いま流行?ボートレースについて調べてみた(基礎編)

はじめに

来週末から、AbemaTVにて、「ボートレースチャンネル」が開設されると知りました。昨今TVや雑誌等でかなり目にする機会が多くなってきた「ボートレース」。現在公営競技(競輪)のマーケティングをしているため、改めて、ボートレース(競艇)について、そもそも競艇とは、市場規模、昨今の取り組みについてしらべてみました。

(超簡単に、ざっくりとです)

ボートレースとは(他公営競技と比較して)

もっとみる

ブルーオーシャン戦略は、時代を生き抜く老舗に学ぼう

食事処にしろ、服飾ブランドにしろ、私は老舗に目がありません。見た目や機能はさほど変わらなくても、そこはかとなく伝わってくる本物感が堪りません。少々値が張ろうと、代えがたい歴史の重みやドラマがそこにはあります。
果たして、老舗と二番煎じは何がちがうのでしょうか。

老舗の多くは、何もないところから価値を作り上げた人たちです。試行錯誤を繰り返すことで、それまでになかった価値を創り上げることに成功したわ

もっとみる

『クラウドペイ』はスルリと“QRコード決済の乱立”を交通整理しちゃいそう。    【マーケティング戦略の観察】

今回は2019年5月16日に発表されたばかりの『クラウドペイ』の狙いとその“巧みさ”について分析する。

1、共通化システム『クラウドペイ』登場

少し前に『乱立するQRコード決済をどう交通整理するか? このままだと混乱するね』という記事を書いた。4月4日なので、まだ2ヶ月も経っていないが。

この記事では“各社による交通整理策”をまとめていて、例えば「QR決済事業者間でのアライアンス連合の推進」

もっとみる

🛫18年度_沖縄入域観光客数🏝

◆999万9千人(対前年度比+4.4%|+41万9100人)
 └国内:699万8200人(対前年度比+1.6%)
 └海外:300万800人(対前年度比+11.5%)

◆ポイント
・6年連続で過去最高
・台風の影響で7月と9月は前年同月割れ(他の月は前年超え)
・外国人の大型クルーズ船が119万人と外国人観光客全体の3分の1

◆その他
●19年度目標:1030万人(国内706万人、海外324

もっとみる

😻ペット市場について🐶

ペット市場の拡大していることは、
最近よく耳にする話だが、
数字にするとわかりやすい!
国内の犬猫のペットの数は、子供の人口を超えている。

★ペット数と子供の数の比較
●日本におけるペットの数
・1854万頭(犬890万頭、猫964万頭)
●日本における15歳未満の子供人口
・1539万人

★考察
・子供は入場料無料、おもちゃ付きなど、子供向け(ファミリー向け)施策は、多くの企業が実施している

もっとみる

エネルギーの新潮流:化石燃料の代替手段はあるのか?

俯瞰レポートの第二弾です。今回は、エネルギー分野を見ていきます。

1、 エネルギー消費の現状

エネルギーの消費需要は、第二次大戦以降に人口増加と共に爆発的に増加しました。
過去から現在にかけてずっとエネルギー生産を担ってきたのが、石油、ガス、石炭といった化石燃料です。

(出所:資源エネルギー庁)

ご存知の通り、温室効果ガスを発生させる化石燃料からの脱却(低炭素社会の実現)が望まれている昨今

もっとみる

創薬イノベーション:表層から根本への深化と異分野融合

俯瞰トレンドレポートの第一弾として、新薬開発におけるイノベーションの動向を簡単にまとめました。

1、「10万分の1」という難しさ

新薬開発は成功確率が非常に低く、難しいものです。
食品業界では「1,000に3つ」(1,000品目出しても当たるのは3品目くらいと言う意味)という言葉もあるようですが、新薬開発の場合は10万の候補物質のうち、1つくらいしか無事に製品として市場に出せません。
これは医

もっとみる

日常的に家計調査(消費支出動向)をウォッチしてみよう。発見があるよ。

わざわざアンケート調査とかをしなくても、一般家庭の消費の動向をコト細かに探れるマーケティングデータがあることをご存じ?
総務省統計局が長期時系列で更新しつづけている、『家計消費』のデータだ。

Excelのフォーマットで提供されているため加工やグラフ化も自由。この十数年間で一般家庭での消費傾向がどのように様変わりしてるのかが見て取れる。
以下2000年~2017年の推移を品目分類で見てみたものを参

もっとみる

市場はやっぱり「顧客の困りごと」なんだなと思った話。

先ほど以下のツイートをみて、なるほど、といろいろ想起したので、ちょっと考えをまとめてみようと思う。

(結論的には、「市場」って顧客の集まりのこと。よく世の中に「市場規模は●●億円」といったデータがあるけど結局はそれ。ちなみに「顧客」をブレークダウンすると、その人が持っている課題に対して、このサービスならこのぐらいの金額を払ってもいいかなと思った人のこと。その集合が市場なんだな、ということにつなが

もっとみる

マーケティングトレース #002 不動産情報サイトを調べてみた

今回は不動産情報サイトについて調べてみます。

主なプレーヤー

いわゆる3大サイトと呼ばれるところを調べてみます。

・サービス開始年度:各社サイトの「沿革」等からそれらしき年度を抽出
・掲載物件数:SUUMOについてはSankeiBizさんの記事から抜粋
・推しポイント:サイトのMVやディスクリプションから抜粋
という、かなりアバウトな情報で申し訳ないです…

各社、Web以前も雑誌などで不動

もっとみる