平成から令和

『1989年・2019年』

参院選の争点のひとつ、増税だ凍結だ廃止だ
と、かまびすしい「消費税」は1989年の
4月1日に税率3%で施行されたんですよね。

この年は誠榮にとっても、非常に記憶に残る
一年でした。

元号が「昭和」から「平成」へと移り変わる
こととなった昭和天皇の崩御(1月7日)

6月4日には中国の北京で天安門事件が起き、
11月10日にベルリンの壁が崩壊。

12月3日には米ソ首脳がマルタ島で会談し、

もっとみる

松茸のお吸い物

おじいちゃんが「ももは小さい頃から好きだからな」と上京先で飲む用に買ってくれた業務用の松茸のお吸い物を、夜ご飯に飲んだ。

おじいちゃんの家に行くといつも必ずあった、松茸のお吸い物。小学生の頃、リビングに置いてあるポットからお湯を注いで勝手に飲んでいたお吸い物。塩分取りすぎないように、1日1杯とおじいちゃんは言っていたけれど、守れたことはあまりなかったとおもう。

ひとりぐらしには多すぎる、業務用

もっとみる

「リメイク化」と情報の無価値化

最近の映画業界では、「リメイク化」の大きな流れがきていると思います。

ポケモンの「ミュウツーの逆襲」もそうですし、ディズニー作品でも「ライオン・キング」や、「アラジン」「ダンボ」など、もはやリメイク放題です。(笑)

ですが、ちょっと考えてみてください。
「結末を知っているもの」にお金を払うのって、おかしな事だと思いませんか?

「コンテンツ」という側面から「リメイク化」の流れについて考察しまし

もっとみる

令和と相和と平成と

令和カウントダウンは、日本酒と雨の中2時間御朱印並んだ疲れで、ねぼけまなこで。令和の最初の朝は8:00に目覚め、明治神宮の御朱印は並ぶことにもまにあわず、半泣き。小雨の中、2時間程途方にくれる。

住んで2年になる相方は、御朱印行列には付き合えないから終わってから合流という話だったけど、諸々事情をきいて帰ってこいという。カップルや夫婦で、ちゃんと朝から並んでるひとたちがうらやましくおもう。

そも

もっとみる

令和から始める、「茶の湯日記」

茶の湯、茶道にまつわる色々を毎日綴る

「平成」から「令和元年」へ
せっかくだから、決意を新たに何か始めたい。
そう、「日記」だ。

何度も挫折し、続いた試しがないのだけれども、
ただいま没頭している「茶道」に関連することなら、
やりたいこと、記録/記憶しておきたいことが山ほどある。
なんとか続くかもしれないので、まずはnoteを開設。

書き留めたい、茶にまつわること

学んだこと、実施したこと

もっとみる

頂きます令和 ・ ごちそうさま平成。

今井了介と申します。

しがない音楽家・作曲家としてお仕事しております。
また作曲家のチームとして、沢山の楽曲製作に関わってきました。
http://www.tinyvoice.com

あんな曲こんな曲...、恐らくなにがしかのシーンで、皆様の生活を彩るお手伝いを出来てきたのではないかと思っています。卒業式や運動会、結婚式やカラオケなど、音楽はあらゆる場所でまるで空気のようにそこに存在し、皆様の

もっとみる

今日で平成最後だから、平成生まれの私のプロフィール

なんと今日で平成が終わり!

新元号(令和)に変わるので簡単に私の今までの経歴を話したいと思います。

私は生まれは平成12年生まれでミレニアムベビーなのですw

なんか特別優遇されたりとかはないけど幼馴染とかとはいずれかこんな話をするのだろうか・・・?

7歳

親の仕事の関係上物心があった頃には家に当時ADSLが引かれていて、パソコンが家には何台かありお古のパソコンでブラウザ検索をしていました

もっとみる

忘れもの 家族

はじめて教会に行った。

twitterで、上馬キリスト教会というところが、毎日やさしく聖書を解説していて、本も出している。

この本を読んだことが、きっかけとなった。

じつは、聖書をもっていて、以前、新約聖書といわれる部分は読んでいた。

イースター(復活祭)の日に、教会に行こうと決心した。

決心したと書いたが、私のイメージでは、教会の前には、大きな石があってとても入りずらい感じがしていた。

もっとみる

令和24時間前の電話

未来は自分で構築する。

令和のおまつりはしないよ、と4/30と0:00の電話。

電話の相手は酔っていている。

でも、冒頭のようなことばを過去からの宿題にくるしんでる私に諭す。

人間じゃない、といわれていた。

別の電話別の人との会話。人間とは人の間とかくかから、人と話したりメールしたり、人とやりとりしたり、仕事したり、制作意欲もあるんだから、それはもう人間だよ、いわれた。洗脳や自己否定から

もっとみる