「契約の落とし穴」(2019/11/20)

こんにちは。コンサルタント&ビジネスプロデューサーの新井庸志です。

今日のテーマはこちらです。

1.  「契約の落とし穴」 2.「今日の仕事」

1.「契約の落とし穴」

今日のテーマは「契約の落とし穴」です。

コンサルにはプロジェクト型と顧問型の私の多くの場合、年間契約で、一年ごとに契約を見直します。少なくとも1年間という視点に立って仕事ができるので、短期的な視点にとらわれることもありませ

もっとみる

ネゴシエーション

交渉術のことを、ネゴシエーションって言います。
論点と意見で会話を進めていきます。
お互いがWin-Winの関係になるように会話することがネゴシエーションです。
Win-Loseは、ネゴシエーションって言いません。いじめです。
Lose-Loseは、意味ない。

1. 土地の売買のネゴシエーション例

Aさんは、土地を100万円で買いたいが、900万円より安く買いたい。
Bさんは、土地を1000万

もっとみる

キツイから10円まけてくれ

そういう世界に生きてるんだなと改めて思った。

コストに関して軽く考えてるわけじゃない。

基本、お互い様の精神はビジネスにおいて必要な事だろうと思っている。

ただ、受注してからの値上げは相手に対してアンフェアかもしれないが、条件提示を飲んだ後の値下げ要求はありなのか?

工場は言い値でやってくれるとでも思っいるのか?

もちろん、言い方や交渉の条件次第というところはあるが、

「下請けは俺たち

もっとみる
このあと3時間の占い・・・中吉!!
6

【20191119】寝る前に、その日あった楽しいことを3つ書き出すと幸せになれる

1.よく飲みよく遊びよく仕事をする先輩

飲み会ではハイボールをガツンガツンと飲み、休みの日はジムに行ったり旅行にいったり。
後輩への気配りも1番細やかで、今日は朝4時から搬入の仕事をして夜はまた会合に行っていた。
どこを切り取ってもとにかく全力だ。こういう人を僕は尊敬するのだと思った。

2.妻が2連休だった

週休1日と2日では、明らかに妻の明るさや身体の軽さが違う。
僕もきっとそうだ。はやく

もっとみる

ライフハック:賃貸お部屋探しの交渉

前回に続き、今回のライフハックもお部屋探しについてのことを書きたいと思う。今回のテーマは「家賃交渉」だ。

 〇

 ではまず。「交渉」とはどういったものだろうか。辞書的意味だと「相手側と話合いをして、取り決めようとすること」となる。「かけあって話をまとめる」でもいい。要は事柄の決着をつけることを、大雑把に交渉と言う。

 しかし日常的には「出来るだけ自分側に有利な取り決めをする」が交渉の意味合い

もっとみる

承認しあって、違うことをした方が良い。

1. 違うことをする。

同じものを、みんなが作るより、違うものを、みんながそれぞれ作った方が、数字上、良い結果、良い生産性になります。
お互いに承認しあって、良いものをそれぞれが頑張っている方が、実は良い結果になるんです。
スピードが求められる時は、同じことをやった方が良いです。
生産性が求められる時は、違うことをやった方が良いです。

例えば、道路を作ろうとしたときに、

2人が同じ道路を作っ

もっとみる

社員20万人を超える老舗メーカーのエンジニアが少数精鋭の新規事業コンサルに弟子入りした記録06〜大企業の新規事業の進め方〜

インターン6日目! Filamentさんがコンサルティングを行っている某企業様の新規事業チームのオンラインメンタリングに参加させてもらったので、そこで得た学びについて書きたいとおもいます!

1. 泥臭く『こじつける』

大企業の中で新規事業を進めるためには、どうしても上の人を説得しなければならなくタイミングがあります。私も大企業の中で新規事業を進めいる中でいつもぶつかる壁です。メンタリングを参加

もっとみる
嬉しいです!
14

伝え方って、難しい

「うーん、それは言わない方がいいようになりたいの?」
「そんなことない、言わないで飲み込むのは違うし」
終電間際の都心のカフェで、そんなことを曖昧に話し続ける。
おかしいと思うことはおかしいと声を即座に挙げてしまう彼はコミュニケーションに自信を持っていて、普段そんな台詞を聞くことはあまりない。
ただ、たまに出てくるエピソードに、わざと煽る言い方をしてしまったとか、穏便に進めるためのクッションがおけ

もっとみる
スキありがとうございます、嬉しいです!
23

デザインが通らない理由

一部の人間だけでデザインを進めて、

それを後から経営陣にプレゼンしたら何か言われるのは実は当然のことなんです。

例えば、

グループで旅行中に、自分抜きで「お昼ここに決めたから」とか言われたらちょっとイヤですよね。

そういった「裏工作感」が、どうしてもデザインには付きまとう。

それをいかに隠せるかが、心地よくデザインを進めるかのポイントになってくるのだと思います。

裏工作感をなくす方法1

もっとみる

交渉における大原則

交渉における大原則

・余計なことは一切言ってはならない。
・事実のみを口にしなければいけない。
・感想、主観を口に出してはいけない。

客観的にみて絶対勝てる交渉なら、いらぬことで挙げ足をとられ弱みを握られないためにも、余計なことは何一つとして言ってはいけない。事実のみをシンプルに伝えるべきである。

相手は苛立ってくるだろう。相手が怒りの感情を見せ始めたら勝ったも同然である。焦ってはいけない。

もっとみる
ありがとうございます。今日からは全力で生きる!
5