そのままでいいと思うよ

才能がある=教える才能がある。

ではない、と新しい先生に出会い確信に変わった日。

性格の相性の問題もある、その部分が私にとってはとても大きかったみたいだ。

「嫌われる勇気」という本の、「褒めない」「否定しない」という記述が頭にうかんだ。目の前の先生は正にそんな感じの人で。

私にとって、褒め言葉も否定ともとれる言葉(強めの指摘)も相手の枠にはまらないといけないと思ってしまう。

目の前の人が

もっとみる

人生初の盗みに出会った夜に考える「嘘つきは泥棒の始まり」についての考察

ほんまもんの泥棒にあったことのある方へ

先ほど、喫茶店の席から目を離した数分の隙に、傘が席からなくなってました。某大手チェーンなので、人の出入りはそれなりにあるので、盗んでもばれないのかもしれない。

衝撃過ぎて思わず、思ったことを記事にしてみることにする。

それにしても、両隣に人が座ってはいるものの、ちょうどレジからは死角になる席とはいえ、かなりの驚きは隠せない。

せっかくコーヒーブレイク

もっとみる

本を破り捨てた話。

大昔の話。

本を捨てることはあまりないのに、昔、一度だけ本を破り捨てた。あまりに考え方がゴミすぎたあの本の事を今日ふと思い出しました。

当時ワタシは師弟制度という名の下、今でいうパワハラの様な事を受けていまし。夢と希望を抱えてついた職場で、夢を叶えるためだと心を壊してしがみついていました。ワタシがワタシであり続けるためには仕事を辞めなければならないと、決心とともに目覚めたある朝に職を後にしまし

もっとみる

大嘘つき! 警察官が自ら食べかけたハンバーガーをマックのせいにする!

大ボケなニュースですー

インディアナ州で、警察官が、職務が始まる前にハンバーガーを一口食べてから、冷蔵庫に入れておきましたー 職務後に戻ってみると、自分のハンバーガーが食べかけられていることに激怒し、マックの店舗に怒鳴り込みに行きましたー マックの店長は従業員に確認してみるものの当然犯人はいませんー

そうこうしているうちに、警察官は自分が食べかけていたことを思い出したそうですー 何とも間抜けな

もっとみる

つらくても大丈夫。その「短所」あなたの才能です。 *フェアリーゴッドマザー アイズ メソッド 15色の魔法 黄緑色*

黄緑色の才能が強いあなたへ

項目
1・【黄緑色はどんな才能か?】
2・【才能の特徴として現れる短所】
3・【この才能の育て方】
4・【この才能を生かした時に出る特徴】
5・【この才能を生かした職業や行動】
6・【AIや情報技術、機械にとって代わられないためには】
7・【この才能を枯らしてしまった時に出る特徴や事件】
8・【この才能のストレスの発散方法と注意点】
9・【黄緑色の才能の短所を持つ、あ

もっとみる

涙の【Pretender】

Official髭男dism / カラオケ:青木錦之介

00:00 | 00:30

「pretender」の意味、知っていますか?
「ふりをするひと」、「詐称者」・・・

愛する人が既婚者だって
愛し始める前から知っていたから

【僕と違う男と生きる貴女】を愛しているつもりになっていた。

そして

いつか貴女がもし一人になることがあったら

その時はせめて【僕の腕の中で死んでほしい】と、

無欲のふりで強欲な…

強欲を自覚したふりで無欲のつもりの…

嗚呼、俺は嘘吐きだ。

もっとみる
僕がいただいた「嬉しい」以上のハッピーがあなたに降り注ぎます
12

黒の月がみえる頃に#04

それから例の人とのやりとりは続いていてメンバーにはアプリで架空の人物を演じていることは話してなかった。話す必要性も感じていなかった。

相手は瑠衣(ルイ)という名前らしい。なんとなく響きがいいなと感じた。
話していくうちになんとなく察したことは、高校は高校でも通信とか
夜間学校に通っているのではないかと思った。
おそらく、バイトもしていない。趣味という趣味もないような気がする。
返事を返すとすぐに

もっとみる
Fun...
2

サラリーマンとキングダム

読書量が減った。

読書も楽しく学びは多いが、アニメも同じだ。
つい5年程前までは、子供が見るもので、大して学びはないと思っていたけど、偏見だったことがわかった。

振り返ってみても、手塚治虫や藤子不二雄、鳥山明、あだち充など、青春時代のマンガで楽しみながら学んでいた。

今はアニメ「キングダム」をAmazon Prime Videoで見ている。
楽しくてやめられない。

就寝前にスマホで見る。家

もっとみる
わたしもスキです
4

そこは、四角がいっぱいある部屋だった。

電気がついていなかったけど、月明かりでそれらが四角いのがわかった。

丸いのは地球儀だけだった。

壁にはたくさんの地図と言葉が貼られていた。

水が流れ続けるのが聞こえた。私たちの頭の上で魚が泳いでいたのだ。魚の色は、暗くてよくわからなかった。

私は、「私は嘘がつけないんだ」と嘘をついた。

四角い嘘だった。

うそつけない。って嘘ついた