好きなことを表現したい

“表現する”って、
すごく難しいことだと思うんです。

小さいころから、人前で表現することが
あたりまえだったわたしは
(感情などを表現できてたかどうかと
上手いかどうかは別として)
社会人になって、表現する場を失いました。

純粋に、
時間と気力と居場所がなかったからです。
でも、わたしはその日常を
どこか物足りなく感じていました。

そんなとき、自分一人で
表現できることは、と考えたとき、

もっとみる

手抜き弁当と朝練

私の母の作る弁当は、自他共に認める手抜き弁当である。
私は中学高校とお弁当持ちだった。
家から学校まで1時間以上かかる上に点呼も早かったので、いつでも6時代には家を出なければいけなかった。中学高校時代は、家を出なければいけない時間の10分前に起きていた。
でも、なんとか間に合ってしまうのだ。不思議なことに。
そして、私の母は、殆どいつも5分でお弁当を完成させていた。今ではそれすらできないと言ってい

もっとみる

ブレンターノ「夕べのセレナーデ」(ドイツ詩を訳してみる 13)

Clemens Brentano, Abendständchen (1802)

ほら また悲しげに笛が鳴っている
冷たい噴水もざわめいている。
金色の音たちが降りてくる
しずかに! 耳を澄ませよう。

つつましい願い 穏やかな望みが
世にも甘やかに心に語りかける。
わたしを包む夜のかなたから
音たちの光がわたしを見つめる。

Hör', es klagt die Flöte wieder,
Un

もっとみる

せっかく千と千尋の神隠しやってるんだし…

動画を放流しますよ。

私が編曲し、私がアナウンスを担当したけど、私は歌っていないし指揮もしていない動画。
指揮者(ニックネーム:団長ちゃん)には「例のアイツ」呼ばわりされるくらい難しい編曲だよ!
ハッスルしてたらいつの間にかこうなってたよ!

フィンランドでの演奏。みんな本当に素敵だった。
初演は聴けずじまい(笑)動画で初聴きでした。

楽譜欲しい方は

コーロ・アニモニーに問い合わせていただき

もっとみる

好きなこと

はじめてnoteを書きます。
「この」です。
私は文章を書くことが得意ではないですが、読んでいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
初回のnoteでは好きなことについて書きたいと思います。

私の好きなことそれは合唱を聴くことです。(歌うことも好きですが、今回は聴くことについて書きます。)合唱が好きな理由は心が落ちつき、優しい気持ちになれるからです。恐らく、友達や家族に言うと「変わって

もっとみる

Hello,note!~みわさんの自己紹介~

初noteなので自己紹介。みわさんと申します。

note立ち上げの経緯

twitterでは推しへの愛とそれに伴う個人的思考他諸々をポツポツと垂れ流しておりますが、それでも言い切れないことはあるもので。

そこで、この度noteを立ち上げて、twitterで垂れ流した思考や愛etc.をまとめてみようかと思った次第です。

「そもそもあなた誰なん?」

・本業:都内の中小企業で企業経理をやっており

もっとみる

てっぺん越えても楽しい

かの同期たちと会ってきた。
S3,A2T2B1P1のうち、S2,A1,T1の集い。
(最終的には緊急招集した後輩A1増)
18時半から飲み始めて。

てか出逢って15年経っちゃったね?
という時の流れに驚愕。
15歳だった僕らはいつの間にか三十路。

仕事の近況の話したり、結婚やらなんやらの話したり、高校時代の思い出話をしたり。

ノリが変わんないよなあ。
笑いの反射神経はテンポ的に衰えた感じが

もっとみる

あの夏はもう帰ってこないけれど

17歳の夏。
部活の集大成。
絶対に勝ちたかった。

と言っても運動部じゃない。
合唱部。

3年やってきた集大成。
先輩らは超えたであろう手応えと自覚はあった。

1年の時は地区を超えて道大会に進み奨励賞。
2年の時は当時の3年のご乱心で地区突破に至らず。

そして3年。
それまでに色んなことがあった。
基本たんぱらな私はよく先輩とぶつかったし。
好きな先輩もいたし。
先輩に片思いもした。
後輩

もっとみる

児童合唱団の中国遠征

週末、私が地元合唱団の役員兼広報をしているのは以前noteに書いたとおり。

その合唱団が今年、中国に遠征することになった。設立してから35年になる合唱団なので古い話はよくわからないが、私が知っている限り海外遠征したという記憶も記録もない。

今年の春先、石狩国際交流会から合唱団にオファーがあり「成都(国際)児童合唱音楽祭」という音楽祭に出演することを保護者会を通して決めた。遠征先は、地元石狩市の

もっとみる

ポリティカル・コレクトネスと夏の思い出。

今日は体調悪くて会社を休んでいる。なのにnoteを書いている。まあよくあること。

弱いものに寄り添う。

今の会社での悩みは、同じ契約社員でありながらやる気もスキルも能力もない同僚をどうやってうまく使うか、である。
人を「使う」なんて表現正しくない! ってポリコレ警察が出動しそうだが、どうでもいい。
人は使うものだ。道具と同じように、お金と同じように。世界の中で人間だけを特別扱いしようという思想

もっとみる