八戸市

青森観光レポート

今回は青森県を二泊三日で旅行してきたのでタイムスケジュールとレビューをまとめます。

青森に興味がある人、検討しようと思っている人には役にたつと思います。

それではどうぞ宜しくお願いします。

もっとみる
ありがとうございます!僕もそんなあなたが好きです!
3

ポップがTwitterで人気爆発! 八戸の木村書店に取材に行きました☆(^o^)

ドグドグ〜!

先月9日に八戸市の木村書店さんを訪れたんだドグ! Twitterでこんなイラスト、見かけたことないドグかな?

木村書店のポップ担当さんは、ポップを描くために絵の練習に2年を費やしたというほど真面目な書店員さんなんだドグけど、見ての通り、

絵がなんかすごいことになってるんだドグ~!!(*´Д`)!!

木村書店さんには、Twitterでアップされてるマンガやイラストの原画が見れる

もっとみる
嬉しいドグ~!(^▽^)/
82

ポップがTwitterで人気爆発☆八戸市の木村書店に行きました!\(^o^)/

ドグドグ〜!

先月9日に八戸市の木村書店さんを訪れたんだドグ! Twitterでこんなイラスト、見かけたことないドグかな?

木村書店のポップ担当さんは、ポップを描くために絵の練習に2年を費やしたというほど真面目な書店員さんなんだドグけど、見ての通り、

絵がなんかすごいことになってるんだドグ~!!(*´Д`)!!

木村書店さんには、Twitterでアップされてるマンガやイラストが直接見れるフ

もっとみる
嬉しいドグ~!(^▽^)/
13

日本一の「朝市」 観光ではなく市民を見る

今日は朝4:30に起きて、「館鼻岸壁(たてはながんぺき)朝市」へ妹と行って来た。店舗の並ぶ長さが日本一とも言われている、とにかく巨大な朝市だ。毎週日曜、日の出とともに始まる。この、開始時間の案内もなく「日の出とともに始まる」ってのがまたいい。

その魅力は、下記の記事に細かに記されている。

中でも魅力的なのは、観光客を多く呼び寄せておきながら、観光目的ではないところ。地元のための市が、観光客を呼

もっとみる

8/4  青森県八戸市=本のまち

最近本屋に行きましたか?

わたしは本・雑誌大好き人間なので暇さえあれば本屋に行っています。都心部であれば本屋の有り難みというのを感じにくいですが、地方ではどうでしょうか。

今どきAmazonポチってすればどこでも買えるじゃん

そういう指摘があるのはごもっともなのですが、リアルな店舗としての本屋があることというのは個人的にはその地域の文化水準を高め、維持するのに重要な要素であると思っています。

もっとみる
ありがとうございます!今日の更新も頑張ります!
2

八戸市にあるポップごと売ってる本屋さん、木村書店のポプ担さんを取材してきましたドグ〜!(●´ω`●) 本が好きって、国境を超えるんだって思った一日。『西の魔女が死んだ』を語るポプ担さんに感動して、泣きそうだったドグ〜。(*´Д`)ご報告は後日☆種差海岸がきれいでしたドグ〜!

生きててよかったドグ~!(*´Д`)
63

アトピーの症状でお悩みの方

5月に八戸にある薄場皮膚科医院にて診察していただきました。
ずっと調子の良かったアトピーの症状が、昨年夏頃から悪化してしまった為です。
約10年ぶりに八戸の地を訪れました。が、メイン通りは新しく公共の素敵な施設が出来ていたりと変わっていました。

10年ぶりとのことで、新規の患者として診ていただきました。
遠方の場合は、3日間続けて診ていただくことが必要とのことでしたが、
私の場合は、宿泊先の確保

もっとみる
お身体大切に☆
5

北の大地に上陸!まずは旅の準備と計画を。【6月22日〜6月23日 青森県八戸市〜北海道札幌市〜江別市】

八戸市のRVパークで目覚めた朝、どんよりと曇り空。でも寒くはないかな。キャンピングカーの会社がやっているRVパークで、あたりにお店もなく、お客さんも誰もいなくて、人気がない中の睡眠は、ちょっと怖かった。いや、守られた環境なんだけどね。車中泊、子どもたちを守らなければという意識が働くからか、まだたまに、怖いと感じてしまうことがある。これも慣れてくるのかな。まあ、これくらいの緊張感は、あったほうがいい

もっとみる

「安全第一」を、改めて【6月19日〜21日 岩手県釜石市〜遠野市〜雫石町〜青森県八戸市】

目覚めると、ざーっと川のせせらぎの音。今日の目覚めは、道の駅「釜石仙人峠」にて。山々に囲まれ、すぐそばを流れる甲子川が見下ろせる素晴らしいロケーションに加え、澄んだ青空。あまりに気持ちいいので、道の駅のテラス席をお借りして、朝食を。大好きなパンケーキとあって、娘はいつも以上にごきげん。息子も主人も変わらず元気でいてくれて、ありがたい。

そんな平和な朝、ふと目にした携帯のニュースにドキッとする。「

もっとみる