アラフィフ死を怖れる

最近死ぬのが怖いと思うことがある

健康であるにもかかわらず

50代で死を怖がるのは早すぎないか

やや更年期鬱っぽい時があるのでそのせいかもしれない

死ぬのが怖いし歳をとるのも怖い

大切な人が死ぬのも怖い

私には死なれると困る人が3人いる

死なれると悲しい人はもっといるが死なれるとこっちの精神がもたないと思われる人が3人

困る順に、現在のパートナー、母親、親友

この3人がいっぺんに

もっとみる

人に好かれない私

私には20年くらい一緒に暮らしているパートナーがいる

彼は私と違って老若男女誰にでも好かれるタイプだ

ちなみに私は老若男女誰にでも嫌われるタイプだ

この違いはどこからくるんだろう

彼は誰とでもすぐに仲良くなる

同じマンションの人と仲良くなり、よく行くレストラン、喫茶店の店員さんとも仲良くなり、私の家族とも仲良くなる

仕事で知り合った人ともプライペートで仲良くなったりしてよく「あの人すご

もっとみる

読んだ本から自分のウィークポイントを知る #35 内向的な人のピンポイント人脈術

内向的=引きこもり的なヘッダー画像を使って、申し訳ない!
誤解のないように謝罪┏○ペコ

私の場合、読書感想というよりは本を読んで「そこで思ったことや自分の経験と混ぜて書く」なんですよねぇー

「あ!それが読書感想文(〃 ̄ω ̄)σ」

Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

この本を書店で見たときに、「スタンフォード流」というところには一切興味がなかったけど「内向的」っていうところにはすごく関心があった

もっとみる

引きこもり陰キャがカフェ通いで作業したくなるのはなぜか、というお話。

こんにちは、Gamin(がみん)です。

最近は、カフェや喫茶店などで作業しているのですが、

「何故私はカフェに足を運ぶのか?」

ふと、そのことについて深掘りというか、脳内会議して遊びたくなったので、noteに書き起こしてみました。脳内で話が湧き出すあまり、本筋から逸れてしまったりしますが・・・、少しでも共感していただけると嬉しいです。

* * * * *

1.大好きな珈琲に囲まれて作業で

もっとみる

「幸せ」と「人好き」の関係

「人好きになるにはどうしたらいいですか?」という質問がありました。
今回は、それにお答えする内容になっています。

まず、「人好きになりたい」理由が、

「素敵だな、と思う人は皆、人好きだから」ということでした。

逆に言えば、質問してくださった方は、自分のことを「人好きではない」または「人見知り」だと思っているということ。

ということで2つの面から、この課題についてアプローチしていきたいと思い

もっとみる

内向的な人

こんばんは。

突然ですが、以前から自分はHSPではないかと思っていたのですが、

どうやら内向的な人のようです。

現実的なことよりも哲学的なものが好き。

周りのムードに飲み込まれないなど、

HSPと微妙に違う要素が少しあるので、HSPというより、内向的な人の方が近いのではないかと思います。

でも、実際問題として、哲学ばかりしていても時間の無駄なので、

内向的な作業をしてエネルギーをため

もっとみる

ごはんを炊く

わたしの元気のバロメーターの1つが、ごはんを炊けるかどうかなのです。
ごはんを炊く気持ちがあって、実際に炊ける時は元気なの。
元気ないときはほんとムリ。

自分の元気のバロメーターを分かっておくと、調子良い悪いが判断出来るから助かる。
特に内向的なタイプの人とか、気鬱になりやすい人は、自分の元気のバロメーターを持っておくと、ちょこっとだけ生きやすくなる。

ちなみにいまは元気です。
写真は和幸のと

もっとみる

HSP「ふたりお話会」を開催します

HSP「ふたりお話会」を開催します

・お茶会に参加したいけど勇気が出ない
・3人以上で話をするのが苦手
・いつも聞き役になってしまう
・自分のことを話すとつまらないと思われそうで不安
・自分の話をしたいけどタイミングがつかめない
・大人数は苦手
・人の多いカフェで話すのが苦手
・自分の話をしてみたい

そんなHSPさんのための1対1のお話会です。
自身もHSPの40代女性がお話相手をさせていただ

もっとみる

「あれ、オレ詐欺」の話( ̄▽ ̄)

「あー、あれね、俺がやったんだよ」っていう人っているみたいなんですけどこういう人って出世できないと言われてるようです(笑)

ブランドビルディングの罠
自分をよく見せようとする人は出世しない。

「あれ、俺詐欺師」の人の特徴は3つ。

①めっちゃ臆病
しかしこの人は勇気さえ持てれば、イケるので大丈夫👍

②実際なにもやってない
べつにこの人がいなくても成り立っていることが多く、ほんとに能力あるな

もっとみる

気分転換の散歩に出る。

初めて投稿してみる。

何を書こうか迷ったので、まずは身近でふとしたことを。

私には一日の中で好きな時間がある。それは仕事の休憩時間。

どことない疲労感が立ち込める金曜日の職場を抜け、気分転換の散歩に出る。

夏を象徴する眩い日の光と、セミがわんわん鳴いている外の世界。

大通りを背に細い坂道を上ると一転、閑静な住宅地へと入っていく。

郵便配達員が各駅停車のように各戸を回り、犬連れで散歩する

もっとみる