公職選挙法

裁判所に「一票の格差」問題をとりあげさせた人は偉大???

東京ももうすっかり夏ですね!!!
みなさんはどんな夏にしたいですか???
今日は、前回書いた「一票の格差」について、それを裁判所にとりあげてもらうにはどうしたら良いのかについて少し書いてみようと思います。

1 違憲立法審査権って何だ???
 違憲立法審査権という言葉は、中学校や高校の現代社会等の授業で聞いたことがあるという人もいると思います。
 違憲立法審査権とは、憲法が裁判所に認めた、ある法律

もっとみる

【書籍・資料・文献】『選挙違反の歴史』(吉川弘文館歴史ライブラリー)季武嘉也

立候補者だけではない 選挙支えるスタッフという舞台裏

 2019年は、12年に一度ある統一地方選と参議院選挙が重なる年だ。
さらに5月~6月にかけて、衆議院が解散するという観測も流れた。そうなれば、まさに選挙イヤー。衆院選はなかったが、それでも十分に選挙イヤーといえる。

 そんな選挙イヤーにあって、いまいち参議院選挙は盛り上がりを見せない。局地的には盛り上がっている地域があるかもしれないが、や

もっとみる
スキ、ありがとうございます。フォローもしていただければ幸いです

公職選挙法のことを選挙管理委員会もわかっていない

選挙に出る人向けに立候補予定者説明会があるんだ。僕は初めて立候補するので出てみたんだ(2017年の話)。現職の議員の中には出席していない人もいた。

これFacebookに載せていいのかなあ、公職選挙法って訳がわからないしなあと悩んでいた。調べたところ、現職の入間市議の三人が既にブログにそのことをアップ済み。ただ、念には念をというわけで埼玉県の選挙管理委員会に電話して聞いてみた。

ボク「この前、

もっとみる

事務局の「活」選挙の違反とグレーゾーンは難しい

また更新が少し途絶えてしまいました。
今回は選挙中実際見た相手陣営の違反行為、さらにはグレーゾーンが多いネット選挙も少しだけ書かせていただきます。

選挙前に貼っていた候補者のポスターは、選挙に入る前貼り変えなきゃいけないのが公選法であり、知っている人は知っている知らない人は知らないのです。

実は以前支部内でこんなことがあった、国政選挙で相手政党の後援会だと思われる会社に、選挙中候補者ポスターを

もっとみる

ENO本マガジン001

港区議選で見事に当選した榎本茂候補ですが、彼のフェイクニュースによって、私はいまだに嫌がらせを受けているような状況です。どこらへんがウソだったのかをおさらいするとともに、今後彼を刑事訴訟までも含めて、彼が本物のポンコツであることを徹底して世間に訴えていくということを考えています。

また、選管の仕事が大変だということは先日の記事どおりなのですが、残念ながらこれに関しては対応が遅く、残念ながら早くも

もっとみる

お、なんか庶民的。政治家がチャリに乗ってる?!

昨今、自転車で選挙活動を行う政治家が増えているようだ。
選挙活動は、街頭演説や選挙カーで宣伝しながら走ったりするイメージがあるが、その選挙カーで走るところを自転車で活動している候補者がよく見られるようになってきた。
今回の統一地方選挙でも、各地で自転車選挙活動が見られたようである。

なぜ自転車を使う?

なぜこのように自転車で選挙活動を行うか、各候補者は、動画やツイッターで配信しているが、どうや

もっとみる

大音量の選挙カーを使う代わりに、候補者のホームページの改善を | #統一地方選挙 #選挙

4月7日の投票日の直前なので、各候補者のホームページを見た。
しかし、ホームページ自体が無かったり、サイトがあっても政策が明確ではない候補者が結構多い。
「やります。頑張ります」と元気のよいことを選挙カーで耳が痛くなるほどの大音量を出していても、これでは、政策の情報の入手ができない

実際、選挙カーで耳鳴りが起こるほどの大音量を出していて候補者がいたが、そのホームページがない。これでは、すくなくと

もっとみる

笠井亮 日本共産党 政策委員長 記者会見で「#安倍晋三宅放火未遂事件」の質問が初登場!

2018年3月8日(金)、日本共産党の笠井亮 政策委員長 の記者会見において、「安倍晋三宅放火未遂事件」に関する質問がされました。

 本事件が日本共産党の記者会見で質問されたのは、初めてのことです。

 文字起こしを下記に記載します。

■ 及川健二 氏 @esperanto2600(日仏共同テレビ局フランス10)の質問

フランス10の及川と申します。

(笠井亮 氏「はい、どうも。」)

もっとみる
ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
3