私の首は、三度飛んだ

1. はじめに

あまり書きたくないテーマに思い切って自ら触れるのは、今の不安と向き合うためだ。評価の良かった職場もあるが、私にはアルバイトも含めこれまで合計3回クビの経験がある。

2. 首が飛んだ黒歴史

一度目。営業のテレアポ(アルバイト)。

名前も思い出せない会社。テレなんとか。地方の中小企業に片っ端から電話をかけ、一ヶ月目の成果は良好だったが二ヶ月目でひとつもアポイントが取れずに契約が

もっとみる

社会不適合者がラクに生きるために、身につけておくといいたったひとつのこと

社会に溶け込めない人ってどうしても一定数存在します。そういう人は大人になってからそうなるのではなく、まだ幼稚園や小学校低学年の頃から集団生活に馴染めずに苦労する人が大半です。僕もそのうちの一人でした。どういうわけだか、みんなと同じように振舞ったり、揉め事を起こさずに仲良くやるのが苦手だったのです。友達も少なかったでしたし、先生や親には怒られてばかりいました。

僕のこの社会不適合者ぶりはその後も治

もっとみる

就活成功のために:種をまくこと

人生と切っても切れない関係の存在が、仕事。

あなたが企業に勤めるなら、面接は避けては通れません。

一つのポジションがあれば、それに何百人もの人が手を伸ばしてます。

だからその仕事を掴み取るのはそう簡単じゃないです。

時には運も必要かもしれない。

しかし、いくつかの対策によって、

内定の可能性を格段に上げることは出来ます。

そのコツを書いていこうと思います。

■成功の種をまこう

もっとみる

全世界で6億人以上がダウンロードするアプリ「PicsArt」にジョインしました!

昨年の11月に渡米してから約9ヶ月弱。7月末にようやく日本に本帰国しました…!アメリカでチャレンジしたいことがたくさん見つかったため、今後も定期的に行く予定ですが、一旦はしばらく日本拠点となります。

海外からのリモートワークにご協力いただいたクライアント・関係各所のみなさま、柔軟にご対応いただき本当にありがとうございました!人員拡大し対応キャパも広がっておりますので、今後も株式会社GENIC L

もっとみる

外資系におけるコネ入社

大手企業の重役の優秀とは言えないご子息が優良企業に就職できず、親のコネを使って取引先の企業に入社。決してドラマの世界の話ではなく、平成を経て令和になった今でもコネ入社は日本企業に蔓延していると言われます。一方で、日本企業とは全く異なる実力主義イメージが先行する外資系にはコネなんて存在しないと思われる方もいるかもしれません。

 

残念ながら、外資系の方が日本企業以上にコネが堂々とはびこっている企

もっとみる

外資の無駄にテンション高い講演とかはとにかく疲れる・・・

私の会社はジャパニーズトラディショナルカンパニーなんですけどね。外資企業の人とも仕事は普通にしています。過去の記事でも使えない営業としてこんなコメント言うやつは信用しないと書いたような気がしています。

・ワールドワイドでは・・・(いや、ここ日本だし)

・北米の実績は・・・(いや、ここアジアだし)

・がートナーの調査資料では・・・(いや、NRIとかの資料もってこいよ)

っていう感じなんですが

もっとみる

本当は日系企業のほうが働き方改革しやすい

こんにちは、いづつです。久しぶりに働き方改革の話を書きました。

■改革は順調ですか

 さて、あなたの会社では働き方改革は順調ですか。聞いておいてなんですが、順調ですなんて答えはたぶんないと思います。適切な内容で改革を断行できる会社は「もうやりました」だし、遅れていてもせいぜい「経過観察中です」が答えになるからです。不適切な内容で進めている会社は言わずもがな「ぜんぜん進みません」になります。

もっとみる

アクセンチュア志望動機

実際に面接で話して内定出たやつです。なぜコンサル?→なぜその中でもアクセンチュア?という絞込みをしてます。

■なぜコンサルを志望するのか?
①組織の課題解決を通じて企業、働く人を支援したいため。
➡大学時代は大学情報誌の発行サークルを運営しており、その中で「よいサービス(情報誌)の提供には、その土台となる組織が最適化・活性化していることが必須」と感じた。
なぜなら組織に課題があれば、
そこで作業

もっとみる

外資に転職したらこんなところだった①

最近ちょっと気になるツイートが流れてきたので、それに関連していまの職場がどんなところか紹介したいと思います。

”外資系企業は、本来、語学力をわざわざアピールして入るような会社ではない。英語を軸にマルチリンガルの人たちが自然に集う会社、という感じ。当然の前提条件だよ。どうやって英語面接を乗り切ろうか、なんていう人は、その時点で物凄いハンディを負っていると言う事は理解しておいた方が良い。”…もう超同

もっとみる

外資系企業には日本の労働法の適用はない?

◆弁護士 馬場 悠輔

最近、外資系企業に転職した友人から、アメリカ(本社)の法律が適用されると書かれた労働契約書にサインしたが、たとえ日本で働いているとしても、日本の労働法は守ってくれないのかという趣旨の質問を受けました。そこは飲み会の席だったのですが、サインをしたかに関わりなく、そもそも外資系企業には日本の労働法の適用はないので例えばアメリカの法律に従ったら解雇などは簡単にされてしまうのではな

もっとみる