1106

雲ひとつない夕空。

昨日も同じような空だった。光を映す雲がなくて、太陽の残照がどこまで届いているかはっきりとわかる空。暗くなる前のうすあおい空と、落ちた陽の光とが溶け合うあわいの、あの白いような金色のような色。いや、そう思ったのは今日で、昨日は、そう、落ちた陽の光が丸く光っている、その広さと、それがうすあおの空に広がってほんの少しだけ紫がかっているのが見えた、そのはかない色あい。神社の木々は真っ

もっとみる
愛と祝福を☆
4

2019.11.02 エッセイ日記 *私を見つめて。

朝、6時に起きた。直ぐにネコが近寄って私が歩き出すと、ニャーニャーと足下を一緒に歩く。
餌が欲しいらしく、何度も私の足にすり寄る。
少し離れて「こっちにおいで」と私は言う。もし、逃げたとき、手の届かない所にいたら「こっちにおいで」と言えば来てくれるかもと。このところそう思い、餌を与えている。

洗濯をして、トーストをいただき、「旅サラダ」の番組を見て海外や温泉に行った気分になる。

その後、BSで

もっとみる

室戸岬でみた夕景

先日。

半年ぶりに高知の東部にある室戸へ、友だちと一緒に行って来ました。

その友だちは長い間、関東で生活をしていたので室戸岬には行ったことがなかったらしく。

彼女からのリクエストで、急遽行くことに!

本当なら真っ赤に焼けた夕焼けに逢いたかったのですが。残念ながら分厚い雲が出現してしまって夕陽や夕焼け空には出逢えませんでしたが。

これはコレで、また素敵な夕景でした。

また、いつか。

もっとみる
\嬉しくて小躍り/
9