広島日帰り旅行。原爆ドーム再訪

小学校の修学旅行で広島に行った。長崎にも行ったが、そういえば私たちが千羽鶴を折ったのは広島だけだった。

広島平和記念資料館の入場料は200円。(因みにパンフレットに専攻言語のポルトガル語もあった…!)

展示のリニューアルが思っていたより大幅だった。大まかな展示テーマの流れとしては(間違っていたらすみません。)
投下前の広島
→投下直後の広島(直接的死)
→救助などの人々に少し遅れての症状(黒い

もっとみる

日本を思って泣いてくれたカナダ人の友達

こんにちは。

実は私、学生時代に1年間休学をして、ワーキングホリデーでカナダに行っていたんですけれど…そこで一緒に働いていたカナダ人の友達が、この前日本に遊びに来てくれました(^^)

その友達が広島に行くというので、私も予定をあわせて広島に会いにいってきました。約2年ぶりに会ったので、めちゃくちゃ嬉しかったし、カナダ懐かしいな〜〜とちょっと恋しくなりましたね…

それはさておき、広島と言えば何

もっとみる

民泊経営向きかも<中古一軒家・駅近か>呉・海岸通り傍の和風古民家・築70年

電気(中国電力)水道(呉市水道局)ガス(広島ガス)は
現状でも通っていますので、即入居も可能物件です・・・

雨漏りはありませんが、古い物件で現状渡しですので
多少のリフォームが必要です

<重要> 広島県の海外からのバックパッカー旅行者は鰻登りに
     増えてます。他府県は中国からの旅行者が増えている
     のに比べて広島県は欧米からのバックパッカーが増えて
     ます

     

もっとみる

平和について語ろう

終戦記念日

僕の知らない戦争が終わった日。

僕は広島出身だし知っていることだけ。
平和について語ろう。

悲劇はもういらないんだ。

 僕の昔の家は広島市内の西の位置にあった。
だから原爆の時。障子もガラス窓も吹っ飛んだ。
家の柿の木は。黒く焦げていた。

 原爆で亡くなったのは親戚のおばさん。
市内で朝から材木が貰えるというので。取りに行ったきり帰らなかった。

 家の近くに川が流れている。

もっとみる

ヒロシマの原爆ドームの近くで忘れられがちな場所

8月6日は、広島原爆の日でした。

今年は、7月に広島市を訪れる機会があったので、「やはり訪問しておかねば」と、原爆ドームに立ち寄りました。

原爆ドームには、海外旅行者も含め、多くの人が訪れて、戦争の悲惨さ、そして再びおこしてはならないことをかみしめているようでした。

その原爆ドームの近くで忘れられがちな場所があります。実は私も初めて行きました。

それは「爆心地」のモニュメント。

現在は、

もっとみる

47回目の原爆の日の迎え方

私がテレビを諦めて、講演会に県内外問わず足を運ぶようになってずいぶんたった。

だが、私の思想はまるでまわりに響かない。私が尊敬したり、大好きなものも響かない。総じてリアルでは金太郎飴のような反応が返ってくる。

8-6 原爆の日 に心を寄せて、アメリカ帰り間もないにも関わらず、急遽 独演会を開催してくれた ウーマンラッシュアワー 村本大輔氏 をもって 「闇営業でしょ?」というのが一般的日本人らし

もっとみる

広島でキャッシュレス決済の講演会を行ってきました!

こんちは。ITジャーナリストの久原です。

昨日、広島でキャッシュレス決済の講演会を行ってきました。
場所は、原爆ドーム近くでした。

1日前が8月6日ということで、私も平和の祈りをさせていただきました。
最近の国際情勢も非常にピリピリとした状況が続いており、貿易戦争から、このような惨劇を繰り返す戦争に発展することのないことを心から切に願っております。

今回のキャッシュレス決済の講演会ですが

もっとみる

広島旅行記録 ~時代を追う旅~

7月は全国的に梅雨が明けず、体調も気持ちもなかなか上向かずに難儀していました。そのせいか旅行記もやや遅れ気味の投稿。やっと梅雨明け、からの猛暑が連日続いていますが、雨模様よりよほど己には良いのか、随分と快適に過ごしています。まあ暑いことに変わりはないけれど。

7月後半に広島旅行へ行ってきました。
というのも、今回は一人旅ではなく母と一緒に旅行です。母が某アーティストのコンサートに行くついで、旅費

もっとみる

初めて広島に行ったときの話

いつもその日になるとつい忘れてしまうのが情けないが、8月6日は人類史の中でもとりわけ重要な日だ。

去年の10月、私は初めて広島に行った。ハロウィンイベントで、着ぐるみ界隈の知人を手伝いに行くためだった。

彼女(ぬいたち氏)の着ぐるみは、とにかくリアルなのが特徴だ。「本物の熊がハロウィンイベントに遊びに行く」という設定で、私は飼育員として連れ歩いた。

彼女とは元々そこまで交流はなかったが、

もっとみる

「喧嘩を減らしたい。」
と広島市内の小学生の男の子(先日の『ニュースウオッチ9』)。戦争はいけないことだから自分自身も喧嘩を減らす、と目標を語ったのだ。翻って今年の平和記念式典でのこども代表のメッセージには大人の添削が見え見え。「意思をもって学ぶ」などと小学生が言うか。