家事代行サービス

コンセプトブックをつくる企業が今、ふえている

コンセプトブックとは、なんぞや

私はベアーズという家事代行会社のクリエイティブチームに所属しています。家事代行サービス、といって、ピンと来る方が増えたのは近年だと思う。そろそろか、とタイミングを見計らい、昨年に入って新たに資料を一新することを決意。まずは、とつくったのがConceptBook(コンセプトブック)。え?なにそれカタログ?と、こちらもまだあまり浸透してないかなって思う。

最近よ

もっとみる

【使ってみた!】洗濯代行サービスWASH&FOLD

こんばんは。中村綾子です。

使ってみましたー!人生初の洗濯代行サービスWASH&FOLD。

洗濯代行サービスを知ったきかっけ

これは、TV番組です。私が毎週録画している番組の1つ。セブンルールです。

セブンルールで取り上げる人の多くは、起業家女子。だから、興味津々で、毎回観ています。

かなり前ですが、WASH&FOLDを創業した山崎美香さんが取り上げられた回がありました。

その時は、「

もっとみる

"ヤバイ洋服屋さんで、大して儲けようとは思っていないですよ"という話。

こんばんは。この度、ヤバイ洋服屋さんを運営する人になった、みかりんこです。今日は、どうして"ヤバイ洋服屋さん"を始めたのかを書いておこうと思います。(色々聞かれるのと、自分の考えをまとめておきたかった!)

 まず、話は少し遡り、例のnoteで仕事を辞めた後の 2019年6月7日に、とある友人にLINEをしたところから始まります。実は、その時の仕事を辞める切っ掛けにもなったのですが、私はキッズライ

もっとみる

初WASH&FOLD:家事代行サービスは、ホントに仕事効率をあげるのか?

中村綾子です。

超タイムリーな悩みです。洗濯機が壊れた・・・みたいです(涙)。

東京出張から戻った翌日、洗濯を開始すると・・・なんだかヘンな音が。数日間、洗濯機の音を聞いていなかったから、違和感を覚えるだけなのかなぁ?と思ってみたものの、やっぱりヘン。

金属がこすれるような音。

私の表現力を最大限に駆使してもこれくらいしか言えないです(笑)。

元々の音が、どうだったか・・・どこからどこま

もっとみる

【大手家事代行サービス運営会社】セクハラで団体交渉中。会社は、問題未解決にもかかわらず被害者に出勤要請

■「女性が働きやすい職場」で起きた執拗なセクハラ

ブラック企業ユニオンでは、大手家事代行サービス運営会社における、従業員Aさんに対するセクシャルハラスメント問題の解決を求めて、同社と団体交渉中です。

掃除や料理などの家事代行サービス業界が急成長する中、業界大手の同社は、「女性が働きやすい職場」を謳っています。Aさんもそこに惹かれ入社を決めたのですが、職場で執拗なセクハラ被害に遭ってしまいました

もっとみる
スキありがとうございます!ブラック企業をなくすために頑張ります!
21

家事代行サービスの仕事が楽しい話

実は、ちょっと前に隠れてこっそり副業として家事代行の仕事をしていたことがある。

許可を取れば、というか、同じ業種ではなく本業に差し障りがなければ副業は特に問題はなかったのだが、いちいち許可を取りたくなかったのと転職のための準備として預金を増やしておきたい……というなんともいえない理由だったため、秘密の副業だった。

王道の飲食系アルバイトこそやったことがないものの、学生時代はそこそこ雑多なアルバ

もっとみる

片付けられない女だから信じられる。

我が家の子どもたちが、
《薬なし》《サプリなし》《道具なし》でアトピーが治ったのは、
衣食住の生活習慣を見直したことが大きかったです。

アトピーケアでお悩みの方の中には「掃除や食事などに鍵があるのでは?」と勘づいている方もいると思います。

良さそうと思っても衣食住を変えようと思ったら、ママの負担が大きくなりそうな予感がしますよね?

今でもがんばっているのに、
これ以上どうしたらいいのかわから

もっとみる

外国人家政婦を雇えない不思議なルール

著書「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(時事通信社) の「プロの専業主婦(主夫)になる気がないなら、働いたほうがよい 」で書いた積極的な家事アウトソースの勧めですが、そこで書かなかった話。

外国人労働者受け入れの話がすすむ昨今ですが、日本の入管法では外国人家政婦の雇い主になれるのは企業や大使館に勤めている外国人のみです。

私はそうやって雇い主になっている外国人と交流が

もっとみる

アトピーっ子へのお節介。傷つける時、喜ばれる時。

小学生ママから「お母さん」と言われました。
確かに、そんな気持ちで接していました。

うちの娘たちのようなアトピーの人を見ると
「こうするといいよ 」と、
お節介をしたくなります。

娘のアトピーがひどかった時、
見ず知らずの人にアドバイスされて
傷ついた経験があります。

知っていることだったり。

やっても治らなくて困っているのに。

「かわいそう」と思われたんだな…と
意識してしまったり。

もっとみる