3分でわかるクロスウェーバー

7月16日、JAXAシンポジウム2019 「JAXA Begins New Era」が開催されました。
パネルディスカッション「宇宙開発とサブカルチャー “宇宙と創造力のランデヴー”」の中で、「宇宙開発は性善説」という文脈で「クロスウェーバー」という用語が飛び交っていました。JAXA國中理事がわかりやすく解説されていましたが、具体的にはどういうことなのでしょうか?

クロスウェーバー=お互いに責任

もっとみる

初心者がWord Pressでブログを始めるまでにやったこと~意外と初めてでも簡単できる?~

Word Pressって何?

Word Pressを知っている人も使っている人も多いと思いますが、私は使ったことがありませんでした。ブログは無料のはてなブログしか使ったことはありません。
ネットビジネスとかに興味がない方は存在すら知らない方もいると思います。
私もそこからスタートしました。

簡単に言うと

ホームページの作成やブログの運営を簡単にするためのソフトウェアです。

より本格的なブロ

もっとみる

暑さにマケズ、契約の打ち切りにもマケズ、、

猛暑が続いてうだるような毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

私の方は、8月末で案件が一つ契約満了で打ち切られることとなり、とても落ち込んでおります。

フリーランスであれば、当然ながら契約を切られることはよくあることで、最初から理解して、覚悟していたはずですが、やはりいざそうなってしまうと精神的なショックは大きいです。

それも、4月にフリーランスになって4ヶ月という短期間でもう2回目のこと

もっとみる

【記事感想】FedEx、Amazonと亀裂。

インターネット通販最大手のアマゾンは独自の貨物配送網を構築中で、フェデックスの競合となりつつある。

記事元:フェデックス、アマゾンとの陸上配送契約打ち切り-航空契約に続き

タイトルがFedExとAmazonの関係に亀裂が入ったみたいになっているけど、正確には米国外配送では引き続き契約を続けていくそう。

Amazonと競合関係になっているFedEx。実はこの前にも航空貨物の契約も更新していませ

もっとみる

保険とは諾成契約である、とは?

最近よく〇んぽ生命のことが話題になってますね。

色んな人がいろいろと言っているのでぼくは意見しないですが、「保険って契約の入り口ではなく出口が大事」って思いますし、今回の件は保険業界的に悪いところを炙り出すチャンスだと思います。

そもそも、保険は諾成契約なのです。
うん、諾成契約って何じゃらホイ。

このブログでも書いてましたが、要は「クレカの申請みたいな感じで、申し込んだからOKが出るとは限

もっとみる

ご報告-契約更新&改定-

先週、新たな労働契約書を会社と取り交わしたのですが、
改めて労働契約書の中身を読んでいて気づいたことがありました。
それは、私の雇用は雇用期間が定められていることです。

入社時にも「おや?」と思ったのを先日思い出しました。
「契約更新の有無」の項で、
①自動的に更新する
②更新する場合がありえる
との記載があるので、
「契約更新の判断基準」に該当しなければ、
①が適応されて雇用期間が年単位で更新

もっとみる

芸能事務所もライバー事務所も同じ!?タレント・芸能人は人間ではないと考える理由とは!?事務所が移籍や独立を受け入れづらい理由!

最近、タレントと事務所(=プロダクション)の契約の話が賑わっています。潰す、干す、圧力、など怖いワードが見受けられます。

その流れで「なぜタレントは事務所を気楽に退社できないのか」というテーマもよく評論されています。

 多くの人は、働く自由が認められている日本であってはならない状況だと批判するかもしれません。私も昔は見る側だったので、おかしいと思っていました。

 でも、昨年からある子を必死

もっとみる

芸人とその所属事務所との契約の7原則

1 はじめに 

 この1か月ほど、吉本興業に所属する芸人の反社会的勢力との交際問題に端を発し、吉本興業とその所属芸人との間に「契約書が存在しない」という問題がクローズアップされています。問題の指摘を受けて、7月25日には、希望者と書面を交わすことが発表されました。
 しかし、書面を交わすと言っても、不利な契約がそのまま書面になるだけでは何の意味もありません。私たち、日本労働弁護団の有志弁護士は、

もっとみる

なぜYahoo! と対立しているアスクル株価が上昇?〜2つの仮説〜

みなさま、こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで、初めての著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」に続いて、2冊目が観光されることになりました!8月初旬に「日常が学びに変わる経済学者の本」が発売されます。また、東証一部シーボン社での社外取締役業務、学術活動も励まさせて頂いてます。いつもありがとうございます!

今回は、学術分野で私の専門でもあるコーポレートファイナン

もっとみる

Yahoo!とアスクルの件からの学び〜契約書で抑えきれないリスクをカバーするために〜

みなさま、こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。初の著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」(1万部突破)に続き、8月9日には二冊目の著書となる「日常が学びに変わる!経済学の本」が発売されます。これも、皆様の支えのおかげです。また、今年の6月に就任させて頂いた、東証一部シーボンでの社外取締役業務も励まさせて頂いてます。こうして、様々なことに取り組めるのも皆様のおかげです。いつも

もっとみる