守備

「カオス」と「組織」。両チームの戦術を徹底分析~マリノス対清水 レポート~[2019J1 第21節]

全文無料公開。面白いと感じていただければぜひ投げ銭200円お願いします。

フォロワー500人突破しました。ありがとうございます。この勢いで1000人目指して頑張りたいと思います。twitterはこちら→@soccer39tacitics

タイトル画像:清水エスパルス公式HPより引用

今回J1リーグ21節から取り上げるのは、首位東京を2位で追うマリノスと下位に沈みながらも見てみたい、と興味を持

もっとみる

これさえわかればボールが奪える!?〜定位置守備編〜

こんにちは!

今回は前回に引き続き守備について書いていきます!

タイトルにもある通りに

定位置守備

について書きたいと思ってて

普通に4:4の同数守備ですね。

2つの守備について書きたいと思います!

もっとみる

これさえできればボールが取れるようになる!?

1:1の守備についてと

最近僕が考えてる守備の考え方を書きたいと思います!

まず1:1の守備から!

まず皆さん守備の優先順位ってわかりますか??

ゴールを守る



前進させない



ボールを奪う

基本的にこの順番で守備をしていけば
点を取られることはほぼほぼ少ないです。

(プレーモデルで順番変わるのは今日は置きます)

これから何週かに分けて守備について書きますが
これが前提に

もっとみる

世界に10%のレフティーが誇る絶対優位

全文無料公開。面白いと感じていただければ投げ銭300円お願いいたします!

<><><><><><><><><><>

「全世界の90%は右利き」

そして10%しかいない左利きは、どのスポーツでも優位に立っているイメージ。

そしてサッカーにおいて、これには攻撃守備において確かな理由がある。「逆をとる」ということに焦点をおいて考えると説明は恐ろしく簡単になる。意識上、無意識下両方において、左足は

もっとみる

【戦術】なぜ「トップ下」は死に絶えたのか(マニア向け)

全文無料公開。面白いと感じていただければ投げ銭300円お願いいたします!

<><><><><><><><><><>

「代表的なトップ下の選手を一人挙げてください」

パッと誰が思いついただろうか。中盤から引いてボールを受けてドリブルやパスを使って前線へ効果的にボールを供給しつつ場合によっては得点する攻撃の中核。プレーエリアはファイナルサード。5レーン理論で言えばハーフスペースとセンター付近。監

もっとみる

ポゼッション形式トレーニング③

教授法:ポゼッション
戦術的意図:前進の阻止
技術的アクション:
戦術的アクション:マーク/カバーリング/ペルムータ/スライド
状況:4対4+2

トレーニングの概要

4人組2チームによるボールポゼッション。ボール保持チームは、フリーマンを活用しながらボールを保持、フリーマン間でボールを行き来させることで得点を重ねる。

もっとみる

2019年7月12日-13日の干支

2019年7月12日の日干支は

庚戌(こうきんいぬ・かのえいぬ)

です。

庚は゛金゛の性質を持っています。

金は戦い、戦闘の性質があり、戌亥の方角は天門(神様のいる場所)といわれ、そこを守る(ために戦う)役目を負っています。

『庚戌』とは。

庚の下にある戌は゛土゛の性質を持っており、金は土から生まれ(助けられ)るので、相当な強さがあります。

戌のあらわす土は乾いた土であり、埃っぽさが

もっとみる

ナンパにおいて、どこまで思い切って踏み込むか、そしてそのタイミング、どこで切り上げるのか、というのは初心者にとっては結構悩むのではないだろうか?

経験を積むと見えてくるけど、その精度はまだ上げられる気もする。

思い切って攻めるのと無難に守るのとの兼ね合い、バランス。

今年の中島卓也は何かが違う~守備からリズムを解剖してみた①~

これは、今までの人生の中で全くと言っていいほど野球とは無縁だった女子と小さなころから野球に触れあってきた女子があらゆる角度から中島卓也×野球を分析し考察した研究結果を不定期にお届けるする内容になっている。あくまでも『中島卓也愛』の表現方法のひとつとして捉えてほしい。

今年こそ…今年こそは…

『条件はそろった』

2016年の12月ころ私たちは心待ちにしていたことがあった。

それはそのシーズン

もっとみる

今宮健太選手について

4月27日ソフトバンクホークスの今宮健太選手が国内フリーエージェント(FA)権を獲得した。

プロ3年目から2012年から一軍に定着するして
出場選手登録が8年を経過した為に取得にいたった訳だが、今宮選手が長く活躍をし続けられるのは、日本一の呼び声の高いその守備力だろう。

中でも、難しい打球を人間らしからぬ動きでさばいてしまう姿は圧巻だ!

その他にも…

外野のポジションまでとりにいく姿、

もっとみる