関東自宅にいるむーちゃん(娘ちゃん)。東海地方にいるおとうちゃん。LINEを使ってお絵かき相談受けしたよ(゚∀゚)!

中乳(乳占い:大丈夫、自信をもって!イケてるwww!(゜Д゜))
19

【合唱】5度目の全国大会への挑戦

いつか書こうと思っていたのですが、ご紹介が遅れました。

合唱団のご紹介

僕は埼玉県で活動している合唱団scatola di voce(スカートラ ディ ヴォーチェ)に所属しています。

この合唱団は2003年に僕の高校の先輩が創立した団で、僕は2005年から所属していて、14年になります。ちなみに2009〜2015年まで団長を務めておりました。入団してからたぶん70回以上の本番ステージがあり、

もっとみる

合唱コンクール、銀賞。

本校の合唱コンクールが終わった。

絶対に優勝させるつもりだった。

私は1年生の担任をしているが、入学当初から「合唱コンクールで優勝しよう」と話していた。

私は合唱が好きだ。自分が歌うのも好きだけれど、生徒がみるみる上達していく姿を見るのが好きだ。

どのクラスの担任よりも、力が入っているつもりだった。

でも、結果は銀賞。

自分に反省すべき部分がある、と思っている。

練習開始に時間がかか

もっとみる

合唱コンクール、自由曲選曲で気をつけるべきこと。

まだまだ暑さが残る今日この頃ですが、どうやら夏は終わったらしく暦の上では秋ですね。

そんな芸術の秋。

各中学校、高校では合唱コンクールのシーズンに突入したのではないでしょうか。

合唱コンクールは、音楽的な要素を養うだけでなく、生徒指導の一面が多分にあり、一定期間1つのコンテンツをクラスで共有し、目標に向かって切磋琢磨しながら成長することを通じて、自立や協調性を養う重要な役割をになっています。

もっとみる
大吉
2

障がい者クラスは毎年「特別賞」だった

中学の時の合唱コンクールでは、どんな歌をどんな風に歌おうと、障がい者クラスは毎年必ず賞がもらえていた。

中学の合唱コンクールは、学年共通の課題曲とクラスごとに異なる自由曲を練習し、各クラスで1~3位の入賞を目指す。体育祭と並ぶ大きなイベントだったので、どのクラスも本気で取り組んでいた。放課後や朝の練習をして、絶対勝ちたい!と思っていた。

そして本番を迎え、最後に学年内の受賞クラスが3位から発表

もっとみる
ありがとうございます!!!!
11

スリー・ミニッツ・カラフル・コード



薄暗い。ほこりっぽい。降水確率ゼロパーセントの晴天の下、わたしたちは体育倉庫につめこまれている。
カゴいっぱいのバレーボール。古めかしい跳び箱に、器械体操用のマットレス。蛍光ピンクがまぶしいゼッケン、ラバーの端がはがれかけた卓球のラケット、無数のピンポン玉。いつも収納されている運動用具たちは、すべて裏手のグラウンドへと運ばれていた。
すっかり覚えてしまった五線譜にもう一度目を通す。時折ふるえ

もっとみる
ありがとうございます!
6

Nコンが攻めている!第86回課題曲は?死んだ僕が僕を見ているという幽霊の歌!!

2019年もNHK全国学校音楽コンクール、通称Nコンが熱いです。

特に高校生の部が攻めているんです!!

去年もすごかったですよ。

去年の課題曲は、つんくが作詞した「ポジティブ太郎」でした。

なかなかタイトルと歌詞に「太郎」が入っている曲ないですよね。
童謡では「桃太郎」があるけど、あと、「ウルトラマン太郎」、「タロウタロウタロウ〜ウルトラマンタロ〜」太郎が連発して歌詞に入ってますけど、近年

もっとみる
ありがとう。今日のあなたの運勢は大吉です。
22

音楽家・若松歓が語ったこと

音声インタビューマガジン『real you real me』のスタートアップにご登場の音楽家 若松歓さんが語ってくれたことは、同じく音楽を生み出す自分にとって気付きと反省と発見、意外と同意と.......。

ほんの一部をご紹介します。

『暇そうに見えるんでしょうねぇ。』

はたから見て何やってるんだかわからなくても、中では常に進行してるじゃぁないですか、ねぇ?「わかります!わかります!」

もっとみる
ありがとうございます!よろしかったらシェアもお願いします!^^!
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(35:31)は購入後に視聴できます。

スタートアップは、魅力的な合唱作品を多数生み出し続けている作詞・作曲・音楽家の若松歓さん。まるで若い頃のミックジャガーを思わせる?!細身でエナジーと存在感たっぷりなクリエイター。コンテンツ主ヌキワクミコとの出会いと初めての会話は?渾身の作の行方は?前後編合わせた約1分のsampleは
https://youtu.be/tRfIs4rXKS8
でご覧いただけます。

ありがとうございます!よろしかったらシェアもお願いします!^^!

合唱コンクールとわたし

3年1組は今で言うところの意識高い系だったに違いない。定期テストの平均点だったり体育祭のリレーの着順だったり、とにかく何かにつけて何がなんでも他の2クラスより抜きん出ていなければならなかった。やるからにはなんであれ必ず勝つつもりで、というクラスの一部の目立つ男子たちと一部の派手な女子たちの意向である。もちろんわたしは目がつぶれるほどに輝かしいそのグループに属してなどいない。闇に隠れて生きていた。妖

もっとみる
スキしてくれたあなたがスキ!ありがとう!
5