働く女のいやらしさを許してほしい…

「嘘を愛する女」いい映画だった。

何が良かったかって、長澤まさみちゃんが、我儘なのにすこぶる魅力的だった。(それは長澤まさみだからである…というかなり強い可能性は置いておく)

毎晩のように付き合いで飲んで帰り、身体を心配する彼に「私はこうやって稼いでるのよ。文句ある?」と言い放つ。
家事はやらない。
家事を任せてる彼が居るのに合コンに行く。
面倒なことがあると、お金を払って強引に進める。
「部

もっとみる

映画「嘘を愛する女」

映画「嘘を愛する女」を観た。

まず、キャストがとても素敵。
イライラすると余計なことを言ってしまう長澤まさみ、耳が弱いと知っていながら攻める高橋一生、雑な優しさ吉田鋼太郎、長澤まさみに真っ向勝負かけた川栄李奈、途中まで気がつかなかったDAIGO、脇を固める黒木瞳、奥貫薫、
すべてがずっと素敵だった。

映画は、2011年3月11日
混乱の中、体調が悪くなりホームでしゃがみこむ川原由加利(長澤まさ

もっとみる

#推薦図書 NO28 「嘘を愛する女」

「嘘を愛する女」岡部えつ (著)

大手食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(演:長澤まさみ)は、研究医で優しい恋人・小出桔平(演:高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。由加利が結婚を意識し始めたある日、桔平はくも膜下出血で倒れ、意識不明の状態で病院へ運ばれてしまう。訪ねてきた警察官は、さらに由加利に衝撃の事実を告げる。桔平の所持していた身分証類はすべて偽造で、職業はお

もっとみる

こういう女は騙されやすい!『嘘を愛する女』レビュー

今回レビューする『嘘を愛する女』を、ストーリーを忠実に表したタイトルにすると『愛する人にめっちゃ嘘をつかれていた女』である。

そこで今日は、小説『嘘を愛する女』に学ぶ、「嘘をつかれやすい状況」を解説する。

解説するのは、大学時代に付き合いそうになった人に「ごめん、実は嫁と子供がいるんだよね」と言われて「へーそうだったんだー☆」としか言えなかった、嘘に気づけないお人好しでおなじみのこの私。

もっとみる

ジストニア闘病記×プロ棋士への道 20

土日で疲れたので、
本日は家から一歩も出ませんでした。

実家に帰った際に、母親からある本を渡されました。

『わが息子よ、君はどう生きるか』

実家に2冊ありました。
なぜか?
考えられるのは、祖父と父がそれぞれ買ったか、どちらかが2冊買ったか。

可能性としては、前者が高いと思います。祖父も父も他界しているので、真相は不明です。

たまたま、今、読んでいるサミュエル・スマイルズの『自助論』と『

もっとみる

映画備忘録 2018年1月下旬

私が観た映画の備忘録を書いている『後悔と反省の狭間で』の2018年1月下旬分のまとめです。

『愛の病』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#愛の病 #吉田浩太 #瀬戸さおり #岡山天音 #八木将康

『なっちゃんはまだ新宿』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#なっちゃんはまだ新宿 #首藤凛 #池田夏海 #菅本裕子 #尾苗愛 #POLTA

『嘘を

もっとみる

世界の色は何色

友達と連絡がとれなくなって約2週間が経った。
いつも外では笑顔で、でもたまに塞ぎ込みがちになることがある人だったけど、失踪の兆候は誰にも分からなかった。想像力を働かせてあれこれ考えても意味がないと分かっていても、その理由は分からないままなので心配で仕方がない。そんな日々だ。

今日「嘘を愛する女」という映画を観た。高橋一生目当てで観に行ったようなものだったが、なかなか考えさせられるポイントのある作

もっとみる

「嘘を愛する女」

監督:中江和仁
製作国:日本
製作年・上映時間:2018年 118min
キャスト:長澤まさみ、高橋一生、吉田鋼太郎

 毎年圧倒的に洋画を多く観ているが「いい邦画に出会いたい」と新しい一年になっても希望はある。キャステイングの吉田鋼太郎氏が支えてくれることを期待し本作を観に行く。また、コミック等が原作ではなくオリジナル脚本への期待もあった。

 上記俳優三者は均等な配分だったかというと、写真通り

もっとみる

(映画の感想)嘘を愛する女~オリジナル企画についてとか〜

まずは、下記の表をご覧ください。この中から、アニメ、原作もの、TVもの、キャラクターものを除くと何本残りますかね?

ひゃ〜、『母と暮らせば』と『TOO YOUNG TO DIE』の2本。

日本はもはやオリジナルは、、、と思いきやハリウッドも、オリジナルの本数も多いですが、小説、アメコミ、テレビ、テーマパークのライドの比率が多く、興行収入もいい数値ですね。

と、いうことで最近観た映画『嘘を愛す

もっとみる

ただただ高橋一生が可愛そうな『嘘を愛する女』

予告を見るとね、いきなり刑事が来て、
「夫は住所以外すべてが嘘だった」なんて言われてね、
これはとんでもないサスペンスが来たぞ、と。
そう思った。

そして実際に映画を観ると、、、「まあ、そうだよね」と。

こういうネタバレしたらすべてが終わってしまう映画って、
予告はすごく面白そうに見えて、
本編も途中までは自分の中でいろいろ推理したりして楽しいのだけど、
オチを知ってしまうと、それまでの重さと

もっとみる