分からないが多すぎる。

この道を進む先で、結局私は何を目指すのか

どうなっていきたいのか

また分からなくなってしまった。

この悩みとは社会人になってから

ずっと付き合い続けている。

古い考えだけど、学生の間は義務で、

身を置くべき場所があった。

自分で選択するといっても、軽い気持ちで

自分の学力でいける学校を選んでいた。

だけど、社会に出ると選択肢は無限にあった。

そこに偏差値などもはや関係なくて

もっとみる

残酷なこと

昨晩のことだが、私は人に「付き合って欲しい」と言った。

それ自体は別にありふれた話ではあるが、1つ残酷なことをしたかもしれない。
それは「理由を言わなかったこと」だ。
つまり、私は何故付き合って欲しいかを言わずに告白したのだ。
酷い話ではないか。

かといって、私に理由がないわけではない。
諸々はある。
ただ決定打はない(ように感じている)。
だから、理由は言わずに告白した。

じゃあ、何故告白

もっとみる
Thank you very much :)
3

また出た私の悪いトコ

カメラを買って1ヶ月以上。

未だ使い方が把握できてない。

初心者の本を読んでるけど頭に入らない。

こんな事ばかりやってたらダメだ。

データ入力の仕事をして少しだけどお金を作る。

でも作業が遅いからあまり良いお金にならない。

他に稼ぐには。。

と勉強を始めたけどやっぱり進まない。

で、そうそう、カメラを使えるようにしないと!

って本を読むけど、

お金作らないと!

ってデータ入力

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです(^^)
2

【禅と生きる】中途半端でいいかな 居場所がなくていいかな 分からないでいいかな

最近、自分が中途半端だなと思います。

周りを見ると、何かに突き抜けている人がいる。

師匠の生き方、あり方は常に突き抜けておられます。
また、禅を学んでいると、出家はしていなくても、禅という生き方に突き抜けている人達に出会います。

コーチをしていると、ビジネスという生き方に突き抜けている人がいます。

皆さん、自分の生き方を貫いているのがすごいなと思います。

そして、禅にはサンガがあり、ビジ

もっとみる

叔父に人生についての話を聞いた

いつものように、朝のモーニングコーヒーを飲みながら外に座っていると、叔父がやってきた。
僕が休学していることを心配?興味があったのか、進捗をたずねてきた。
「お金を稼ぐ目的がわからなくなった。なぜ生きているのかもよく分からない。」
と言ったところ、叔父の見解を話してくれた。

50代後半の叔父だか、生きる意味は未だにわからないとのこと。
でも、自由に仕事を辞めていきたいとは思っていないようだった。

もっとみる

相手から好意を感じないとこちら側からは何も出来ない件

昨日の帰り道は自己肯定感があったのに
今日の帰り道は自己肯定感バカ低い。

プラスのこともできたこともある
勉強を見てる子に小テストもつくったし
子どもの対応で分からないことは
直接男の先生にだけど聞けた。
日誌も全部書いた。
(女の先生不在)

同じ仕事でも自己評価は毎日変わる。
なんでだろう。

相手が自分に好意が全くない場合
(これは表情や対応からわかる、主に表情の違い)
こっちからは

もっとみる

#280 "分からない"は"楽しくない"につながりがち。本当はチャンスが眠っているのに…。

目の前のことが"分からない"。

もやもやが溢れてきて、身動きが取れなくなってしまう状態。

その状態に陥ると、大抵"楽しくない"がついて回ってくる。

確かに、その瞬間は苦しいし、きっと楽しくはない。

でも、裏を返すと"分かれ"ば、"楽しい"がきっとついてくる。

そのことを自分も含めて忘れてしまうことが多いなと思う。

分からないから、諦める。

分からないから、しんどくなる。

分からない

もっとみる
感謝感激です!
11

分からない。。。

なんで生きてるんだろうなぁと

10代後半からよく考えるようになった。

これは年々増している。

でもいつも答えは見つからないのだ。

ただそんなことを考えるのが好きなのだろう...。

暖かい家庭を持ち、子供の成長を見守る。何か自分の大好きなことを貫いてみる。偉大なアーティストのファンになる。生きている限り、何か生きた理由を見つけたい。少なからず、人はそんなことを思うのではないだろうか。ただ茫

もっとみる
ヾ(●>д<)/ Thank You
7

相手を理解できない自分を許す

人は
どんなに頑張っても
寄り添っても

「その人」のことを完全に理解する
ということはできないと思うんだ。

例えば
英語が喋れる人と
喋れない人がいて
喋れる人も最初は喋れなかった。

でも
努力して
必死に勉強したことで
結果として喋れるようになった。

そうすると
喋れるようになった人は
喋れない人に向かって
こう言うでしょう。

「あなたもできるよ
努力すればできるよ
わたしは偏差値○○

もっとみる

分からないこと

どうしても分からないことというものがある。

「人はなぜ生きているのか」

「なぜ、人はこの世界に生まれ落ちるのか」

「死んだらどうなるのか」

そんなこと考えずに、ただひたすらに生きればいいのかもしれない。

でも、ときどき考えてしまう。

一番僕の頭を悩ませるのは、僕が死んでも世界はそのまま何事もなかったように進むだろうということだ。

事実、世界中で人々が死に続けている。

その中には、悼

もっとみる