の1割が小金持ちや富裕層になります。ほとんどの富裕層は船から降りず、免税にも興味がなく、宮古島の観光もしません。
この富裕層は何を目的にクルーズ船に乗るのかと言うと、クルーズ船の中

もっとみる

マネーゲームに使われる宮古島

はい。Maple Leafです。
前回は1200人でぱいながまを占領した中国人観光客についてお話ししましたが、今回も引き続きクルーズ船で来島する中国人観光客について紹介したいと思います。前回の記事は以下をチェックお願いします。

中国人に騙される中国人

宮古島に入港するクルーズ船には免税店で買い物を目的としたチャーター便が存在します。往復で大体4泊5日〜5泊6日で旅費は日本円にして20000円〜

もっとみる

中国に住み経験したからこそ伝えたい事

はい。Maple Leafです。
宮古島の水曜日の後継として定着している大型クルーズ船ですが、本日の来島客は今までにない光景だったと思います。
・2015年 13回
・2016年 72回
・2017年 130回
・2018年 143回
・2019年 183回(予定)
2015年から始まったクルーズ船ですが、入港回数はこんな感じです。
本日は3400人のうち1200人が社員旅行でぱいながまビーチを占

もっとみる

時代に追いついていない考え方

はい。Maple Leafです。
7月19日から始まる香港便を目前にして、クルーズ船の受け入れ開始から既に3年以上が経ったので準備万端だろうと思っていましたが、まだまだ受け入れ態勢ができていない宮古島を感じる今日この頃です。

そんな中で私個人的な感想ですが、宮古島に戻り2ヶ月ちょっとが経ちましたが、50代以上の方々と話すと現金主義の方が多く、クレジットカードや電子決算の手数料を払うのが勿体無い。

もっとみる